台湾レポート(その2)理事 前 圭一 
―3つの歌と台湾史の"闇"―
                             

 2月に入り、台湾の新年にあたる春節を迎え、いろんな施設が利用できなくなりました。これまで資料・文献収集に集中してきて少しゆっくりしたいという思いもあり、この期間を利用して旅にでることにしました。

サヨンの鐘
 2月7日に台北を出発し、台中方面の南投市から水里へ、そこからさらに奥の雙龍という原住民の部落の民宿に泊まりました。この部落は、日本統治時代に移住政策によって山の奥の方から移住してできたとのことです。この民宿から台湾の中央山脈の山々の一部が見渡せます。朝の陽があたる頃の山々のシルエットはまるで墨絵の世界に入り込んだような錯覚を覚えるほどすばらしいものです。
 この民宿の主人の母親の姉が日本語がよく話せるというので、主人の奥さんが電話してくれました。やがてやってきたおばあさんは高子さんといって、たしかにきれいな日本語をしゃべりました。日本人が建てた蕃童学校の6年生の時が日本の敗戦で、勉強の継続ができなくなったようですが、医者になりたかったようで日本の統治が終わったことをいかにも残念がっているようでした。確かに植民地統治の必要性から来たとはいえ、日本の統治が台湾の社会資本の整備を行ったことは事実です。このことをどう評価するかは台湾の歴史を考える上で大きな問題だといえるでしょう。
 話している内に、カラオケに行こうということになりました。この120軒ほどの集落になんとカラオケボックスが4箇所もあるとのことでした。日本から伝わった"カラオケ文化"がこんな山奥の部落にまで根付いていたのは驚きでした。日本語の歌があり何曲か歌いましたが、おばあさんに曲目にある「サヨンの鐘」という曲を知っているかと聞くと、「この歌を聞くと悲しくなるんよ」といって歌ってくれました。

1、 嵐吹きて 峰のふもと 流れ危うき 丸木橋 渡るは誰ぞ
うるわし乙女 紅き唇 あーサヨン
2、 晴れのいくさに 出で給う 雄々し師の君 懐かしや
担う荷物に 歌さえほがら 雨は降る降る あーサヨン
3、 散るは嵐に 花一重 消えて悲しき 水煙 
蕃社の森に小鳥は鳴けど なぜに帰らぬ あーサヨン
4、 清き乙女の まごころを 誰か涙に しのばざる
    南の島のたそがれ深し 鐘は鳴る鳴る あーサヨン

 台湾東部のリヨヘン社という部落に生まれたサヨンは、現地の原住民の子弟を対象とした蕃童学校を卒業しました。この学校の教師を勤めた警官に召集令状がきて、出征することになりました。恩師の旅立ちに、サヨンは重い荷物を担いで山をでました。苔に濡れた丸木橋で足を滑らせて転落した彼女は二度と帰らぬ人となりました。
この話を知った時の台湾総督が感激して慰霊の鐘を作ってリヨヘン社に送りました。この話はやがて映画となり、古賀政男作曲で「サヨンの鐘」が作られたとのです。映画では、当時のトップ女優李香蘭(戦後の山口淑子)がサヨン役を演じました。この話は悲恋物語として映画化されていくのですが、日中戦争から太平洋戦争へとアジアへの侵略をすすめていった当時の日本は、この映画を総戦力体制に国民を動員していく思想動員の手段として作りあげたといえるでしょう。
事実、これからふれる高砂義勇隊として動員されていった原住民族の若者はこの「サヨンの鐘」を口ずさみながら勇躍戦場へと向かっていったのです。

高砂義勇隊の歌

1. 米英撃てとの大詔を 涙で拝む同胞が そうだやるぞとたちあがりゃ 
熱い血潮が身にたぎる 我等 我等 高砂義勇隊 
2. 男誉れの舞台なら なんで 生命が惜しかろう 挺身奇襲お手のもの 
第一線の花と咲く 我等 我等 高砂義勇隊
3. ジャングルなんぞ一跨ぎ 輸送任務に開発に 逞しいかな盛り上る 
腕に真鉄ひびきあり  我等 我等 高砂義勇隊
4. 国のためなら大君は 誠の勇み励むべし 東亜の鎮めと畏くも
生命を君に潔く 我等 我等 高砂義勇隊
5. 義勇隊たる本分は 国に忠に気は勇み 義は山よりも尚重し
御国の光を輝かせ 我等 我等 高砂義勇隊
6.勝たねばならぬこの戦 友よ今こそ一団の 炎ともえてまっしぐら 皇国のために進むのだ 我等 我等 高砂義勇隊

