奈良から陸前高田市へ

―東日本大震災地支援ボランティアバスに参加して―

 

                    前 圭一(奈良自治体問題研究所副理事長)

 

 7月初旬、奈良県が主催する災害ボランティアバスに参加した。あの東日本大震災後、ぜひ現地で支援活動をしたいという強い思いがあったが、その機会がなかなか得られない状況が続いた。そこで奈良県のホームページにアクセスすると、災害ボランティアバスの募集がされていることを知り、応募したところ参加できることになった。

奈良県は5月から実施しており、自分が参加することになったのは6月から7月にかけて実施される第2クール(4回実施)のうちの第3回目であった。4回のうち、2回は3泊4日、2回は4泊5日となっている。毎回の参加者は20名で、これにスタッフ3名(県のスタッフ1名、災害支援ネット1名、社会福祉協議会1名)という編成であった。県の担当部課は奈良県くらし創造部協働推進課で、6月12日に橿原市にある奈良県社会福祉総合センターで事前説明会があった。

 7月1日18時30分、近鉄高の原駅前を出発し、北陸道→磐越道→東北道と高速道路を通り、2日の朝7時30分に一関の宿泊所チサンイン岩手に到着。12時間を越えるバスの旅であった。このホテルで、レンタカーに県が準備した資材を積み込み、4台に分乗して陸前高田市に向かう。1時間半ほどで陸前高田市のボランティアセンターに到着。途中、川沿いの人工林が赤茶けているのが目につく。おそらく津波による塩害かと思われる。

受付を済ませ、4班に分かれて支援作業の現場に向かう。まず目についたのは三陸鉄道の鉄橋が落ちている状況である。さらに進むと無数の瓦礫の山と、コンクリートの建物以外建物の類が皆無という情景であった。大空襲直後の光景を思わせるような徹底的に破壊しつくされた惨状を目にして、津波の超巨大な破壊力の凄まじさにただただ圧倒される思いであった。映像では見てきたとはいえ、猛烈なスピードで押し寄せる10メートルを越える津波が襲った時の状況は想像の域をはるかに超えている。購入した『週刊現代』7月16・23日号によれば、「沿岸市町村の災害廃棄物処理の進捗状況」で仮置き場への搬入状況は、岩手県が41%(環境省発表6月21日)とあったが、震災から約4ケ月たっても瓦礫の撤去は陸前高田市に関する限り、ほとんど進んでいないのではないかと思ってしまう。この瓦礫の処理場所の確保さえ難しいのではないのだろうか。瓦礫の処理が終わらない限り復旧など絵空事にすぎないと思ってしまう。

 支援要請のあった家はかつての陸前高田市の市街地の中心にあったようだ。コンクリート建ての建物は半壊状態といえるかもしれない。隣には醤油屋の建物が建っている。老舗の店らしい。車から降りるとすぐに臭いが鼻につく。産廃の臭いだ。かつて産廃の山の見学に行ったことがあるが、あの強烈な臭いに比べればましとはいえマスクなしではいられない。まわりを見渡すと、瓦礫の山の間に大漁旗が立てられていた。黄色い布が付けられている。復興への願いを込めて作られたものだろう。遠くに1本の松が見える。あれが数万本の松が生えていた有名な松原で1本だけ津波に耐えて残った松に違いない。

作業は数十メートルに及ぶ側溝の瓦礫や泥を掻き出すもので、班ごとに分かれて作業。泥の中からたくさんの醤油瓶が出てきた。割れた瓶から出てきた醤油の臭いに誘われたのか蠅が寄ってくる。いろんな瓦礫が埋まっているので作業も簡単ではない。でもみんな一生懸命がんばっている。さすがボランティアとして応募してきた面々である。やる気は十分なのだ。それでもこの側溝の泥掻き出し作業だけでこの日の作業は終わる。

休憩している時、家主の紺野さんが説明してくれた。彼は震災前の写真を持ってきて、家の近くに江戸時代の大肝煎(地域全体を統括する村役人)の築二百年の家がある、壊れたが木材は集めてあるので是非復元したいという。多くの人は高台に移りたいと思っているが、自分はなんとしても今の街を復興したい、そのシンボルとして古民家を再建したいという思いのようであった。紺野さんの強い思いが直に伝わってきた。ここにもこうしてがんばろうとしている人がいるということに希望のかすかな光が見えた思いがした。自分も出来ることがあればぜひ支援していきたいと思う。

