スポーツをする楽しさ

「生きがい」と健康と人格形成も      

4日のテニスと畑仕事、これが私の退職後の日常生活である。他に所用が入ることもあり、また、イタリア語の勉強もしなければならないので結構忙しい。これらの中で自分が一番中心に据えているのがテニスである。遊びが生活の中心とは気楽なことではあるが、年寄りは楽しく元気にしているのがみんなにとって一番いいんだと、勝手に理屈をつけて家族の中でも大きな顔をしている。
 私のテニススタイルは、若いテニスだと自分で思っている。それは、一方では、足腰が強く比較的機敏に動けるという自負であり、他方では、技術は下手で、センスもなくばたばたするだけの未熟なテニスという反省である。でも、テニスの後の若い仲間との飲み会などで「上達してきている」と褒められたりすると、真に受けて悦に入っている。

    うまくなるのは「生きがい」

ところで、奈良県は今年「奈良県スポーツ推進計画」を策定している。そのなかで、『運動・スポーツは、人格の形成や生きがいづくり、心身両面にわたる健康の保持増進につながる』として、10年計画で、『だれもが、いつでも、どこでも運動・スポーツに親しめる環境づくり』を目指している。この『』内の言葉のひとつひとつは、私にとって共鳴するものがある。
 スポーツをするものは、誰でもうまくなりたいし、うまくなればうれしい。私にとってテニスの上達は生きがいである。若いころ「生きがい」について真剣に考えたことがある。そのときの結論は、「人は別に特別の使命を持って生まれてきたのではないけれど、生まれたからには、社会の役に立つことが生きがいである」ということであった。今もそのことを否定するつもりはないが、毎日の生活の喜びにするには少し重過ぎる。
 福祉事務所で仕事をしていたころ、ほとんど寝たきりの重度の障害児たちと接する機会が多くあったが、最初のころ悩んだのは「この人たちにとって生きる喜びとはなんだろうか」ということであった。そして、思い至ったのは、「どんな小さなことでも、今まで知らなかったことを知ったり、今まで出来なかった事を出来たりすることが喜びなんだ」「そしてこのことはすべての人に共通する生きがいだ」ということである。だから、わたしにとっては、テニスもイタリア語の勉強も生きがいである。もし、わたしの「生きがい論」を共有してもらえるなら、スポーツは楽しみながら「生きがい」を得る一番いい対象である。そして、へたくその方が、未経験者の方が、より「生きがい」となる。というのは、若い頃うまかった人はそれ以上の上達は期待できないし、体力は衰えるしでストレスを感じてやめていく人が結構多い(過去の栄光を考えなければ日々の上達はあるのだが)。その点、もともと下手なものは、上達する余地が広い。

   スポーツで基礎体力と体調管理能力を

スポーツをすれば、足腰を鍛えられるし、ダイエット効果や成人病の予防にもなり、健康保持につながることは誰も異論がないであろう。運動することで腹が減り食事がおいしく食べられることも健康にいい。
 少しやりすぎて、腰痛、肘や膝関節痛などで整形外科にかかったことも何度かある。そのとき医師に言われたのは、加齢による軟骨等の摩滅なので周りの筋肉を鍛えるしかないということであった。それ以来医師に教えられた腰痛体操を毎日している。週に12回はジムに通い、機械を使って腕や足の筋肉を鍛えている。たまに本に目を通したりして、身体のケアについて意識的に学んでいる。おかげでここ23年痛みを感じることもない。
 数年前、スキーに行ったとき風邪を引いて夜中は一晩中咳をしながら、昼はスキーをがんがん滑って3日ほど過ごし、帰宅して医者にかかると肺炎といわれて、すぐに入院したことがある。体力があったためか入院1日目でめざましく改善し、医者を驚かしたが、それ以来自分の体調の変化には細かく注意を払うようになった。
 おかげで今年の暑い夏も無難に乗り切った。のどが渇くまでに水分を取る、疲れるまでに休む、体調が悪ければ無理しないなどのことを実践している。スポーツは、基礎体力をつけ、万全な体調でやりたいという健康への動機付けを与え、意識的に健康を追求することで体調を自己管理する能力も高めると考える。

   楽しく見たい東京オリンピック

スポーツに必要なフェアプレー精神は、公正さ、協調性、他人の人格尊重などの精神的資質を備えた人格形成を促す。勉強でも、スポーツでもやたらに競争心をあおる人たちもいるが、競争心は、人間の資質として大切な要素ではないだろう。勝負がつき物のスポーツでも上達や勝利の力となるのは競争心ではないように思える。優れた運動選手が大きな試合に臨んで「自分との戦いだ」といっているのはそのことをよく知っているからであろう。普段から自分の能力開発に努力し、試合ではその成果を表現するため精神集中させるのだと思う。試合後、勝者も敗者もお互いの健闘をたたえあっているのは感動する。
 2020年のオリンピック東京開催が決定した。間近でオリンピックの感動を味わえるのはすばらしい。各競技団体は、メダル獲得の目標を定めて選手強化に努めるであろう。多くのメダル獲得を期待したい。でも、スポーツを見て楽しいのは試合の一つ一つの場面である。感動を呼ぶのは、各種目3人のメダルを取った選手だけではなくすべての選手の戦いだと思う。オリンピックも結果を絶対視するのではなく、楽しく見たいものである。
 「奈良県スポーツ推進計画」は、国の「東京オリンピック」への取り組みと平行して進められることになる。スポーツ界での暴力・体罰事件を根絶すること、そして、スポーツを通じて友情やフェアプレー精神を育み、世界平和を目指すという意味の「オリンピック・ムーブメント」を進めながら、スポーツ環境づくりに取り組むこととなる。
 「計画」では、目標として具体的数値も掲げられている。私たち県民も、目標数値の達成にこだわるあまり「スポーツ推進」の意義を見失うことのないように見守りながら、自分の関係する場で実現に協力することも望まれるであろう。

                                                                                              理事 杉山清彦

 

トップページへ     サイト・マップへ        今月のエッセイ