奈良自治体問題研究所主催/連続講座
  『日本の食料危機と世界の農業事情』


JICA専門家として、ネパール、ブータン、ブラジルの指導に出向き、世界の農業・食の安全事情に明るい杉浦哲也氏を講師に、5つのテーマを設定し、現地のスライドもふんだんに使いながら、講義・デイスカッションを通して、日本の食料危機と農業問題を学習研究する連続講座。 農薬残留・食品添加物・食中毒腐敗汚染・BSE(狂牛病)・鳥インフルエンザ等や遺伝子 組み換え作物混入等が発生したが、その原因と安心出来る検査態勢の現状と問題点を考える。


第5回 世界の食料貿易から見た日本の食料輸入 後編 1月20日/18:30から
                          
場所:奈良県文化会館第3会議室

報告sugiur.jpg

重視されているドイツ農業

恒例のスライドは、今回はドイツの農業でした。
ドイツ農業は、生産高で畜産物が焼く60%を占め、他にオオムギ、ライムギ、テンサイ、ホップなどの生産が多いです。農業就業率は2.6%、生産高はGDPの0.9%と低いが、食糧自給と環境保全の二つの観点から農業は重視されているようです。

世界一・・・日本人の一人当たり果物消費量

本題に入り、果物、畜産物、魚介類についての説明がありました。
世界での果物生産高はバナナ6900万トン、ぶどう6200万トン、かんきつ類6100万トン、りんご6000万トンの順です。
日本人の果物消費量は一人一日あたり103gで世界一です。1980年に81%合った自給率が49%まで下がっています。果樹栽培は毎年実がなるのだから楽かと思ったのですが、案外労働集約的な農業のようです。りんごもみかんも桃も年間10回以上の薬剤散布が必要だし、そのほか袋かけなども必要です。従事者の高齢化に悩んでいるのは他の農業と同様です。このような現状で、しかも、トロピカルフルーツなど消費者の需要が多様化している中での自給率49%は、頑張っている方かなとも思いました。

食肉消費量40年間で6.8倍

畜産物については、鶏肉、乳製品がほぼ1/3、牛肉は2/3を輸入に頼っています。さらに国内生産の畜産物についても、飼料は殆ど輸入に頼っています。もともと国土の狭い日本では、自給飼料での畜産は困難なのです。飼料を含めての畜産物自給率は大きく下がります。ところで、日本人の食習慣は、戦後大きく変わりました。高たんぱく質、レトルト食品志向などです。例えば、一人当たりの食肉消費量は、2000年では1960年の6・8倍に増えています。このような食習慣の大きな変化は健康上の問題だけではなく、食糧自給率を引き下げる一因でもあるようです。

魚介類の需給状況と日本の漁業の深刻な状況についても述べられました。
5回にわたる連続講座で食に関する色々な豆知識も聞き、少し賢くなったように思います。それとともに、農林漁業の大切さも感じました。産業の中でのウエイトが低くても、人の生活になくてはならない食糧と自然を守っているのですから。

                               事務局


第4回 世界の食料貿易から見た日本の食料輸入 前編 12月16日/18:30から
                                                
場所:奈良県文化会館第3会議室

報告

タイの浮稲栽培 水深3mの水田

最初は恒例のスライドによる海外事情の紹介。今回はタイでした。深さが2mも3mもある水田での浮稲栽培が主流というのには驚きました。

コメ90%、食料全体40%の自給率

日本の食料輸入については、穀物を例に取るとコメが年間消費量ほぼ1000万トンで自給率90%、小麦が600万トンで自給率11%、とうもろこし・こうりゃんが2000万トンで自給率0%というのが概略の数字です。
小麦は80%がパンと麺類に使われているので、日本の主食はコメと小麦といえそうです。とうもろこし400万トン程度は加工食品に使われており、残りとこうりゃんは家畜用飼料です。肉や野菜なども含めた食料全体の自給率は40%です。

大切なコメ作りと水田維持

日本のコメ消費量は食習慣の変化により、最大であった1962年と比較すると30%近く減少しています。他方、栽培技術の進歩により最近はコメ生産過剰の状態が続いています。
『だが』、と講師は声を強めてコメ作りの大切さについて二つのことを述べられました。
ひとつは、緊急事態への備えです。自然災害等の減収で緊急輸入をしたことがこの40年間に10回もあったそうです。もうひとつは水田の果たす国土保全や環境保護の役割です。水源涵養や気候緩和などの機能は畑地よりもずっと大きいものがあります。

