合併せず「自立の道」を歩む町村の息吹を感じたフォーラム
                        山添村 奥谷和夫

 1月14日から15日にかけて、福島県矢祭町で第6回「全国小さくても輝く自治体フォーラム」が開かれた。参加者はこれまで最多の900人。これを受け入れるボランティアは300人にもおよんだ。
飛行機到着時間の関係で、少し開会に遅れたらもう会場「ユーパル矢祭」はいっぱいの熱気ムンムン。人の間をすり抜けて、会場の後ろの壁にへばりついて、立見であいさつや講演を聴いた。
「財政破綻の村」泉崎村が、工業団地進出予定が破綻し住宅団地の販売不振を職員からの提案も取り入れ、みごと立て直した経験など「ピンチをチャンスに」を合言葉に財政再建をはかり、基金を積み立てるまでになったことが最初に報告された。
佐藤栄佐久知事も途中から参加し、市場経済偏重の風潮を批判、巨大都市が災害に脆いことをあげ、「過疎地域が持つさまざまな機能を失うことになれば、都市を含めたわが国全体にとって取り返しのつかないことになる」と警告。「地方交付税などによる財源保障や財源調整が不可欠である」とあいさつした。
奈良県知事と重ね合わせ、政治的には同じ保守であっても、こんな知事がいるんだと改めて感心した。
続いて、おなじみの岡田知弘京大大学院教授が「合併新法下の市町村合併の促進策と矛盾の広がり」と題して基調講演。氏は、「合併新法」のもとでの国の動きをコンパクトに話し、続いて「昭和の大合併」が目標の98%達成したのに、今回の「平成の大合併」は60%にとどまったことなど、大義のない合併に矛盾が広がっていることが述べられた。そして、小規模自治体の優位性を四点にわたってふれながら、地域があって、はじめて国がある。農村があって、はじめて大都市がある。「小さくても輝く自治体」フォーラムの共同運動を、さらに広く、深くすることが日本と地域の未来を切り開く道だとまとめられた。
全体会に続いて分科会が開かれた。私の参加した分科会は全体会と同じ会場の和室大広間で開かれた。ここも満員であった。分科会では矢祭町の教育委員会教育課長が町の「自立の道」について報告した。この課長は、フォーラム参加者の送迎責任者も兼ねていた。こうした中間管理職が、きちんと町の施策を説明できるところに、矢祭町のすごさを感じた。
フォーラムへの参加は4度目だが、一番の楽しみは懇親会である。地元の料理や全国からのお酒や飲み物の差し入れに舌鼓をうった。この会場も満員のため誰が参加しているかも分からない。会場最前列では、全国から参加した首長などが自己紹介しながらあいさつをしている。しかし、会場はお構いなしに参加者が交流している。
私も名刺を配りながら交流を重ねる。鹿児島県奄美大島から参加した町議会議長、長野の県会議員、地元福島市議、大阪の自治体問題研究所の仲間、奈良県からは御所市の女性市議も参加していた。持っていった名刺はすぐなくなった。このフォーラムでは有名人、長野県泰阜村の松島村長の顔も見えた。ミーハーの私は、近づいて話しかけた。二月には、泰阜村に議会として視察に行く予定となっているが、そのことも村長は知っていた。
予定されていた懇親会はアッという間に終わってしまった。
宿舎は隣の棚倉町の温泉やクアハウス、プールもある保養施設であった。部屋は岡山県久米南町の日本共産党町議と下市町の二人のベテラン保守系町議との四人の相部屋であった。お酒を飲む人がいない、めずらしい部屋でそれぞれの町村の状況や議会の様子を出し合い交流した。下市町の議員は「合併に賛成の立場で参加した」といっておられたが、「自立をめざす市町村の方がいきいきしている」と感想を語っていたのが印象的だった。
二日目は、「日本で最も美しい村」連合の設立について、北海道の美瑛町長の報告。続いて有機農業で有名な宮崎県綾町の前田町長が、町内での自立のとりくみについて話した。続けて「九州地区自立町村ネットワーク」のとりくみについて話し、宮崎ばかりでなく九州レベルでの共同が広がっていること。町村会やその事務局も関わって、こうした自立の取り組みを進めていることが発表された。
集会の最後に、保母武彦島根大学副学長が「小規模自治体から切り拓かれる自治・分権の時代」と題して講演があった。
保母氏は「平成の大合併」の結果、全国の自治体数が約1800になるが、そのなかで1万人以下の自治体が約500も残ることになったのは、決して少ない数ではない。「小さくても輝く自治体フォーラム」も回を重ねるごとに発展し、こうした成果に注目している。
そして、@小さい自治体のほとんどが、農山漁村や離島の町村である。農山漁村が元気をなくして都市だけが残っても、日本という国は存続できない。だから、元気な村が増えてほしい。A自治が生き生きと機能するためには、顔の見える関係が必要。そのためには小さな自治体が有利である。B「合併しなければ財政破綻」といわれてきたが、実際は逆。小さな自治体で創意工夫が生まれている。
など、小さい自治体のメリットを地元矢祭町などをあげながら話し、21世紀の地方自治の未来がここにあるとまとめた。
多額の交通費や参加費の出費は、貧乏村の薄給村議にとっては痛い。しかし、そこにはお金に代えられないものがある。世知辛い世の中で、苦しくても自立の道を選択したものの誇りや気概が、そして連帯が広がっている。それは、党派やイデオロギーの違いを超え、深く静かに、そして滔々と…。新しい時代を担う新しい地方自治の姿として…。ぜひ奈良県でも「小さくても輝く自治体フォーラム」にとりくみたい。そんな思いを強くして福島県から帰ってきた。

トップページへ   サイト・マップへ 会員の意見・発言ページへ