栄 村 訪 問 印 象 記

                                     前 圭一(副理事長)

 

 今回の長野県栄村の視察は、私にとっては3度目の栄村訪問となった。2008年の秋から3年間、栄村の隣の飯山市に築200年以上の古民家を借り、通ってきた。この間、2009年5月に秋山郷をバイクで訪れている。大変奥深い所だという印象が残っている。山道をどんどん進むと数軒の家が見える。よくこんな所で住まいし続けられるなと思った。秋山郷はまだまだずっと先であった。

2011年の4月27日、栄村を震源地とする地震(3月12日、震度6強)による震災の状況をこの目でみておこうと栄村に向かった。村役場で担当者から説明を受けた後、震災の被害が最も酷かった横倉地区を見た。建物の崩壊が生々しかった。  

この年の11月に木島平村で古民家を購入したが、これをきっかけに拙宅を宿泊所とした奈良自治体問題研究所の栄村視察が行われることになった。私は、この視察ツアーのプランナー兼案内役を務めることになった。

 3度目の訪問でもあるし、詳しい報告を松村事務局長が書いているので、小稿では印象記程度にとどめたい。

 秋山郷の見学の後、「栄村国際絵手紙タイムカプセル館」を訪れた。ここには100万通の絵手紙が保存されている。館内では、栄村震災への激励の絵手紙が都道府県毎に展示されているコーナーがあった。たくさんの絵手紙を見て、この村がどれほど多くの人たちによって支えられているかがよく実感できた。単なる震災への激励にとどまらず、栄村のユニークな村造りへの共感がその背景にあるように思えた。

この絵手紙館の隣には田んぼが広がっている。新しく工事の手が入ったような印象があったので、村が取り組む「田直し事業」の実例かと思ったが、帰る途中で作業中の人に聞いてみると、3・12震災で崩壊した田んぼの修復作業をしているとのことであった。そういえば、役場の担当者の説明で、震災の修復作業を優先し、田直し事業は休止中だとあった。

 震災の被害が最も酷かった横倉地区では、震災で通行不能になった橋が今年の積雪の重みで完全に真っ二つに折れた状態を見て、豪雪のすごさを思いしらされた。積雪が固まっていくとものすごい重量になっていくのだ。昨年の4月に訪れた時は、地震で崩壊した家を見て、地震の破壊力を実感した。今回、1年後の訪問となったが、すっかり変わっているのに驚いた。崩壊した家は撤去され、家の建築も進んでいる。自分で家を建てられない130戸は、この冬までには入居できるよう準備しているという説明が村の担当者からあったが、この震災復旧の点でも、村の取り組みは着実に進んでいる。

 今年はとりわけ積雪が多かった。私が3年間通った飯山市の柄山集落は飯山市の中でもとりわけ豪雪地域で、二地域居住には無理と判断し、より雪が少ない木島平村の古民家を購入したが、今年の冬除雪に行って柄山と同じくらいの積雪に驚いた。地元の人に聞くと、今年は例年の2倍以上降ったという。

一方、栄村は全国有数の豪雪の村である。19045年2月12日には、JR森宮原駅構内で7メートル85センチの積雪を観測している。村では、「住民の高齢化と過疎化により、自力では住宅屋根の雪下ろしや排雪が困難な世帯が増加し、除雪作業を頼める人材も少なくなってきたことから、昭和52年12月に村独自の『雪害対策救助員設置要綱』を制定して、救助員を派遣して冬期間における住民の安全と生活環境の維持向上を図」(村の説明資料から)っている。 

雪害対策救助員は15名で、村の非常勤特別職員として委嘱。他に、「道踏み支援事業」が行われている。これは、「自力で自宅から除雪路線までの道踏みが困難で、他からの支援が望めない世帯に対し、平成12年度から村が道踏み支援員等を派遣し、無料で道踏み支援」(村の説明資料から)をしている事業である。

 このように、全国有数の豪雪地域で、全国が注目する「小さくても輝く自治体」が栄村である。ヘレンケラーではないが、三重苦(豪雪・震災・原発)を抱えたこの村からみれば、他の自治体はもっと条件に恵まれているはずである。

(ちなみに、栄村は柏崎刈羽原発から50km圏内にある) 他の自治体でも、その気になれば、いくらでもすばらしい自治体を造っていくことは可能ではないか、そう栄村は住民と自治体関係者に無言の問いかけをしているように思う。

報告(その1〜その2)


(その1)

自立(自律)のむらづくりを進める

          長野県栄村 訪問

松村(事務局長)

