寺島実郎著「世界を知る力」を読む

                     戦後、わずか60年で変容してしまった          

日本人の世界認識                                                                     

理事 小笠原雄二郎

余談のままに

ついこの間、ある診療所での尖閣列島での中国人船長逮捕をめぐる会話

 (年配の男性運転手):いよいよ中国と日本の間で戦争になるかもしれんで

 (若い事務員の女性);日本にはアメリカがついていてくれているから大丈夫やわ!

近々あった小学校の同窓会での女性2人のやりとり

 (75歳の女性):中国て嫌いや。軍事力をどんどん増やして自分の好きなように日本を恫喝しよる。日本も軍艦を出してどんどん捕らえたらいいのや。

  (74歳の女性):中国はエアメタルの輸出を止めて経済にまで打撃をあたえてるやろ。最近は日本の企業をどんどん買収してきてるそうやんか。

  (75歳の女性):そのうち日本人は中国の企業で働くことになるで。

  (74歳の女性):そのうち日本は中国の一つの州になってしまうわ。どうでもいいけどな。

こんなやり取りは庶民の日常会話では普通なんだと感じた次第。考えてみれば大方の政治家の頭脳もマスコミに登場する評論家や学者の方もまったく同じ。

                      

 世界を知る力もなく、漂流し、思考停止状態の日本

 最近 寺島実郎氏の「世界を知る力」を読んだ。寺島氏といえば日本総合研究所会長、多摩大学学長、三井物産戦略研究所会長で有識者として世界の見方では屈指の理論家である。保守革新の区別のなくなった昨今の日本だが、保守といってもいいだろう。その人が書いたこの本の面白さ、凄さは「戦後60年間という一日でいえばわずか30分に過ぎない時空で、異様なまでにアメリカなる存在の影響を受て、日本人の体内に蓄積されてきた中国などアジアユーラシアを起源とする2千数百年に及ぶ一日で言えば24時間の殆どを占める膨大な歴史的連携の時間を忘却するほど、日本人の世界認識が極めて限定的で融通の利かないものになってしまった。これを改めるには、アメリカというプリズムに頼らずに対象となる世界を直視すること、アジア・ヨーロッパ等世界の地域で起こっていることをありのままにみることが大切である」と述べていることだ。

たまたまこの著書を読み終わった数ヶ月後、中国との尖閣列島問題、ロシア大統領の国後島訪問問題、TPP(環太平洋戦略的経済連携協定)への参加問題などが発生したが、寺島氏が著書で説く視点で私なりに考えると問題の見方が分かるような感じがする。TPP問題はアメリカが中心、政府は従来のプリズムをとおして見る認識方法でアメリカの言うままにする。しかし、尖閣問題での中国、国後問題でのロシア、どちらにもアジア・ユーラシア軽視・忘却のつけがきて問題解決の交渉窓口もない。問題に対応する方針も立てられない。アメリカというプリズムをとおして見るといっそう解決法は見えない。でマスコミ共々国民の感情をかきたてて混乱振りを見せるだけだ。寺島氏の著書の言を適当に借りれば「このように今、日本は漂流し、思考停止状態にある。」といえる。

            

寺島氏の世界を知る力の「視点のポイント」

 まず著書でなるほどと思ったのは、日本の政治家、経済人、学者、マスコミ人といった人たちの歴史認識や世界の認識と、実際に世界で発生する事象の本質とのずれである。

 寺島氏が世界を知る「視点のポイント」を私流に簡潔化すると

1、日本人は「日本の近代は黒船来航から始まった」と思っているだろうが、そういう戦後的なものの見方は間違いで、

 (1) ピヨートル大帝が「ヨーロッパへの窓」としてネヴァダ川河口デルタ地帯にサンクトペテルブルグの都市建設をスタートさせたのが1703年、その建設開始からわずか2年後 日本語学校が設立され(日本史でいえば赤穂浪士の吉良邸討ち入りの時期に相当する)、今のサンクトぺテル大学の日本語学科として脈々と続いている。 

 (2)1792年にアダム・ラックスマン一行が皇帝の親書を携えて根室に来航、函館で通商関係樹立の交渉が行われた。結果は不調に終わっているが。その後黒船来航50年前に再度レザノ フ一行が通商要求で来日,幕府は北からの脅威に対応するため北海道の開発・軍事強化にのりだす。ロシアの東の窓口ウラジオストック建設は1860年から始まる。

2、今、日本地図を上下逆さまにしてみると、日本がいかにユーラシアに近接しているかが分かる。実際、地質学的にユーラシア大陸の一部が分離したのだが、半島のように見える。日本海は瀬戸内海にみえてくる。ところが普段、世界地図や地球儀をながめていると、どうしても視線は、太平洋の向こう側、アメリカに向かいがちになる。戦後、貿易といえば主にアメリカ、 外交といえばアメリカとの2国間同盟を意味したため、いつのまにか錯覚をおこしてしまったからである。さらに冷戦時代も影響して、太平洋側が「表」で、日本海側が「裏」という感覚が身についてしまった。しかし、与謝野晶子の時代は間違いなく日本海側が表であったし日本の文化は全て大陸から来ている。このことをしっかりと自覚することからしか日本の「世界を知る力」は培われない。

3、ヨーロッパ人と話していると、チャイナ、チャイニーズとは中国本土も、台湾も、香港も、シンガポールも包括したものだと分かる。いわゆる「大中華圏」だ。そんなに中国が凄く大きく見える時代に今私たちは生きているのだ。しかも、シンガポールは大中華圏とユニオンジャックの矢(ロンドンと旧大英帝国の植民地国の拠点ドバイーインドのバンガロールーシンガポールーシドニーを結ぶネットワーク)という世界の2大ネットワークが交差する一大中継点なのである。
   今、対アメリカの貿易がいかに相対的に減少しているか。直近の2009年1~9月の貿易構造を見ると、衝撃的だ。アメリカの比重は全体の14%以下にまで落ち込んだのに対し、中国の比重は20%強、大中華圏の比重は30%強、アジアの比重は49%まで達している。
 日本が対米貿易で飯を食ってきたのも今は昔、すでに大中華圏を中核とするアジアとの貿易で飯を食っている時代に入っているのだ。
 このように一定の視点を示されると、日本政府や政界・経済界・そして全ての分野で主導的な人たちがなお、日米同盟深化論に立って世界を見、戦略を立てることしかできない状況は滑稽かつ国民にとっていかに不幸なことであるかが痛いほど分かろうというものではないか。
ここまでは、著書の一部「アメリカのプリズムを通して、限定的で極めて融通の利かない世界認識しかできない日本人」の論点で書いたが、まだまだ残り3分の2に日本の進むべき方向について著者の考えが述べられている。それぞれの人が自分なりに読み見込まれたら大変新鮮で力になる論点が散りばめられていると思う。一読をお勧めする。     

                                    2010年11月

トップページへ     サイト・マップへ        今月のエッセイ