年頭に思うこと

                                       副理事長  前 圭一

私は今年の年賀状に次のような一文を書いた。

「2011年3月の東北大震災から学ぶこと。日本社会は、持続可能な社会への根本的な転換が求められている。原発廃止と再生可能エネルギーへの転換・石油依存からの脱却・農業再生・新自由主義経済から共生経済へ。」

この文に、私の思いを込めたつもりだ。昨年の東北大震災と、最悪レベルの事態を引き起こした福島第一原発の事故は、私たち日本人にこれまでの日本社会のあり方と個々人の生き方の根本的転換をせまっているように思う。そこで、いくつかの点について、思いつくままに述べてみたい。

 

 まず今回の大地震はその規模からしてまさに巨大地震そのものだが、これに匹敵するような地震が平安時代に起きていたことが明らかになった(貞観地震)。それにしても1000年前の出来事である。我々日本人は地震と火山と台風の巣のような所で生活している。もし、今地殻大変動の時代に入っているとすれば、これから次々と大災害に見舞われる可能性がないとはいえない。

最近読んだ本(『神々の指紋』(上下、翔泳社)の中で、今から1万年以上前に2012年が「地球破滅の年」になるという予言が示されているとあった。これは、数千年いや1万年を超すと思われる長期の天体観測の結果に基づくもので、にわかには信じがたいことだが、地球に関する深い知識を持った高度な文明が氷河時代の最後に繁栄していたとしている。

こうした「予言」を信じるかどうかは別として、ある研究者は、エジプトのギザのピラミッドもファラオ(王)の墓ではなく、オリオン座の3つ星に照準を合わせた天文学的配置がされていることを証明した。惑星の引力の影響などによる地球の歳差運動により地殻の大変動をもたらすとする地殻変動説が正しいとすれば、巨大な地殻変動を現代科学の力で抑え込もうとしてもとうてい限度があるのは自明のことである。(ちなみに、この本には紀元前1万1000年から前1万年前の最後の氷河期の終わりに、南極大陸が現在の位置よりも3200キロほど北にあったのが現在の位置に移ったという理論が紹介されている。)

地震も火山の噴火も人間の力で止めることは不可能だ。武田信玄が信玄堤を築いたとされているように、ダムを作ったりして力で抑え込むのではなく、自然の力をよく観察して、被害を最小限に食い止める知恵と技術力が求められてくるのではないだろうか。八ツ場ダム一つ止められない日本の現実は、未だに利権構造に基づく古い発想が大手を振るっていることの証左であり、嘆かわしい限りだ。

 

 最近、「豊かさ」とは何かを問う声がよく聞かれる。復興の掛け声の中で、未だに「経済成長」云々が幅をきかせているのが現実だ。我々は今こそ「豊かさ」の幻想を捨てるべき時期にきていると思う。原発がゼロでもエネルギーベースでは1987年レベルだとある研究者が指摘している。今から25年前、日本は国民総中流意識の中にあり、十分「豊か」だったのではなかったか。ある対談で、ナマケモノ倶楽部世話人の辻信一氏が次のようにのべているのを紹介しておきたい。

 「アインシュタインがこう言ったそうです。『ある問題を引き起こしたのと同じマインドセットで、その問題を解決することはできない』。この1、2年、世間は地球温暖化という問題で大騒ぎです。去年まで地球温暖化なんてどこ吹く風という感じだった政治家や経済人でさえ、環境問題の専門家みたいな顔をしはじめている。でもどうなんでしょう。地球温暖化みたいなことを引き起こしたしまった「マインドセット」(型にはまったものの見方、考え方)を反省して、そこから抜け出そうとしている人はなかなか見当たらない。むしろ、「豊かさ」という幻想を抱え込んだまま、「経済成長」というマインドセットにしがみついたまま、なんとか問題が解決できるかのようにふるまっていますね。石油に代わるものは原発であるとか、バイオ燃料であるとか。」(『テクノロジー革命〜非電化とスロービジネスが未来をひらく』、大月書店) 

蛇足でいえば、環境に悪いと自動車の免許を持たなかった私のような人間からみれば、オイルピークを過ぎ、40、50年先には確実に可採埋蔵量がゼロになる石油を使った車を乗り回している人間は馬鹿にしかみえないといえばいいすぎだろうか。ちなみに、私は自転車が人類最高の乗り物だと信じており、時代の「先覚者」を自任している。

 

 最後に「土」について強調しておきたい。TPPが成立すれば、日本の食料自給率が14%まで落ち込むという試算を農水省が行っている。日本農業が壊滅的打撃を受けるのは明らかだ。日本の農業は今でも危機的状況にある。そんな中でのTPPは日本農業を完璧に崩壊させるだろう。したがってTPPに反対するのは当然として、この際地球レベルで農地がどのような状態に置かれているかを考えることは極めて重要になってくると思う。

実は土は「私たちのもっとも正当に評価されていない、もっとも軽んじられた、それでいて欠くことのできない天然資源」である。我々の文明の「繁栄と衰退の間にあるのはわずか数十センチの土であり、土を耕作しつくした文明は消滅する。」しかない。「全世界で年間に推定二四〇億トンの土が失われているのだー地球上の人間一人あたり数トンである。」(以上引用、『土の文明史』、築地書館)

地球の人口予測からして、食料不足や飢饉の蔓延が深刻化するのは明らかだ。一見物があふれているように見える日本では、この土の喪失や化学肥料と農薬の多投による土壌の劣化について憂慮している人はごく少数だろう。私は3年間長野県の北部の豪雪地域で築200年以上の古民家を借りて、作物も育ててきた。集落はかつて24戸あったらしいが、現在元から住んでいる家は8戸のみである。集落のまわりは耕作放棄地がいっぱいである。ほとんどが高齢者で、後継ぎのいる家はほとんどない。典型的な限界集落である。このような集落は特殊な事例ではない。多かれ少なかれ日本の農家はこのような状況に置かれつつある。農薬や化学肥料を使わず、生きた土壌から健康な作物を育てる、中山間地域の小規模農家をしっかり支える、このことに農政の基本が向かわなければ日本の未来はない。

私はこの度、長野県の木島平村で農地付きの古民家を買い、奈良と長野の二地域居住を本格化させようとしている。「土」をしっかり見つめながら、これからの社会のあり方について、行動しつつ思考を深める1年にしていきたいと考えている。

トップページへ     サイト・マップへ        今月のエッセイ