 5月10日(木)、京都駅前から夜行バスに乗車から、12日(土)まで、車中一泊・前圭一副理事長の別宅1泊、今回の自治体訪問は、住民主体の実践的住民自治をめざして村造りを進めている、「小さくても輝く自治体フォーラム」を提唱した村としても注目された長野県栄村を訪問しました。

参加者は、奈良から小井理事長以下4名、前副理事長は9日から別宅のある木島平村に滞在、JR飯山(いいやま)駅で私達を出迎えて頂きました。
  長野県栄村は、2011年3月11日の東日本大震災の翌日、震度6強の直下型地震により大きな被害を受け、今は復興というよりも、復旧の真最中という状況でした。

  奈良自治体問題研究所として、自治体訪問は今回で4回目(奈良県山添村・奈良県下北山村・長野県阿智村)となりました。皆勤賞といえば小井理事長と川本雅樹さんの2人だけです。

 今回の訪問の目的は、栄村の先進的な取り組みと震災復興の状況を視察するとともに、秋山郷や・木島平村・飯山市の自然にふれることにありました。

 当日、飯山は雨が降っていましたが、レンタカーの営業時間の9時までには時間があったので、飯山北駅の近くにある飯山城址まで散策を行い、レンタカーをチャーターして一路栄村に向かいました。栄村役場には約40分ぐらいで到着。途中に飯山市から栄村へ入ったとたんに、急に天候の変化(悪化)を感じました。

 栄村役場の庁舎は、木造風に建てられ暖かみを感じ、職員の皆様に快く歓迎をしていただきました。村長室の横の会議室で午前10時すぎより、島田村長の挨拶を受け、総務課企画財政係長から、村のさまざまな取り組みについてお話を聞きました。

  ・栄村の独自事業と考え方について説明をうけました。

    1,「田直し」事業  

        田直しの基本的な考え方

山村の棚田地域の地形に合わせて農家が使いやすいように区画整理をする。(希望により排水、搬入路等の整備を特別に行う)

○ 農家負担の軽減を図る(10アールあたり40万円以内を目途)

○ 村の基幹産業の基盤である水田の維持、荒廃抑制

○ 集落営農の推進

  施工方法、一連の流れ >

@      直営方法オペレータは村臨時職員(機械はリース)

A      設計計算現場において農家、施工職員、村担当者で協議し、その場で農家の意向を十分取り入れて概算費を算定

B     施行内容等了解を得て着工(設計書なし)

C     出来高精算 完了次第、村担当者が出来高精算

D     農家負担50%(暗渠排水等の材料費は全額農家負担とし、重機運搬費1往復を超えた分は村が負担

田直しの実績 >

@     平成元年から21年度まで1454枚を526枚に直した。事業費計約1.8憶円1.6億円が機械作業費、資材費が2千万円。内農家負担9千3百万円。

A     平成21年度までは、事業実績が出ているが、平成22年度分以降は、震災のためまだ。報告が長くなりますので以後、タイトルのみにします。機会を見て各事業について報告したいと思います。

2.道直し作業

    3.高齢者の現状      高齢化率が45%に達し、一人暮らし高齢者も、人口の1に達し、世帯比率も23.32%でで深刻な状況にある。

    4.げたばきヘルパー

    5.介護保険事業

    6.雪害対策事業

    7.デマント交通の概要

        等について説明を受けました。

 昨年の地震の被害について、全壊が33世帯、半壊が169世帯等、合計688世帯。全体750世帯の93%が何らかの被害をうけた。120所世帯については解体をした。しかし自分では立てられないのが130程あるが、この冬までには入れるように準備はしている。

 その後昨年の震災で、住民が庁舎の2階まで避難されたことの話や、全国からの激励が寄せられたことが展示されてる状況をみるにして、この村がとりくんで来られたことが全国的に評価されているのだと、改めて偉大さを痛感致しました。

  奈良自治体問題研究所として、震災見舞いを心ばかりでしたが送りました。栄村役場をあとに、昼食を村内の道の駅でとり、午後からは前副理事長のの案内で村内見学を行いました。

 長野県に最北端に位置する栄村。山々に囲まれたこの地域は、積雪量が日本一(7.85b)を記録したこともある日本有数の豪雪地です。村の北部を流れる千曲川沿いの野の海高原や、温泉施設には、グリーンシーズンになると、アウトドアを楽しむ人たちの姿が見られるところです。最初に訪れた「秋山郷」は、越後と信濃の国境、苗場山と鳥甲山の両山に挾さまれた中津川渓谷に点在する12の集落を総称して秋山郷と言われてます。四季折々に豊かな表情を見せると言われているこの地は、秘境百選にも選ばれています。

