報告

自立(自律)のむらづくりを考える 

「子育て応援宣言のまち」岡山県奈義町 訪問

 

5月20日〜21日、6名で奈義町を訪問しました。川本副理事長の大学時代の友人・森藤政憲さんが奈義町議をしている縁で、森藤さんに一切の段取り案内をしていただき、大変スムーズに有意義な視察ができました。

 奈義町は岡山県北東部、那岐山麓にある面積69km人口6200人の小さな町。合併の是非を問う住民投票をして単独町制を決定し、子育て応援宣言をしてたくさんの施策をしてきました。合計特殊出生率2.81の驚異的な出生率の秘密はどこにあるのかを知りたくて今回の訪問となりました。

 20日()朝8時、6名が車1台に同乗して奈良地方裁判所前を出発。道路は空いていてスムーズに走り、11時15分奈義町役場に着きました。

ここで森藤さんに会い、時間があるので、那岐山麓にある菩提寺の大イチョウを見に行きました。着いた途端、ドーン、ドーンの乾いた音が響く。大砲の音だ。ここには自衛隊の日本原駐屯地、演習場があるのだ。大イチョウは樹齢900年、たくさんの根、枝を張っている。古木の風格はすごいものです。那岐山麓山の駅で特産「なぎビーフ」のハンバーグ弁当を食べる。緩やかな山麓、遠くのたおやかな山並みを見ているだけで美味しくなります。

これぞ、おもてなし

13時少し前に奈義町役場に入る。役場には「自衛隊との共存共栄の町奈義町」「子育て応援宣言のまち・子育てするなら奈義町で!!」「ぎょーさんあるいて!でーれー健幸〜奈義町歩いちゃおう運動〜目指せ一日7000」の大きな垂れ幕。なんと玄関には「歓迎 奈良自治体問題研究所 御一行様」の大きなポスターが貼ってある。廊下にも会議室にも小さな歓迎の幟がある。これには感激するとともに、いいかげんな視察ではいかんと気を引き締めました。

交流はお互い勉強になる 

会議室での説明には、副町長、議長、森藤議員、6名もの職員が対応してくださいました。

  副町長、議長は、H14年に住民投票で合併しない選択をしたことで住民の結束力が付いた。花房前町長の8年間に子育て施策の充実を行い、それが2.81の出生率に結びついた。奈義町は那岐山、滝山の山麓、自衛隊の基地がある。強風が吹くため果樹はダメで、根菜類等いろいろなものをつくっている。NHKスペシャルが全国放送してから視察が多くなったが、交流できて勉強になるとそれぞれあいさつされた。

 各質問には若手職員が説明対応してくれました。

 

合計特殊出生率2.81達成の鍵は”安心感”

 人口減少・少子高齢化への対策として、町独自の子育て支援策、若者定住施策、就労対策を積極的に進めてきた結果、日本一級の合計特殊出生率2.81が達成できた。施策の一例として、出産祝い金(第3子なら20万円)、高校生までの医療費無料、在宅育児の保護者に月1万円交付、保育料の減額、高校生の通学バス補助・・・さまざまな町単独事業、幅広いメニューを揃えている。+αの費用は8000万円程度。これで子供をたくさん産んでも大丈夫という安心感が生まれる。子ども3人以上が当たり前、2人では少ないという雰囲気になっている。子ども2人では上下関係のまま続いてしまうが、3人では社会の関係になって社会性が育つのでいいと。

 若者向けの一戸建て町営賃貸住宅の建設、工業団地への企業誘致も行っている。その結果が2.81であり、人口の転入増となった。財源は、経費削減、人員減、6万円少ない()給料、ボランティアの養成で対応していると説明されました。 

 合計特殊出生率2.81達成の鍵は”安心感”

・子育ての負担が軽くなって安心(町が出生から大学卒業まで経済的支援)

・子育ての悩み相談ができて安心(チャイルドホームを中心に様々な人と)

・町のみんなが子育てを応援してくれて安心(登下校の見守り、学校支援ボランティアなど)

・住むところがあって安心(若者住宅、グリーンビレッジ奈義など)

伝統芸能の継承と新しい文化の創造

 歌舞伎は江戸時代から全国各地で演じられてきたが、今ではほとんど姿を消した。横仙歌舞伎は奈義町を中心として生まれたもので、今日まで根強く継承されている。有志で保存会を発足し80人の会員がいる。歌舞伎伝承のための町職員も採用されている。年4回の定期公演、県外への19回の出張公演、他の保存団体の支援活動も行っている。プロから指導してもらって独自の研修、演目を行い、後継者育成として子ども歌舞伎教室も開講しているとのことです。 

現代美術館は、22年前に建築家・磯崎新のプロデュースにより建てられた、作品と建物が半永久的に一体化した美術館。作品を展示している部屋は、「大地」「月」「太陽」と名付けられている。学芸員が2名配置され、リピーター獲得のため月1回のペースで企画展を行っている。年間2万人の見学者があると説明されました。

