第8回総会

奈良自治体問題研究所は、1月20日に会員40数名が参加して、第8回総会を開きました。
 吉田理事長のあいさつの後、活動報告、決算報告が行われ、新年度に向けた活動計画、予算が提案されました。この中で、自治体合併、入札制度の改善と談合防止の課題を重点的に研究し、課題別研究会や奈良自治大学を進めていこうと話し合いました。また、吉田恒俊理事長、小井修一事務局長外の新役員を選出しました。
 総会の後、「公正で透明な自治体行政の確立をめざして」と題して山下真生駒市長の記念講演が行われました。
山下氏は、市長になって1年、時代を見る先見性を持って@行財政改革・市債残高の縮減、徹底した歳出削減努力、入札制度改善、口利き防止、赤字体質の三セクの整理、Aハードからソフトへの転換・不要不急の公共事業の中止、大規模宅地開発に対する協力姿勢を白紙撤回、保育園の新設、学童保育時間の延長、B情報提供及び市政への市民参加を進めている。
そしてこれからは、市民、職員、首長、議会がそれぞれ自立していくことがカギになる。また、都市間競争の時代になって各自治体の発想力、実行力、経営力が問われる。若い世代にどう生駒市に来てもらうかがカギになると話されました。
  トップページへ   サイト・マップへ    研究所の行事ページへ