 この「秋山郷」は、江戸時代の文人の鈴木牧之の著した「秋山紀行」で初めて世に紹介されました。

 秋山郷に行くには、新潟県を通過し、また栄村に戻るというところです

 国道405号線が全面開通されていなかったときは、温泉で一泊もされたとのことですが、今は素通りで地方経済にも大きく影響をもたらしているとのことです。

 秋山郷では、江戸時代中期に建てられた中門づくりの茅葺きの家「秋山郷保存民家」と、県境を流れる硫黄川が中津川に落ちる「蛇淵の滝」を見学後、駐車をさせてもらった、伝統工芸オーダー家具に立ち寄りました。本物無垢の原木で作り上げる手作り家具の見事さに感銘をうけました。若干買い物をしました。                 

そのあと、20世紀を生きた人々の証、100万通の絵手紙を保存している、栄村国際絵手紙タイムカプセル館(館内には、山路智恵作品展・池田亮二記念室・中村忠二作品展が展示されている)を見学をしました。この館も2011年3月11日の震災により大きな被害を受け、休館を余儀なくされましたが、今年に再開しました。

 私達が来訪したときは、公募展『栄村への想い』として、全国公募で集まった「復興の願い」「思い出の栄村」「いっか行ってみたい栄村」など、全国から寄せられた栄村への想いが込められた絵手紙が展示されていました。ここでも栄村の存在にまたまた共鳴をしました。

 そしてよこの棚田も見学をしました。

 その後、昨年の震災で大きな被害甚大の横倉集落の状況をみました。高台からみると1年経過後、復興状況を目をみるにあたり、改めて地震の恐ろしさに認識しました。新しく建築された家も数多くありましたが、今も建築中の家もあり、まだまだ復興の途中だなあと思いました。そして一番驚いたのは、テレビでも放映された陥落した橋が今も、当時のままに放置されているのを目にしたときです。 

3月12日の地震で被害を受け通行止めでしたが、豪雪で橋が真っ二つに折れたというものの、果たして地震が原因だろうかなあと疑問をもただるを得ませんでした。

 そのあと、木島平村の馬曲温泉のその近くにある小水路発電所を先に見学し、馬曲温泉へ行きました。本来晴天であれば露天ぶろからの眺めのすばらしいところでしたが、今回は断念ながら雨のため景色は望めませんでした。

  入浴後、食事をとり前別宅で就寝、山にはまだ雪が残りさすがに冷えてきました。

この地は、冬は近くに斑尾高原のスキー場や、戸狩温泉スキー場やたくさんの温泉もあり、大変良いところです。しかし豪雪のため日常生活は果たしてやっていけるかなあと一寸心配。夏は涼しいところであり、秋の紅葉のときも含めて再び来てみたい所です。

  5月12日(土)の日も、あいにく朝から雨が降っていました。前さん手作りの朝食のあと、周辺を散策をしました。山の眺めは雨のため残念ながらみえませんでした。

  飯山市は、千曲川のほとりに広がる穏やかな里であり、寺の町とも言われ、「雪国の小京都」として有名なところです。

  最初に菜の花公園での「第29回菜の花まつり」に行きました、期間は4月23日〜5月6日まででしたが、運良く延長されていて訪問したきょうが最終日で、もったいないけど明日以降に伐採されるということでした。

 その後、阿弥陀堂を見学、映画「阿弥陀堂だより」のオープンセットとして作られたお堂がそのまま残されており、今も北林谷栄さんが演じられた「おうめばあさん」が住んでいそうなたたずまいを感じました。そして、福島の棚田の里を見学しました。 石垣を組んだ独特の棚田風景は、「日本の棚田百選」に指定されていているとおりみごとな棚田に感心しました。 そのあと小菅神社は上りの坂がきつくかつ1.2kmもあり、正面からながめるたけ。

昼からは、飯山市の出身である、高橋まゆみ人形館を見学しました。2010年に開設したばかりでしたが、大盛況で多くの来館者でにぎわっていました。最後に、飯山市伝統産業会館・美術館を見学し、レンタカーを返却して、飯山駅から、15時22発の長野行きに乗車をし、特急しなの、近鉄特急と乗り換えをして、無事近鉄八木駅に到着をし、そこで解散をして、それぞれの帰路につきました。

  長野県といえとも、昨年の阿智村は岐阜県との県境とちがい、今回の栄村は新潟県との県境であるため、交通手段については、日程の関係上、夜行バスを使用するのがベストだと思いつつも、やつぱり奈良からは遠かったかなぁと感じました。

