財政学習会「そもそもから学ぶ自治体財政」に26名が参加 

 

5月13日、大和郡山市市民交流館で、初村尤而先生を講師に学習会を行いました。10年ぶり3回目の初村先生の講義です。先生は、財政は数字だが、その裏にある住民の暮らしが見えなければダメだ。市民感覚が必要と話され、次の順で講義されました。

1. 財政とは何か。財政と市場経済とはどこが違うのか。財政の原理・原則を知る。財政民主主義(租税法律主義、一定のルールによる予算決算制度、住民参画制度)、財政の3機能(資源の最適配分、所得再分配、経済の安定化)・・・。

2. 財政は決して難しいものでない。現金出納帳の理屈と同じだか、家計の状況を知るために少しややこしい指標が設けられているとして、財政資料である決算カードに基づいて指標を説明されました。

3. 自分で調べる努力を惜しまない。知りたいという気持ちを大切にしてくださいと言って守口市民の取組を紹介されました。「守口・財政を学ぶ会」という10名の市民団体が2年近くの取組の成果として「守口市民財政白書」を発刊した。先生は、その取組から@財政の素人である市民による財政分析の難しさと職員に体当たりし、質問攻めにしていくパワーを知った。Aそのパワーを武器に、行政の仕組みを使って出前講座をお願いし、担当職員と意見交換して、学習咀嚼していった。B財政を数字で説明するだけでなく、手記や座談会を掲載するなどスタイルを工夫して財政を語れることを学んだと話されました。知識がない、情報がない、資金がない。しかしそれでも「財政の現状を知りたい」市民も少なくない。そうした市民の財政の学習が広がることを願っていますと話して、3時間30分に渡る講義を終えられました。















トップページ   サイト・マップへ