「新聞雑感」

公共事業の大盤振舞

東京五輪と防潮堤建設

 この7日、2020年の夏季オリンピックが「東京」で開催されることが決まり、早速に低迷していた建設株や、関連株価が上昇した。東京都だけで、前回落選した以後、都民のために予算を使わず、2020年のオリンピック開催資金として、4千億円も貯金してきたという 。( 日本国の地方自治体のあらゆるいびつ差がここに表れているのではないか )

 

今年度の公共事業が、安倍政権による「国土強靭化」政策により昨年より16%と大幅に増額されたため、東日本大震災の復旧工事が建設業者の不足・建設労働者の不足、そして日当の上昇から、復興を阻んでいるという。長年の公共事業予算の減額と不況で建設業者と建設労働者が転業した結果である。

 

新聞報道によれば、被災3県のうち、宮城県の復興工事で2010年の「入札不調」が3%だったが、11年度は23%、12年度は29%と急増している。震災までの長年の公共事業関係予算の減少と不景気により、建設業者の倒産と建設労働者の減少が、震災復興と国の予算増により、対処できなくなっているのが現状であり、国の「適格な対策」が求められている。

 震災復興に注文 ―― 被災地の生活基盤優先に

 9月11日の毎日新聞の夕刊に、安田喜憲よしのり氏(東北大教授・環境考古学)が「海と共生望む被災地 ―― 本末転倒の防潮堤建設優先 ―― 」という見出しで、寄稿されている。全く同感である、ぜひ次を読んでいただきたいと思う。

 

3.11の東日本大震災から2年半が経過した。「どうせ住めないのになぜこんな立派な防潮堤を作るのですか。それよりも早く仮設住宅を出てちゃんとした家に住みたい」。こうした声が被災者から出始めた。確かに、震災直後に人々は津波の恐怖におびえ、1日も早く巨大な津波から自分たちを守ってくれる巨大な防潮堤の建設を念願した。だがそれは恐怖におびえた一時のことで、時間が経つとともに人々は平常心にもどり、やはり美しい海との共生を望むようになっている。

 

ところが行政がまっさきに対応したのは、なんと巨大な津波から住民の生命をどう守るかだった。もちろん住民の生命財産を守るのは行政の責任だが、その守り方の順番が逆転していた。                               

まず住民の生命を守るためには、住民が美しい故郷で豊かな暮らしができることを最優先すべきだった。あと30年後に来るか来ないかもわからない津波から生命を守

ることを最優先したのは、間違いだったのではないか。

 

それは科学者にも責任がある。政府の中央防災会議の意見に代表されるように、災害の恐怖を強調するあまり、肝心の被災者の生活再建をどうするかの議論がどこかへ飛んでしまった。生きとし生きるものの生命の在り方よりも、物理現象を追い求める科学の世界が影を落としている。

 

すでに仙台平野には、立派なコンクリートの防波堤が完成(東日本大震災で壊れ、再建された仙台空港前の防潮堤は、高さ7.2m、底面の幅は20mが完成している)しつつある。しかし、その背後の津波に襲われた閖上港の街並みは、津波に襲われた当時のまま放置されている。もちろんガレキは撤去されたが、コンクリートの土台のまま、町の再建にはまったくめどがたっていない。

行政側は言う。「コンクリートの防潮堤が完成しないと土盛りの高さが決められてないので街づくりを始めることができない」と。これは本末転倒ではないか。

 

コンクリートの防潮堤をまず作ろうという決断は正しくなかったのではないか。その前にやるべきことがあったのではないか。

まず被災した住民の暮らしをどう立て直し、海の資源を東北の未来のためにどのように生かし、東北の沿岸漁村の歴史と伝統文化をどう守るかが考慮されるべきではなかったのか。

 

宮城県では漁業協同組合を一本化し、企業のみでない外資までも漁業に参入できる特区の仕組みが作られた。いくつもあった漁港も一つにまとめて効率化をはかると言う。それは短期的な経済原則から見れば、正しいやり方かもしれない。

だが非効率的な小さな漁船で漁に行き、海の資源を守り、海とのかかわりあいの中で一生を送り、漁村の歴史と伝統文化を守り、大切な海の自然を子々孫々に伝えるという中・長期的な意味においては、マイナスではなかったのか。経済効率のみを追求するあまり、海の自然を破壊し、海との接触を遮断することにつながりはしないか。

 

人間は巨大なコンクリートの防潮堤に囲まれては暮せない。人間の命は美しい自然、生きとし生けるものの命が輝く自然に囲まれてこそ輝くのである。たとえ巨大なコンクリートの防潮堤によって50年に1回訪れる津波の被害から逃れることができたとしても、大地の生命力が衰え、海の命の輝きと隔絶され、美しい風土が失われ、人と人とのコミュニティーが失われた中で、人は暮せないし、生きていけないのである。

 

住民が望むのは、海と共に生き続ける日々の暮らしの快適性である。美しい海を眺め、潮騒の音を聞き、海の匂いをかぎ、海の豊かな魚介類を獲って共に助け合いながら暮らす。それが縄文時代以来、1万年にわたって日本人が行ってきたことである。それが海辺で生きるということなのである。と。」

事務局 ―― K

トップページへ     サイト・マップへ        今月のエッセイ