第9回奈良自治大学:終了

創造都市・奈良に向けて


第9回奈良自治大学が大和郡山市内で、10月6日、午後から開かれ「創造都市・奈良に向けて」と題し、日本で創造都市の第一人者である大阪市立大学の佐々木雅幸教授から、奈良ではあまり聞かない「創造都市」について、講演していただきました。

そもそも「創造都市」とは――市民一人一人が創造的に、働き、暮らし、活動する都市――

という。さらには「市民の創造活動の自由な発揮に基づいて、文化と産業における創造性に富み、同時に、脱大量生産の柔軟な都市経済システムを備え、グローバルな環境問題や、あるいはローカルな地域社会の課題に対して、創造的問題解決を行えるような『創造の場』に富んだ都市である」という。

また「創造とは、単にあたらしい発明の連続あるのみならず、適切な『過去との対話によって成し遂げられるものであり、『伝統と創造』は相互に影響しあうプロセスである」ともいう。
 先生は、993月から001月末までの10か月にわたり、イタリアのボローニャ大学に留学し、ボローニャの歴史的市街地に住み、「創造都市」の典型としてのボローニャを研究、また、バーミンガムや、フライブルクなど注目されているいくつかの都市を訪れて、欧州がすでに歴史文化の多様性に基づく、「創造都市の世紀」に移行していることを実感したという。

 不勉強そのものだが、ユネスコも文化多様性条約と創造都市ネットワークを提唱しており、

7分野、34都市日本からも神戸・名古屋(デザイン)、金沢(クラフト)が参加している。

 大変難しく書きましたが要するに、安倍ノミクスのように経済のみに目を向け、過去の大量生産主義から早くおさらばしないと、金儲け第1では、コミュニケ―ションが無くなり、労働者プアーが当然のようにされる。

そうではなく市民一人一人が政治に参加し、働き、新しい創造的な文化をつくりだしていく、その中でこそ地域のコミュニケションがよくなり、新しい生き方が生まれていくのではないか。

そのように感じました。

    事務局s


  
トップページへ   サイト・マップへ    研究所の行事ページへ