山添村「自立の村づくり」視察 11名参加

                    村長、副村長、総務課長、報告と懇談

大阪・滋賀からも参加

9月6日、7日の山添村「自立の村づくり」視察には,大阪研究所からは奈良へ何度も自治体財政問題の講師としてきていただいている初村尤而さんが、また、滋賀研究所からは副理事長の高橋進さんが参加されました。奈良研究所からは吉田理事長はじめ9名で総勢11名の参加となりました。 6日の11時頃山添村に着き、会員で山添村会議員の奥谷さんの案内で鍋倉渓や神野山山頂の景色などを楽しみ、NPO法人の「どうで」が経営するレストラン「ブランポート」で昼食をとりました。 「どうで」は、山添村で農産物加工所やレストランなど4か所を拠点に精神障害者の自立支援の活動を行っています。地元の食材にこだわったランチはおいしかったです。

 

「自立」は村長の信念      

 午後は、村役場に行き、村長から「自立の村づくり」の取り組みや苦労話などを伺いました。副村長と総務課長もご同席いただき懇談しました。 山添村が自立の方向を決めたのは、15年8月の住民投票で合併反対票が多数となった時です。その時、現在の窪田村長は村会議員で合併反対の活動の中心だったそうです。その後合併派の反撃があり、住民投票の結果を尊重し「自立」を表明していた村長が辞職、合併推進の村会議長が村長選に立候補しました。窪田さんが立候補を決意したのは告示の3日前、不利と予想されていた窪田さんが当選し村長となったのは165月、さらに205月に再選され現在2期目です。 窪田村長が財政が苦しい中でも山添村の「自立」にこだわるのは、奈良市との合併では山添村民の生活は守れないというのが「私の信念だ」との発言でした。

  

当分は公共事業抑制し、健全財政確立を        

村の財政は、実質公債費比率がH18年度決算で、東吉野村に次いで県内第2位の高さで25.8%、財政健全化法が適用されれば財政健全化計画の策定が義務付けされる25%を超えています。これは、平成5年度から11年度の間に40億円以上つぎ込んで建設した「ふるさとセンター」の公債費が重くのしかかっているためです。23年ごろに返還のピークを過ぎます。 村長の思いとしては、1期目、2期目は健全財政確立を主目標とし、その後本格的「むらづくり」と位置づけているそうです。そして、人件費、物件費の節減、地方債の低利率への借り換え、繰り上げ償還、道路等の普通建設事業の抑制等を行い、19年度には実質公債費比率は25%を下回る見込みとなっています。以後は着実に改善するそうです。村長や村当局の財政運営への自信が読み取れました。実際、山添村の財政を見てみると、財政力指数は上がってきているし、地方債残高自体はそんなに多くないし、積立金も比較的多く、実質収支も黒字なので、地方債返還のピークを過ぎれば財政良好な団体の中でも上位に位置づけられると思えます。

     

幼児医療無料・介護保険料全国2位の低額       

 この間も直接住民の生活にかかわる部分には、できるだけ力を注いできています。幼児医療は小学校卒業まで無料、延長保育や三歳未満児保育など保育内容の充実、30人学級の実現、小学生全学年対象の学童保育の実施など子供を大切にした行政を行ってきました。介護保険料は全国で2番目に安い月2300円です。お年寄りは元気で老人医療費は県内で最低。県が行った調査で、住民の満足度は第6位でした。 平成17年には10年計画の総合計画を策定し、「心豊かでぬくもりあふれる自立のむらづくり」を目指します。合併した町村等の状況を見聞きするたびに「合併しなくてよかった、小さい村でもきらりと光る日本一の村を作ろう」と思っています。 農業振興では「粉ふきかぼちゃ」、かぶらの「かたひらあかね」「秋胡瓜」などで山添村ブランドを作りたい。「村」の字の入ったブランド名を使えるのも「自立」のおかげ。という話もありました。

    

増える観光客・マスコミ賑わす山添村

宿は名阪国道の五月橋が窓から見える「アートスコープ」50人泊まれるペンション、対岸は三重県です。夕食後パワーポイントで奥谷さんから説明を受けました。行政と協力しながら村民が自主的に「むらづくり」に取り組んでいる様子がわかりました。特に、山添村観光ボランティアの会を中心とした、地域資源を生かした様々な取り組みは、観光客をどんどん増やしているし、テレビや新聞など山添村がマスコミに登場する機会も増やしています。 最近観光客のニーズや観光スタイルが変化しているようです。みんなと同じ観光から自分独自の観光へ。見るだけの観光から体験・学習・交流する観光へ。駆け足で移動する観光からじっくり楽しむ観光へ。団体旅行から友人・家族と楽しむ観光へといった具合です。 これらの変化に対応し、個性的な魅力を伸ばし、多様なサービスを提供できるように努力しているのが成功しているようです。奥谷さんの話からは「自立のむらづくり」は面白いと様々な活動に参加する山添村民の気迫が感じられました。

2日目は観光と施設視察まず、歴史民俗資料館

 約1万2千年前、山添村は海に近く、山にはウサギやイノシシなどが豊富にいたこの縄文時代に人が住み集落を形造っていた、その証である土器や、やじりなど発掘され、展示されている。奈良県にこんな歴史があったのかと 圧巻である。 それにしても、たかだか千三百年祭にうつつを抜かしている奈良県庁のお偉がた、1万2千年祭を山添村でやったらと頭をよぎった。

  奈良時代の巨寺―毛原廃寺

 瓦の出土で奈良時代というがかなり大きな、東大寺の講堂あとに残る礎石と同じ形の礎石が現地にドドンと鎮座している。時の権力者、長屋王が建てたのではという説もあるとか、奈良時代、この山奥に何の目的で建てたのか、不明という。これも圧巻です。

  巨岩・岩屋枡形

 1日目に見たふれあいセンター前にある、巨岩の「長寿岩」お年寄りの信仰が厚いという。そして2日目も深く山に分け入り、岩屋桝型岩に対面。なんとも感動すら覚える巨岩である。

 「花香房」で村おこし

 JA(農協)が花卉栽培の経営に失敗した後を受けて、組合員50人ほどで村の婦人部を中心に農産物直売センターを開所した。パート一人と土、日は3人体制で販売。組合員は家庭で栽培している程度の量で、余分の栽培品を持参する程度という、現在は結構なじみ客や地元の固定客も増えた。山添インターのすぐ近くだが、看板なども名阪国道に無く、これからの宣伝次第では繁盛間違いなしとこちらが確信した。

 とにかく、ユニークな観光と蛍や祭りなど、人集めがうまい。感心の二日間でした。   (S)

トップページへ サイト・マップへ  研究所の行事ページへ