自然を生かし、組織化を進める農畜産業

 乳用牛、肉用牛、豚の畜産業が基幹産業であるが、高齢化、後継者不足が懸念されている。「なぎビーフ」「おかやま黒豚」のブランド化、販路拡大を図っている。農業の担い手の育成として認定農業者の認定、集落営農組織の設立を進めている。また、地産地消、六次産業の推進も行っていると説明されました。

 視察団からの質疑、感想に対して、

@ 0〜3歳児は保育園へ、4〜5歳児は幼稚園へと限定している理由はなぜかについて、奈義町には昔は幼稚園しかなく、保育園は後から生まれた。歴史的な経緯で4〜5歳児は幼稚園へとなっているだけ。当然、幼稚園も延長預かりしている。

A 保育料の減額等の子育て予算はどうしているのかについて、町全体の予算が40億円、子育ては126,000千円、3%で財政を圧迫している。しかし、自衛隊の補助金等(町予算の710%)、過疎債で財政をまかなっている。建設、基盤整備はほぼ終わっているので、ソフトに回せる。職員の給料が低いとの報道があったが、職員の年齢が若いのでそう見えるのだろう。

B 横仙歌舞伎の維持費はどうしているのかについて、町補助金は36万円、後は団体寄付を集めている。

C 若者は何の仕事をしているのかについて、町内工業団地の労働者650名のうち、町内労働者が100名。近隣市町村にも工業団地がある。

D 集落営農はどう組織しているのかについて、営農組織の代表者には町OB、JAのOBが多い。集落営農、個人農家を集めて情報共有を図っている。

E 町立で美術館持っているところはない。学芸員2名もいるとは信じられない。

F 畜産の後継者はいるのかについて、肉用牛は全部後継者がいる。しかし新規就労者はいない。

G 六次産業化の具体的なものは何かについて、里芋焼酎、イチゴを使ったデザート等で、岡山駅でも販売している。

 最後に森藤議員から、合計特殊出生率2.81達成は福祉のまちづくりを20年間続けてきた成果だ。予算のどこを削ってどこに持っていくかではなく、金の重点をどこに置くかだ。きめ細かな様々な施策は議会(森藤議員等)から提案しているものが多い。自衛隊の町だからできたというのも一理あるが、その金を福祉に使ったのがえらいのだと補足説明がありました。

 2時間以上の視察を終え、歓迎の幟をいただいて奈義町役場を出ました。

 子どもも大人も育てるチャイルドホーム 

奈義町子育て等支援施設「なぎチャイルドホーム」を視察しました。「なぎチャイルドホーム」は自主運営からスタートし、今は旧保育園の後を使って町営施設となっています。常勤嘱託3名、非常勤3名とママさんボランティア等で運営していて、運営は任され、使い勝手がよいとのこと。

気軽に参加できる雰囲気をつくり、ママさん当事者に1年のボランティアをお願いしている。それが小中のPTA、まちづくり参加へと成長してもらえばいい。スタッフはママにやってもらえるよう援助する。丸投げではない。リーダーをどう見つけるか、どう育てるかに苦労している。今、空き時間に子どもをスマイルに預けて、ママが少しボランティアするようなことができないか方向を探っているとのことです。人を育てる、組織づくりの基本を教えられました。

 次に、森藤さんの案内で「若者住宅」を見学しました。家賃5万円の木造2階建一戸住宅です。これならみんな住みたいと思わせるいい建物です。隣の従来通りの町営住宅が非常にみすぼらしく見えました。

 スケートボード場、広場、多目的グラウンド、テニスコート、野球場等も見学しました。とにかく広い!北海道からも合宿に来るといいます。

 民宿「さわ」での夕食には森藤さんも来ていただき、賑やかに交流会をしました。差し入れの里芋焼酎は美味しかった。

奈義町は見所がいっぱい

  21日()朝9時、森藤さんの案内で、今年から始めた「庭開放」個人の庭とは思えない美しいバラ園を鑑賞しました。次に、町予防介護施設「ウォーキングプール」を見学。朝早くから水中を何人も歩いていました。垂れ幕の「ぎょーさんあるいて!・・・」はこれか!

 奈義町現代美術館へ入りました。昨日役場で説明してくれた学芸員がわかりやすく熱心に施設を説明してくださったので、よく理解できて素晴らしさが実感できました。水面と那智黒石にワイヤーを揺らした「大地」、円筒の中に龍安寺石庭をつくった「太陽」、音が響き合う「月」、綿密に計算されてつくられています。特に斜めにつくられた「太陽」の中は非日常的で面白かった。日本画家・森山知己の企画展、太陽光を取り入れた図書館も見学しました。学芸員はさすがだなと思いましたが、22年も前にこんな美術館を小さな町がつくろうと発想したことが信じられないです。

 なぎビカリアミュージアムにも行きました。1600万年前、奈義町は熱帯の海でした。産出された貝の化石(ビカリア)を保護し、自然科学の教育の場としようと町が施設をつくり、地元が運営しています。我々もトンカチを借り、強い陽差しの中、岩を砕いて化石を探す。熱中症になるほど熱中してしまいました。