作業が終わり引き揚げようとした時、あの松をぜひ見たいと思い、県の担当者に希望を告げたとき、驚くべき言葉が返ってきた。「観光で来ているのではないのでダメです。」だれが観光気分で来ているか、私は強く抗議したが、あの松は陸前高田市の復興のシンボルになっている木であり、2日目の休憩所にもポスターとして貼られていた。おそらく数分もすれば行けたはずの所を、予定のスケジュールに入っていないということで要望を聞き入れなかった融通の利かない行政マンの対応にはあきれるしかない。後で聞くと他の参加者も見たいと思っていたようだ。もっとも、帰りのバスの中で彼は私に謝っていたがーーー。奈良県は関西広域連合などからたたかれているので、しぶしぶボランティアバスも出すようになったのではないかと変に勘ぐってしまうような一齣であった。すでに松は枯れかかっているようだが、ついに見ることなく奈良に帰ることになったのは何とも心残りであった。

2日目は気仙川の左岸の畑の瓦礫の撤去と草刈り作業であった。ボランティアセンターにはたくさんのボランティアが集まっていた。平日で300人ぐらい、土日にはその倍以上が参加するとのことだった。北海道の車もあったし、沖縄からのも見たと参加メンバーが教えてくれた。全国から支援に来ているのだ。現地に着くと、すでに新潟県の燕市からきたボランティアが作業をしていた。瓦や鉄くず、それにコンクリートの断片などびっくりするくらいたくさんの瓦礫が出ている。小さな畑でこれほどあるのだから、瓦礫の撤去は相当大変なものだということを実感した。

この作業中、草刈りをしたが、長年やってきたので油断していたのか、ほぼやり終えた段階で左手の人差し指を切ってしまった。手袋を取ると1センチほど切れている。近くでボランティア作業していた看護師の女性が治療に来てくれた。彼女はアフリカで2年間海外青年協力隊員として派遣されていたとのことで、今回は東京都のボランティアできていた。スタッフに応急手当をしてもらったが、大事を取って日赤の仮診療所で治療を受けることになった。高台のある高田第一中学で北海道から来ていた医師の治療を受ける。

現場に戻ると、すでに作業は終了していた。依頼主の水に漬かった畳を仮置き場に運びたいという要望を受けて、参加メンバーが軽四に積み込み運ぶ作業を行う。こうして早めに作業を終了し、ボランティアセンターに戻る。途中の車中から家族連れで土を掘り返している人たちを目にする。家を流された家族が思い出探しをしているのだろうと思う。一関のホテルに戻って、資材を撤収しレンタカーを返して、一路奈良に向かう。奈良には7月4日朝の7時過ぎに戻り解散。

 

今回のボランティアは現地2日間だけの短いもので、やれたことはほんのわずかなことでしかない。また作業に限定されていたのでいろんなことを見聞できたわけでもない。それでも、いくつか感じたことがある。

まず、あの無数の瓦礫の山を見て、この瓦礫の撤去なしには何も進まないだろうということを強く実感した。復興プラン云々の前に全力を尽くすべき最大の課題のように思える。内閣退陣だ、誰の責任だなどと言って場合ではないだろうと、特に政治家には言いたい。

 次に、古民家の復元に夢を託している紺野さんの姿を見て、凛として生きる東北人のたくましさを感じた。幾度の津波にも耐えてその都度復興してきた東北人の不屈さに学べたと思う。

 ことボランティアに関する限り、その必要性は今後ますます高まるのではないかと思う。一市民として出来ることは限られるが、逆にきめ細かいちょっとしたことでも支援になるのではないかと思う。それこそがボランティアの持ち味ではないかとも思う。

今回、奈良県はこのボランティアバスの関係予算で1500万円組んでいるとのことだ。バスの手配、資材の準備、レンタカーの手配などに使われ、ボランティアはホテル代や食費が自前となっている。それでも奈良県のおかげで交通費を負担せずに現地に行けることは助かる。今後長期の支援が必要とされると思うので、奈良県のボランティアバスの継続と拡充を望みたい。


トップページへ     サイト・マップへ        今月のエッセイ