農家民宿に泊まる理事 中村 篤子

 

昨年、父の墓参の帰り、農家民宿に泊まってみようと思いつきました。だいぶ以前に、奈良民報に掲載された山添村の奥谷さんの記事が、印象に残っていたからです。

奈良県地域振興部のHPでは農家民宿を、「農山村の魅力をまるごと体験できる農家民宿。豊かな自然や美しい景観、美味しい郷土食や文化など、人々とのふれ合いを通じながら堪能できます。都市農村交流への関心が年々高まる中、農家民宿は最も注目を集めています。」と紹介しています。

20034月1日から、農家民宿に関する旅館業法規制緩和措置で、33 u未満(小規模)でも、簡易宿所の許可が受けられるようになりました。その後、消防法・道路運送法・農地法・酒税法の規制緩和措置が実施され、県によっては独自の緩和措置も取られ、全国的に展開されているようです。

ネットで探し、兵庫県豊岡市但東町の「善」に泊まることにしました。冷房も入ってないのですが、周囲の緑・田畑、そしてグリーンカーテンがとても涼しいでした。囲炉裏端で食べた夕食は、自家製のお野菜料理がふんだんのご馳走です。子どもたちも、手の込んだお野菜料理に感激しながらいただきました。お風呂は、手作りの五右衛門風呂を楽しみました。部屋も家の周りの空気もユッタリしていて、時間と空気の流れ方が落ち着く空間でした。民宿の中には、昔のカマドが残されており、初めて見る子どもたちと見とれていました。帰りには、ゴーヤなどたくさんのお野菜をいただきました。

ここでは、一泊に一組しか受けないようにされておられるようで、他のお客さんがおられず、余計にユッタリ過ごしました。初めて来たのに、「田舎に帰ってきたみたい」な気持ちにさせていただきました。私は大阪市内、父親は奈良市内が出身で、子どもたちには「田舎」がありません。農家民宿は、そんな家族にはうれしい宿泊施設です。

みなさんも、利用されてはいかがでしょうか。


トップページへ     サイト・マップへ        今月のエッセイ