報告

人口減少時代のまちづくり 7回奈良自治大学第1課程

1115()に「第7回奈良自治大学」第1課程として奈良女子大学教授の中山徹氏を講師に迎え標記の講演が行われました。

講師は最初に、日本の人口の推移と将来の人口予測について、総務省の統計をもとに述べられました。

100年後には人口が三分の一

明治33(西暦1900)の人口は4384万人、ちょうど100年後の平成12(西暦2000)の人口は12666万人でほぼ3倍になっている。ところが平成16年をピークに減少に転じ、次の約100年後の西暦2105年には、総務省予測の中位の数字で4459万人と約3分の1になっている。これは、女性の合計特殊出生率が1.3と非常に低いためである。人口構成もいびつとなり、14歳以下の年少人口は8.6%、65歳以上の老年人口は40.6%である。

    少子化対策で穏やかな人口減へ

これは、出生率の1.3という低さからきている。このような人口の激減はくい止めなければならない。女性への意識調査によると子供を産みたいが産み難いという社会的理由、経済的理由があり、それらが解決すれば、出生率は1.75ぐらいになる。確かにヨーロッパ先進諸国でも一時は出生率1.3程度まで落ちたが、諸施策による育児環境の充実で出生率1.71.9に盛り返している。

この話の中で、奈良県の出生率は全国で低い方から2番〜4番を常に維持していることも知らされた。とにかく日本は「少子化対策」をうんと頑張り、人口減は穏やかにしていかなければならない。だが、いずれにしても人口は減少する。

    人口減少に伴う課題と利点

話は本題の「まちづくり」に入ってきた。

日本では、人口や産業が減ると衰退という意識が強く、いまだに自治体は大きくすることで市民生活を活性化しようと、開発行政を進める傾向がある。財政の仕組みが、人口が増えるほど自治体は豊かになるようになっていることも後押ししているようだ。しかし、人口減少時代にはこのような計画の大半は頓挫し、それこそ地域の衰退を招く。

また、人口減少に計画的に対応しなければ起こる問題についていくつか指摘があった。空き家が増えてくると防犯面での問題が出てくること。人口が半分になれば、同じインフラ(下水道や道路など)の維持コストが2倍になること。商業施設が成り立たなくなり姿を消すことなどである。

他方、空き地を計画的に活用すれば、自然環境の再生を図れるという利点もある。人口や産業が多少減っても人々の暮らしは悪くならない、より住みやすい町になるように、計画的な「まちづくり」が大切であるとして、写真を示しながら、海外での取り組みの具体例を紹介された。

   減築・建物撤去で緑化と住環境の改善

最初はドイツの例である。高層団地の住人が半減してきて、まずとられたのは、減築・建物撤去である。12階建てを6階建てにする、2棟を1棟に減らすなどである。空き部屋をなくし防犯面を解決できる。また維持コストも節減できる。残す建物はきちんと改修し居住性を向上させる。空き地は緑地にするなど住みやすい環境にしている。

さらに建物を群としてまとめて撤去し、空き地をより有効に活用する例も出ている。

より進んだ計画としては、中心部の住宅地は残し、周辺部の住宅地は撤去することにより、まち全体の規模を縮小し、公共交通の経路や上下水道などのインフラを合理的な規模にすることもできる。

    自動車専用道を撤去し、清流の再生

韓国の清渓川の再生も紹介された。清渓川はソウル市の中央部分を流れる小さな川であるが、戦後の経済成長の過程で埋め立てられ道路に変えられ、さらにその上に高架の自動車専用道路を造っていた。この自動車専用道路を6kmにわたって撤去し川を再生する事業であった。再生後は市民や観光客が散策し、デートスポットにもなっている。韓国は国際化を追及しているが、自動車交通量を抑制し、都心部に自然環境を回復させることが国際都市の不可欠の条件として位置づけてのプロジェクトであったようだ。交通渋滞の不安についてはバス路線の充実で対応している。

そのほか、工場跡地や廃棄物処分場跡地などを大規模な森林に再生させていくイギリスのコミュニティ・フォレスト事業も紹介された。

    高齢者などにやさしく、町を活性化するLRT

最近ヨーロッパで普及しているLRTについても言及された。

LRTは、路面を走る電車で、車両が低床で、表面に突起物が無いなど徹底した安全対策がとられており、まちづくりと一体で進められているのが特徴となっている。フランスのストラスブールでは、市長選の争点となり、勝った市長がLRTを導入した。

一般的にLRTの導入では、自動車交通を規制している。また、郊外では鉄道路線、都心ではLRT路線、さらにバスというように他の公共交通機関との連携を密にしている。そして、独立採算ではなく財政的措置を取ることにより料金を低く抑えるなどの措置・工夫をしている。

その結果、公共交通を使う人が増えた。高齢者や障害者などが都市内で移動しやすくなっただけでなく、いままで郊外へ車で買い物に行っていた若者がまち中へ戻ってきた。さきのストラスブルグでも、最後まで反対していたのは都心部の商売人だったが、LRTが開通すると商店街は昔のような活気を取り戻している。

    地域で暮らし続けられるまちづくり

ヨーロッパの美しい街並みを守る景観計画についても語られた。日本には日本の美しさがあり、時間をかけてそのような歴史的景観を再生していくことが必要だ。特に奈良市は他の都市にない、京都市ともまた違った観光都市としての特徴がある。県庁所在地で、国宝も多く、ほとんどが徒歩で回れて、町屋もある。そのような個性を生かした景観計画、まちづくりが大切だ。

写真による沢山の具体例と講師の詳しい説明で、講師の著書に書かれているキーワード「地域で暮らし続けられるまちづくり」、「第1次産業や教育・医療・福祉中心の産業」「個性ある地域」などの内容が少し分かったように思えました。       ( S.

 

トップページへ  サイトマップへ   研究所の行事ページへ