 今回参加者は、5名(前さん現地からの参加と村内案内も兼ねて)と少なく、天候も2日間とも雨天となり、ちょつと肌寒く感じました。また、再度訪れる機会をつくつてもらえばと思います。前副理事長には、2日間大変お世話になりました。

  ちなみに、2015年春に 北信州の玄関口として北陸新幹線「飯山駅」が開業します首都圏・北陸方面からのアクセスが便利になりそうです

    東京から飯山   約2時間4分

    金沢から飯山   1時間12分(主な所要時間 2012年2月27日発表 国土交通省試算)

  しかし、奈良からは、従来とあまり変わりないという。                                

以上



(その2)
              栄村の村づくりを視察して

                                                                              事務局 川本雅樹

 栄村は長野県の最北端に位置する。役場から国道117号線を東へ1kmも走れば、そこはもう新潟県というロケーションだ。人口は1956年で約7000人だったが、減少を重ね2010年では約2200人になっている。65才以上の高齢割合は45%を越えているのが今日の状況だ。このあたりは世界でも有数の多雪地帯で、毎年平均3mを越える積雪があり、雪への対策を抜きに生活や経済は考えられない。たとえば、多くの住宅では窓の開口部に羽目板を渡すようになっている。南国ならば、日よけのルーバーかと思うが、ここでは積雪の圧力に耐える防護柵の役目を果たしている。また、新しく建てる住宅は、1階をコンクリートなどで持ち上げ、2階に玄関を設け、小屋組も頑丈にして急勾配の屋根にするというように、豪雪を前提に設計されている。

ところで、栄村は2011312日に発生した震度6強の長野県北部地震で大きな被害をうけた。死者3名、負傷者10名の人的被害のほかに、住宅の全壊33棟、半壊169棟、一部破損486棟、合計688棟が被災した。これは全村740棟の約93%に相当する。また道路の寸断、落橋をはじめ農地は約1000カ所、50haの農地が被災したが、豪雪のために12月初旬から5月まで復旧作業ができないので時間がかかるということだ。これらの雪による事情は全く奈良盆地で生活している人間にとっては、頭の中でさえ認識できていないことであった。

  さて、そのような厳しい気候風土のもとで、栄村では独自の事業に取り組んでいる。

一つは「田直し事業」。これは、山村の棚田地域の地形にあわせて農家が使いやすいように区画整理する事業で、村の臨時職員がリースした機械を使って施工するユニークなものだ。しかも、設計は現場で農家と施工職員、村担当者で協議してその場で農家の意向を十分取り入れて概算費を算定する。施工後に村担当者が出来高精算をする。農家の負担は、50%で、融資制度もあるというもの。

栄村では、この「田直し」の実績として1989年から2009年の21年間で1454枚の田を526枚に整備した。事業費は約1億8千万円、受益農家は574戸に至る。ただし、2011年度は震災復旧を優先したために実績はないとのことであった。

 次に「道直し事業」に触れたい。目的は、地区内道路の改良。特に、冬期に機械除雪が行える最低3.5m以上の幅員とするための改良が行われている。この事業も村単独事業で、できるだけ速やかに整備するために、住民と協働で実施し、その進め方も民主的だ。まず、各集落から役場に路線改良の要望書を提出する。道路線形の概略や土地交渉は事前に各集落で行う。3カ年計画で優先順位を決定。工事に際して、施工方法を地主、関係者、村で行い、完了後に地主立ち会いのもと道路と民地境界を確認し、測量後に用地買収を行うというもの。また、工事費を精算して、地元負担額を算出、徴収するが、それは賃金を除く35%と決まっている。役場担当者の仕事は、現場指導、原材料代、用地代、地元負担金の徴収にかかる事務を行うとのことであった。その実績は、1993年から2009年までの17年間で延長9,845m、事業費計は約3億円、1m当たり事業費は平均で31,768円。地元負担金は合計で約3,743万円とのこと。施工費は建設業界の「常識」とは大きく異なり廉価である。

その他、「近所ならば、下駄を履いて真夜中でも雪の中でも駆けつけられるという『げたばきヘルパー』」の取り組みや「自力では屋根の雪下ろしができない世帯に対する『雪害対策救助員事業』」、「自力で自宅から除雪路線までの道踏みが困難な世帯に対する『道踏み支援事業』」「戸口から戸口まで乗り合い方式で乗客を送迎する『デマンド交通』」など、様々な取り組みを行っている。これらは紙面の都合で詳しくは書けないが、豪雪地域にあって、村長をはじめ知恵を駆使しながらきめ細かい施策が行われていることに敬意を表したい。何よりも村民の目線にたって村民とともに歩もうとされている姿に清々しさを感じた。

                      

トップページ   サイト・マップへ    行事トップ