もう一つの被災地・長野県栄村
                                                     
                                                             副理事長           前 圭一

 

 私は2008年の12月以来、奈良市の自宅と長野県最北端に位置する飯山市の古民家との二地域居住を続けている。私の借りている古民家のある集落は飯山市でも特に雪が深い。今年は格段に積雪が多かった。5月の連休中でも根雪が融けずに残っていた。

5月の連休前から古民家に行ったが、冬中相当の雪が積もっていた物置小屋が地震のせいで半分潰れていた。

滞在中思いたって3月11日の東日本巨大地震の翌日、震度6強の地震で大きな被害を受けた栄村の状況を見に行くことにした。ちなみに、栄村は豪雪地にあるが、「小さくても輝く自治体」として、全国的に注目されている村である。

 4月27日午前中に栄村に着く。途中、道路沿いの民家が全壊しているのが目に入る。飯山線が宙ぶらりんになった横倉地区だ。

 村役場に入ると、震災直後からの壁新聞が貼られている。各地からの激励の寄せ書きもある。木島村の小学校からは絵手紙が寄せられていた。ちなみに、栄村はたしか絵手紙の全国コンクールが行われている。

 栄村役場で、村の職員から被災状況の説明を受ける。今回の地震は、新潟大学の卜部准教授(同大学災害復興科学センター)によると、栄村役場の近くが震央で、震源は8キロと浅い所だったようだ。同氏は被害が甚大だった森地区、横倉地区の木造住宅の被害は、ほとんどが地盤被害に起因していると報告している。震災直後、全村(秋山郷を除く)に避難指示が出され、村民は7箇所に避難した。

地震直後は一時1700人余が避難したという。被害判定調査によると、全村1480戸の内、全壊33戸、大規模半壊18戸、半壊130戸、一部損壊450戸と被害は甚大だった。訪問した時点では、避難箇所は2箇所(村役場と北野天満温泉)になっていた。役場の建物調査で、各家には色分けされた紙が貼られていた。「全壊」(危険、赤色)、「半壊」(要注意、黄色)、「調査済み」(安全、緑色)となっている。

 役場では、4月25日から集中窓口を設け、被災者の相談や手続き事務を行っていた。仮設住宅については、181世帯が入居対象で、横倉に35戸、北野に5戸建設中で、6月1日から入居可能とのことだった。地元の新聞(新潟)によると、3億円近い支援金が村に寄せられている。

 役場内の避難所に行くと、おばあさんが2,3人いた。その一人に話を聞いた。90歳の老人で、横倉の中条部落の人で、家は壊れなかったが、壁が落ちて家具はみな捨てたとのこと。一時は役場に300人ほどが避難していたが、訪問した時点では15、6人が夜泊まりにくるという。震災直後からボランティアが入り、カレーやスープなどガスを持ち込んで作ってくれた。マッサージまでやってもらってありがたかったとのこと。現在も3食届けられている。東日本の大震災のことを思うと自分たちはまだ恵まれているということを何度も口にされた。

 建物の損壊が最もひどかった横倉地区では、地区に入る橋が損壊していて通行禁止となっていた。地区に入ると、多くの家に「要注意」の張り紙がしてある。何軒も全壊状態で、ある家は太い柱で傾いた家につっかえ棒をしていた。墓石の倒れていたのが散見された。聞くところによれば、地区内の道路を挟んで北側の家が集中的に損壊したようだ。

地区の千曲川沿いでは飯山線の復旧工事が進められている。4月末には復旧して、運行されるようになった。これに関して思わぬ話を耳にした。典型的な赤字のローカル線にしては復旧が意外と早いですねというと、ある人が「実は普通なら1年も2年もほっとかれるところを、JR東日本が千曲川からの違法取水や踏切の人身事故で痛いミスが明らかになるのをカバーするために、突貫工事で復旧工事をやった」という。さもあらんと思われる。

 9日間の飯山滞在中、数回にわたり余震があった。大きな余震の心配はないようだが、今回の東日本巨大地震で、地形が東にずれた関係で、これまで地震があまり起こらなかった箇所でも地震が起こる可能性があると専門家は指摘している。栄村で起きた地震はその一つだと思われる。

豪雪に地震、それに新潟の柏崎刈羽原発まで直線距離で約50キロという「三重苦」の小さな村が一日も早く復旧することを心から願わずにはいられない。

               

トップページへ     サイト・マップへ        今月のエッセイ