コメ作り『5つの提言』 発想の転換も

そして、これ以上水田を減らさないためにもと、農業機械の組織的運用や品種の多様化など『コメ作りへの5つの提言』を述べられました。その中で私が一番印象に残ったのは直播栽培の導入での栽培の労力とコストの削減です。コメは荒起こしと散粒だけで80%程度の収量は得られるようです。多少収穫は減っても、安上がりで省力の農業経営なら、兼業でも、片手間でもやっていけます。水田をこれ以上減らさないためには、世の常である付加価値を高めることを追及する経済活動とは異なった、発想の転換も有効かなと思いました。
                                                                                     事務局


第3回 近畿の農業・奈良の農業          11月18日/18:30から

                                            場所:奈良県文化会館第3会議室

報告

きれいな棚田 ブータン

最初に、スライドでブータンの米作農業について紹介がありました。講師の杉浦さんが、いもち病で大打撃を受けたブータンの稲作の指導に行かれたときの模様です。米が主食なので、標高800mから2700mほどの地帯まで稲作が行われています。きれいな棚田で、水のあるところはすべて米が作られており、日本のように雑草だらけにしているところはないそうです。

品種の単一化 日本の米

話は、日本の稲作に移り、ここ30年間ぐらいで米の単一品種化が進み、コシヒカリが70%以上、奈良に多いヒノヒカリも同じ遺伝子系統で、この系統が80%を超えると説明されました。そして、いったんこの系統を侵す「いもち病」が発生すれば、日本の米作が壊滅的な打撃を受けることを考えると、生態学的な研究を踏まえた作付けのあり方が必要と強調されました。
この説明の中にはさまれた「米は、精米すれば1ヶ月以内に食べること。その後は格段に味が落ちる。」という『豆知識』も米消費者の私にとっては大変参考になりました。

全国2位 奈良の柿

それから、近畿の農業、奈良県の農業の特徴について、作物ごとの生産状況なども含めて説明がありました。生産高でみれば、野菜類は兵庫,果樹類は和歌山が殆どの作物で上位に来ます。柿は、奈良県が全国2位ですが、和歌山がその上の1位なのは以外でした。
奈良県農業の特徴としては、昔から水不足に悩まされており、大和川分水が出来てからも、通水は6月15日からという制約があります。農業技術は進んでいる方だったようです。
しかし、最近の農家減少率、農耕地利用率のどちらも奈良県は近畿で最悪です。
講師は、「農業は決して廃れさせてはならない。水田の生み出す環境価値が、奈良県全体で6500億円という評価も出されていることをも考えあわせるとなおさらだ。」との思いを述べられました。

奈良県に合うおいしい品種を

そして、農業経営を改善していくためのいくつかの考えを述べられました。その中で、次の二つのことが印象に残りました。
ひとつは、個性ある農産物をめざし、奈良県に合う、おいしい品種を作っていくことです。
米だけでなく、野菜や果樹の分野でも、品種の偏りが見られます。スーパーなどの大規模的販売で、商品としての画一化がなされていることも原因でしょう。例えば、大根をとって見ても、大根おろし、漬物、煮炊きなどそれぞれに向いた大根があるのに、スーパーなどでは、白くて形が良いものが「大根」なのです。
もうひとつは、販売方法の改善です。その作物の特徴やおいしい食べ方などをセットして消費者まで届けることなども良いでしょう。

『地産地消』を

この二つを、つなぐ「キーワード」は『地産地消』のようです。
「『地産地消』をいかに進めるかが、大切な課題です。」は、講師の言葉です。
考えてみれば、消費者も農家もお互いの顔が見える、そして、ともに緑豊かな田畑を楽しみ、大切に思う、これが本来の農業のあり方ではないでしょうか。                    事務局


第2回 日本の食習慣と食料自給の現状       10月21日/18:30から
                         場所:奈良県文化会館第3会議室

報告

スライドでネパール紹介

 先ず、スライドを見ながら「ネパールの農業と食の紹介」。ネパールは標高90m〜8000mを超える国で、標高、地形に応じて、コメ、ナタネ、麦、トウモロコシ、シコクビエ、アワ、ソバが作付けされている。ほとんどは自給自足。農業機械、化学肥料、農薬は(貧しくて)ほとんど使えない。食事は1日2食でアワ、ソバ等の粗食。だから食料自給率は95%。ネパールはアジア最貧の国だが、貧富の差はインドほどでもなく餓死者は少ない国だと紹介された。