 戦車、高射砲の並んでいる自衛隊基地をぐるっと廻って、那岐山麓山の駅に戻り「おかやま黒豚」の弁当を屋外で食べる。風に吹かれてたおやかな山並みを見ながら食べるのは格別でした。

 ここで森藤さんにお礼を言って出発。休まず一気に走って、2時間余りで奈良に着きました

 中山間の小さな町でここまでできるのかと感動しました。            (事務局 城)


追加報告 1     

「2.81」と奈義町の挑戦

 奈義町役場に着いて、まず大きな垂れ幕が目に付いた。「自衛隊との共存共栄のまち奈義町」「子育てするなら奈義町で!!」 自衛隊と子育て、これがこの町を理解するポイントであることがわかる。役場入り口に進むと、「歓迎 奈良自治体問題研究所様」とある。こちらが恐縮するほどの歓迎ぶりである。
 2014年に「子育て応援宣言」をしたこの町は、2014年度の合計特殊出生率が2・81で「日本一」級という「快挙」を達成した。NHKの放映により、一挙に全国の注目を集め、町はこれを積極的にPRしている。

町独自の子育て支援策の充実振りは目を見張るものがある。2016年度だけを取り上げても、高校生就学支援金を9万円に増額、保育料を大幅引き下げ、出産祝金の拡充、在宅育児支援金の支給等きめ細かい支援がなされている。定住化に向けた住宅施策も充実している。若者住宅でいえば、家賃が月5万円で、集合と戸建がある。地元産材をつかった感じのいい住宅であった。

 このような施策の多くは、議員提案を受けとめて、町が積極的に実施しているとの説明があった。

 もう一つ注目されるのは自衛隊との「共存共栄」である。自衛隊の日本原演習場は奈義町の分だけでいえば町の約17%を占める。町は自衛隊演習の「迷惑料」を定住・子育て支援対策の一部に当てている。充実した施策にはこうした一面があることは事実だが、問題は「補助金」を何に使うかということだろう。

無駄な箱物を作っても、有効に利用されなければ無用の長物にしかならない。介護予防施設「ウォーキングプール」や子育て等支援施設「なぎチャイルドホーム」などを見学したが、町民にとって何が必要かよく考えられた施設だと思う。

ちなみに、チャイルドホームは「子どもと大人が世代を越え出会い・ふれあい、互いに心を通わせ、育ちあえる」場となっており、つどいの広場「ちゅくしんぼ」ではつながる(異年齢のふれあい)・育ち合う(さまざまな遊び)・体験する(リズムを楽しんだり料理したり)、子育てサポートスマイルでは応援する(一時的な預かり)・つながる(会員同士の交流)形で、出会い・ふれあいが行われている。専任のスタッフとともに、ボランティアがいろんな形でサポートしているのもすばらしい。

 今回の視察は、奈義現代美術館や化石博物館「なぎビカリミュージアム」の見学も含めて、実に充実したものであったと思う。
                                                                ( 副理事長 前 圭一

追加報告 2

簡単な感想と子育て施策の補足 

○ 初めて訪問した奈義町は風光明媚な土地で、町域の大きな部分がひとつの盆地になっている。後で気が付いたことだが、昔、マングローブが生い茂っていた汽水域だったことと関係しているのであろうか…。
妻の実家は、山を越えた東隣りの美作市だが、ここは山また山で、細長い川沿いの所々に開けた集落が続く地形であり、大きく異なっていることに驚いた。ちなみに、積雪は奈義町では数センチ程度とのことだが、山間にある妻の実家では最近は少なくなったが結婚した当時は1メートルを超えていた。
○さて、子育て施設と就学前の施策について少し補足してみます。参考になれば幸いです

保育園 町立で1ケ所 
定員100名 6ヶ月〜4才未満まで
保育時間 7:3018:30(延長保育含む)
人所児童数 0才児 3名 1才児 30
         2才児 24 3才児 38名 
           95名 (16年度)
09年度に土曜日保育を実施
保育料は16年度に大幅引き下げ
      (国基準の55%に)


幼稚園  町立で2ケ所 
年少クラス、年長クラス合わせて98名が入園(15年度)
授業料 4500
預かり保育  降園時〜18:00
預かり保育料 月10日未満1日500
          月10日以上 10000
15年度に土曜日預かり保育を実施

★ 幼稚園ではほとんどの子どもが預かり保育を利用しているとのことなので、実質保育園化しているのではないでしょうか。幼保の接続をどうしているのでしょうか。

病児・病後児保育
奈義ファミリーリークリニックで実施
定員 4
6ヶ月〜小3まで 1回 2,000


出産祝い金
第1子 10万円  第2子 15万円
3子 20万円  第4子 30万円
5子 40万円

○一番こころに残ったのはチャイルドホーム 国の施策では子育て支援センターになると思いますが、組織を作りながらそれを下の世代につないでいる そういう意識を持って運営しておられる そういう努力は共通したものなので話が長くなっていました。
旧保育園舎を使っていることが子どもの背丈に合った施設になっていること、それに公立の施設であることが住民の中に根を下ろしている背景ではないかと思ったしだいです。                                                                  (事務局 竹本)

                                                                           

トップページ   サイト・マップへ    行事トップ