理事長10年を振り返って


顧問(前理事長)吉

 

(第1回)前史(研究会のこと)

 【「理事長10年を振り返って」という内容で10回ぐらい連載せよと言うのが編集部の要請だという。私は名ばかり理事長で実務は小井さんが仕切っていたから、そんなに書くことはない。まあ数回は書いてみようか、というつもりで引き受けた次第です。事実関係は出来るだけ資料にあたりますが、感想や印象などは私の記憶に沿って、思い出すままに書いていきますので、間違っているところがあるかもしれませんがお許し下さい。】

 

 小井さんの企画力と行動力は抜群で顔も広く、これまでの沢山の講師依頼もほとんど彼が関与している。今年から理事長に就任している小井さんのこれからの働きぶりに注目したい。

 2002年1月の始めか2001年の暮れであったが、私は、突然理事長になってほしいと小笠原さんから頼まれて、驚いた。前任の理事長が急遽辞任されるから、という理由であった。だからといって私に何故、と思った。当時私は副会長だったと思うが、2000年に設立した研究所の理事会にも余り熱心に出席したわけではない。他にも副会長で適任な人がいたと思う。日常活動はみんなで支えるから名前だけでも理事長になっていてほしいとまで言われたら、お断りする口実がなくなってしまった。

 

しかし、せっかく重職を与えられたのに単なる挨拶係では申し訳ないと思い、以後理事会には休まず出るのは当然として、事務局会議にも毎回出ることにした。我が事務所の清家弁護士が事務局として参加してくれた。

  私は2002年1月の第3回総会で理事長として承認されたので、2011年1月退任まで足かけ10年丸9年理事長であったことになる。

  理事長として振り返るのに、前史としてのなら自治体問題研究会について触れないわけにはいかないと思う。同会は1992年に創立された。しかし、1995年5月14日の第3回総会議案及び1996年6月22日の第4回の総会議案が手元にあるので、総会は年1回として、設立総会は93年になるはずである。しかし、別の資料には1992年7月30日に発足したとあるから、総会の数え方に創立総会を含めず翌年の総会を第1回としたようである。

 

研究会の役員はその当時世話人10人と事務局10人の規模であり、一人が代表世話人となり、2,3名が副代表世話人となっていた。設立当初から代表世話人は医師で奈良市健康医療をよくする会会長の丸山創先生が就任されており、1997年5月31日の第5回総会で大阪経済法科大学教授で憲法を教えておられる古川利通先生が交代で会長に就任された。事務局長は小笠原雄二郎氏であった。私は当初から世話人であったと思うが、総会以外にはほとんど活動に参加しなかったように記憶している。機関誌としてこの当時から「なら自治体問題研究会だより」がほぼ毎月1回発行されていたが、第4回総会で「たより」に加えて、「なら住民と自治」誌をブックレットとして年3〜4回発行することが決まったが1996年度には「奈良に高速道路は必要か」が発行されただけで、以後1年に1,2回ということになった。第5回総会案内から「たより」を「 ならの住民と自治」と表題を変えて、第50号として発行されている。ブックレットのような冊子は小井さんの努力で、その後講演の報告誌としてその都度発行されるようになった。 なお、第5回総会当時の会員は80数名であった。世話人・事務局で今も活動に参加しているのは、私の他、松村、四方、小井、城、小笠原、竹本の7人である。

 

懐かしい自治体学校についても触れておきたい。

 第1回の奈良の自治体学校は1998年6月の第6回総会議案にも載っていないが、同年12月に日本科学者会議奈良支部と新建築家集団奈良支部と共催で36名の参加で開催されている。そして、第2回なら自治体学校は、共催団体としてさらに奈良県商工団体連合会、奈良民主医療機関連合会、奈良県保育運動連絡協議会を加えて6者の主催で1999年9月19日、奈良女子大学で開催された。以後研究会から研究所になってからもなら自治体学校は毎年開催されるが、それが廃止されて、自治大学になった経過については次号に譲る。また研究会から研究所として発足した(実際は名称が変わっただけ?)経過も次回とする。

                                                            (つづく)

 

トップページへ     サイト・マップへ        今月のエッセイ