1月中旬、少しのんびりしようという気持ちも手伝って、台北近郊の烏來という温泉地に出かけることにしました。新店という電車の駅からバスに乗り、山間の道を30分もすると到着です。烏來とは原住民の言葉で滝を意味するようです。事実、バスを降りてから30分ぐらい歩くと大きな滝が見えてきます。
 私がこの地にきたのは温泉に入るということもありましたが、この地に建てられた高砂義勇隊の記念碑を見るということもありました。碑は滝を正面から見下ろす位置に建てられています。「霊安故郷」と刻まれた碑には「第二次世界大戦期間日軍征赴海外殞身台湾高砂義勇隊英魂碑」とあり、前総統の李登輝氏の揮毫によることがわかります。1992年に建てられたこの碑の建碑由来記には、6千余名が動員され、3千余名が犠牲になったとあります。
彼らは、正規の兵隊ではなく軍属の身分で運搬などに従事していましたが、"生きて帰れぬニューギニア"といわれた地獄の戦場では、スパイ学校といわれた陸軍中野学校の将校の指揮下で夜襲や偵察要員として重要な役割を果たしています。日本軍は、道もないジャングルで赤痢やマラリアに冒されて次々に命を落としていきましたが、台湾の山地で鍛えられ、密林の中で生活していく知恵をもった彼ら高砂義勇兵は飢餓線上の日本軍兵の命を救った恩人ともいえるのです。
 多くの犠牲にもかかわらず、彼らは日本兵として戦ったことを誇りに戦後を生き抜いてきました。もちろん、戦場で日本精神なるものの欺瞞性を見抜いた義勇兵の中には抜きがたい日本軍への不信感をもって台湾に帰っていった人がいたことも、聞き取りの中に証言として残されています。
それにしても、徹底して皇民化教育を受け、日本兵として誇りをもって出兵していった彼らに対して、戦後日本政府はわずかばかりの補償金を渡しただけなのです。日本につよい憧れをもちつつ、戦後を生き抜いた彼らは今80歳以上の高齢になり、1990年代に証言者として登場した人たちももう亡くなっているという状態です。この台湾滞在中に、彼らから生の声を聞いてみたいと思って関係者に当たってみましたが、亡くなられた方ばかりでした。こうして、彼らは完全に歴史の闇の中に消えていってしまおうとしています。
 ちなみに、私が特にニューギニアにこだわるのは、地獄の戦場であったというだけではなく、父親がニューギニアに派遣され、胸に弾を受け、傷病兵として内地に転送されたという肉親の体験があるからです。
 日本の観光客で烏來を訪れる人はけっこういるでしょうが、ガイドブックにもこの碑文のことはでていないので、この碑を訪れる人はまれだと思います。場所的にも少しわかりにくいこともありますが、残念なことです。もし台湾を訪れる機会がありましたら、ぜひ高砂義勇隊の碑を訪れてみてください。

幌馬車の唄と2・28事件
 
雙龍で2泊した私は、1930年に日本人百数十人が原住民に惨殺された霧社事件で有名な霧社に向かいました。観光で有名な日月潭を過ぎて埔里に行く途中に烏牛?戦役の大きな記念碑が見えてきました。
 1947年2月28日、台北市中で、闇タバコの取り締まりに端を発した民衆への大規模な弾圧事件は台北から台湾南部の高雄まで及び、数十万の民衆が犠牲になったといわれています。この記念碑はわずか40名たらずの学生が700名を超える軍隊と戦闘を行ったことを記念して建てられたものです。解説書によれば、2・28事件中最も激烈な武装対抗であったようです。
このどさくさに、国民党軍は多数の知識人を虐殺しました。台湾支配にじゃまになりそうな人物を消してしまったのです。
 日本支配の後台湾に入ってきた国民党軍によるこの2・28の弾圧を始め、国内戦に敗れて台湾に逃れてきた蒋介石が中華民国として台湾を支配して以降、白色テロを繰り返し恐怖政治を行ってきました。台湾民衆の自由と人権を求める運動は数々の弾圧を経て、ついに1991年「懲治叛乱条例」を廃止し、ここに台湾の暗黒政治は終止符を打たれることになります。この直接のきっかけになったのは1989年のジャーナリスト鄭南榕の焼身自殺でした。彼は私と同じ1947年の生まれであるだけに特別深い印象があります。
 この2・28事件で逮捕され、死刑にされた学校の校長がいます。1950年10月14日、台北の監獄から刑場に呼び出された鐘浩東校長は彼が最も愛する「幌馬車の唄」を歌いながら従容として房から出ました。するとあちこちから大合唱が広がったのです。
1. 夕べに遠く木の葉散る 並木の道をほろぼろと 君が幌馬車見送りし 去年(こぞ)の別離(わかれ)が永久(とこしえ)よ
2. 思ひ出多き丘の上で 遠(はる)けき国の空眺め 
夢と煙れる一と年の 心無き日に涙湧く 
3. 轍の音もなつかしく 並木の道をほろぼろと 
馬の嘶(いなな)き木霊して 遥か彼方に消えて行く
 私はこの歌をまったく知らないのですが、入手した『幌馬車の歌』という本の中には楽譜付きでこの歌が収録されているので、機会があればぜひ教えてもらって、一度口ずさんでみたいと思っています。犠牲者への鎮魂歌として。
 今、台北駅から南に少しいった二・二八記念公園の一角に「二・二八記念館」があります。この記念館は2・28事件にかかわる資料や写真などを展示しています。ここのボランティアの解説者の解説は実に熱情を込めたものです。なにしろ、事件の直接の目撃者であったり、当事者そのものであるからなのです。知り合いになったある解説者は自分の一人前まで銃殺されて、自分という番になって、「裁判なしで処刑してはいけない」という国民党の将軍の指令がでて助かったとのことで、まさに九死に一生を得たとしかいいようのない体験をされているのです。
 台北での見学でも、この記念館を見ていく人は少ないように思います。この2・28事件を知ることなくして台湾の戦後史は理解できないでしょう。今、証言してくれている人もやがては亡くなっていきます。今、ぜひこの「歴史の証言者」の声に耳を傾けてほしいのです。

 3つの歌をもとに、台湾史の闇の世界を見てきました。台湾滞在もあと1ヶ月半と帰国の日が迫っています。次回のレポートが送れるかどうかわかりませんが、資料探索も一段落しましたので、長い旅に出ようと思っています。そこで見聞したことを軽いタッチでレポートしようかとも思っています。なにしろ、今回のレポートはあまりにも重過ぎましたからーーーー。
                 2月14日 台北にて

トップページへ     サイト・マップへ        今月のエッセイ