世界の水をも奪う膨大な食料輸入

 次に、「日本人の食生活の現状」として、60年頃から食の洋風化が強まり、特に80年以後は脂質が多く高カロリー化が進んだ。レトルト食品、外食、食習慣の乱れ、肥満、カルシウム不足、食品廃棄が目立っていると指摘された。
「日本農業の現状と食糧供給の現状」では、60年(日米安保改定)から農産物輸入自由化が始まり、食料自給率は先進国としては世界に類を見ないカロリーベースで40%、主食穀物自給率で61%、飼料穀物を含む自給率で28%という最悪の状態で、GDPに支えられた外貨による買い付けで支えられた飽食の状態になっていると指摘。日本の畜産飼料は輸入頼み、ペット飼料も輸入頼み。そのほとんどはアメリカからの輸入。また、水不足がアジア、北米、アフリカで深刻になっているが、膨大な食料輸入は世界の水を奪っていることにもなると指摘された。
                                            事務局


第1回 食の安全の課題から見た輸入食料問題     9月16日/18:30から
                         場所:奈良県文化会館第3会議室

報告

食は安全が前提

最初にブラジルのスライドを見せていただき、ブラジル事情につき楽しく話を聞きました。本題に入り、「食は安全が前提」しかし、この10年余りで食料の安全に疑念を抱かせる数多くの課題が噴出した。と前置きされ、次の六つの課題に整理されました。
1.農薬の食物・食品残留と安全 2.食品添加物の無認可使用 3.食品等の食品細菌類・異物混入 4.動物疾病の発生と対応 5.バイオテクノロジーの食物利用と危害・不安 6.産地偽装と生産者・流通業者の責務

重要な輸入食品の水際チエック

農薬は、戦前では、数種類程度であったが、戦後の合成化学の進歩とともに開発がすすみ、現在農薬検査所に登録されているものは、有効成分で549種類にのぼる。
農薬は、農作物に用いた食物を人が食べれば、自然に体内に取り込まれる。だから、安全性が大切である。
現代科学では、@農薬をすべてが『毒』とするのは誤り A過剰摂取とならない許容水準を科学的データに基づき定めるべきとするのが主流である。
国によって食習慣の違いや平均体重の違いなどからこの基準は国ごとに決められる。また、使われている農薬や、栽培基準も異なる。したがって、輸入食品の場合は、水際でのチエックが重要である。しかし、人員配置が手薄で十分に機能していない。大幅増員と施設改善が必要と強調された。
そもそも食料自給率が低く野菜では20%というのも、食の安全の立場からも問題だ。

要注意「冷蔵庫過信」

課題の2〜6についても、夫々詳しく説明された。食品細菌類・食中毒の説明で、家庭での冷蔵庫過信には注意が必要といわれたのが印象に残った。家庭用冷蔵庫は冷蔵で5℃、冷凍で−10℃程度だが、低温で増殖する菌もあり、本当に鮮度を保つには−40℃程度必要だそうだ。

安全か遺伝子組み換え大豆

質問の中で、遺伝子組み換え作物の安全性が問題となった。
世界の遺伝子組み換え作物栽培は、最近7年間は毎年10%を超える率で栽培面積を増やしている。
そして、例えば大豆では、日本は毎年500万トンほど輸入しているが、そのうち遺伝子組み換えでないといえるのは、100万トンほど、だから、しょうゆ、味噌、大豆油等の加工品は、遺伝子組み換え品種を使用せざるを得ない状態である。
これらの現実について、講師は、食にたいする安全性、環境に対する安全性についての現在の科学で知見しうる全力を尽くしての正確な審査を行うべきであると述べられた。その結果安全と認められたものについては、使用も容認できるとの意見であった。
それに対し、参加者から、いくら審査をクリアしても、安全でない可能性は残っているのだから、遺伝子組み換え食品は購入しないというような消費者運動の取り組みは尊重すべきであるという趣旨の発言があった。
また、生化学等についての専門的知識をお持ちの参加者からは、遺伝子組み換えの大豆は、食にたいする安全性については問題ないと思うが、環境への影響の問題は残るという趣旨の発言があった。
充分議論する時間がなかったので、次回以後の課題として残すこととなった。

台所感覚も

食の安全についての幅広い話題で、また時には詳しく専門的に、そして松阪肉と輸入肉とのおいしさの等級比較や安全性比較など台所感覚の話もあり、楽しく有意義な3時間でした。           事務局



トップページ   サイト・マップへ    行事トップ