台湾レポート
                                           理事 前 圭一

 2004年10月1日より半年間台湾に滞在し、研究生活を送っています。何か一文をと離日直前に依頼があって気になっていたのですが、これが中々むずかしいのです。旅行なら軽く旅行中に見聞したことを書けばいいのですがそうでもなく、また半年の滞在中ということになればそれなりに台湾の現実にふれているだろうと思われるでしょうが、現実は台北市内から数十分離れた大学に研修中で、いわば隔離された状態にあるわけですから、いろいろ見聞することも限られてきます。それに、言葉の壁もあり、日常会話がたいしてできないので、日本語ができる人以外会話もできない状態です。部屋にテレビもなく、新聞も内容が理解できない箇所がけっこうあります。ただ、一般の観光客と違うのはこうした制約はありながら、たえず台湾の現実を観察者の眼で見続けているということです。このレポートはその一端ですが、今述べたような制約条件の中で思わぬ誤解をしているかもしれません。

"お祭り"としての国会議員選挙
 台湾ではつい最近の12月11日に立法委員(台湾の国会議員)の選挙がありました。
台湾に着いてまず驚かされたのはこの選挙候補者のド派手な宣伝でした。バス一面に候補者の広告が貼ってあるんです。そして街中に幟があふれています。11月に玉山(新高山)国家公園内の3000メートル級の山に登ったのですが、こんな奥深い所でも候補者の幟でいっぱいでした。
 日本との違いに唖然とさせられましたが、事情を聞いてみると、数年前まで国民党支配下の制限選挙下にあり、選挙結果がわかっているので誰もまともに選挙に関心を持たなかった状況から、政治の改革が進む中で自由な選挙が行われるようになり、これまでの抑圧状況から一気に解放された形になったようです。こうして、まるで"お祭り"のような派手な選挙活動が展開されているというわけです。一時の熱気も冷め気味かして、派手な宣伝合戦の割には投票率は59%と立法委員の全面改選が行われて以来最低を記録したようです。
 さて、選挙は12月の最初と聞いていましたが、12日の日曜日とばかり思っていたら実は土曜日の11日に行われました。それで、選挙結果を報道した12日の新聞を買うのを失念してしまいました。後で新聞をコピーして結果を知ったという次第です。
選挙の結果は、国民党系が過半数を制するというものでした。ちなみに、現在の台湾の総統は反国民党の民進党主席陳水扁氏で、国会は国民党系(国民党、親民党、新党)が過半数を占めています。今回の選挙では、台湾独立派の民進党系(民進党、台連)が過半数を占めるかどうかが最大の焦点でした。台湾では国民党系を藍色で、民進党系を緑色で表現していますが、選挙結果は藍が114、緑が101でした。前回の選挙が115対100でしたからほとんど変わっていないのですが、過半数を占め改革を一気に進めようとした緑陣営にとっては相当ショックだったようで、新聞では陳総統の党主席辞任の可能性も云々されています。
台湾独立という問題は、「一つの中国」政策をとる中華人民共和国をもっとも刺激する政治課題であり、アメリカも中国への配慮から台湾独立の動きを牽制しています。そのような状況の下で、陳総統は台湾独立という政治目標の下に、今回の選挙を意識して「台湾正名」を掲げました。これは、たとえば在外公館などで中華民国領事館という表現から台湾領事館に変えるというものです。われわれ日本人には理解しがたいことですが、国民党政権は長い間公的に台湾という表現を使わせなかったようです。私がよく登山で参加している台湾国家山岳協会も、その名称の使用が許されたのはまだほんの数年前とのことです。陳総統は2006年に新憲法を制定する計画を進めてきましたが、ここで「空前の障害」に遭遇したことになります。
 台湾独立ということに関していえば、最近の議論として、国父は誰かというのがあります。当然清朝を打倒した辛亥革命の指導者で中華民国を成立させた孫文というのが通常の理解ですが、中華民国は大陸からやってきた外省人の国民党によって作られた政権なので、台湾人の国家を代表せず、したがって孫文は台湾の国父ではないというものです。
 
浸透する"日本文化"
 台湾の街を歩いていると、日本で今はやっているものが何でもあるという感じです。まず、コンビ二が至るところにあります。ほんとうにあっちこっちにあり、台湾の人にいわせれば台湾のコンビ二普及率は世界一とのことです。これは誇張でもなんでもないと思います。
観察したところ、これは台湾の食習慣と関係があると思われます。コンビ二と合わせて小吃(シャオチー)という食べ物屋がやたらに多いことも同じ現象で、要するに台湾の家庭では食事を作らないところが多いことに起因するようです。昼食なども街角で弁当を買ってたべるというのがごく一般的です。
 携帯電話の普及率はわかりませんが、これもかなりいきわたっているという印象です。日本と同じく、バスなどでは携帯で話す時は低い声でというような注意が表示されますが、若い女性などかまわず大きな声で楽しそうに話続けている風景を見かけます。カラオケもすっかり台湾に定着したようです。日本でいうカラオケボックスはKTVといい、徹夜で歌い続けるなんてことはざらにあるようです。高雄で行われた登山祭典の帰りのバスの中はカラオケの大フィーバーで、日本語の歌もけっこうありました。
 シャブシャブの店もあちこちで見かけますが、これは似て非なるものの代表です。これは要するに鍋で、肉も牛肉、羊の肉、豚肉があり、具も野菜がいろいろあります。白菜はなくてキャベツでした。サトイモが出てきた時は笑ってしまいました。寿司の店もあります。回転寿司も日本のまねです。コンビ二などでも寿司を売っています。でも、台湾の寿司はおいしくないというのが台湾在住の日本人の評価です。そんなわけで、一度も寿司屋に入ったことはありません。そうそう、吉野屋の店もあちこちにありますが、牛丼ならぬ鶏足の骨付き丼です。まだ入ったことはありませんがーーーー。
 ラーメンといえば中国が本場なので、台湾のラーメンもさぞおいしいだろうと思っていましたが、はっきりいって台湾のラーメンは食べられたものではありません。一度など、ある店で食べたのはまずいの一言でした。日本だったら翌日につぶれているでしょう。麺類はすべてまずいのかといえばそんなことはありません。ビーフンのようなものを使った大腸麺線というのはけっこうおいしくてよく食べています。大腸のかわりにカキが入ったのもあります。

地震と台風
 台湾は日本と同じく地震と台風がやってきます。日本では最近新潟の地震がありましたが、台湾では3年前の台中の大地震は相当大きな被害をもたらしたようで、台中方面に行くと、川がすごく荒れているのが目につきます。滞在中にも一度かなりゆれる地震がありました。
 台風もこの滞在中に3回経験しました。最後の台風は12月初旬にありましたが、さすがに12月の台風は台湾でも数十年ぶりのことだったようです。
 たまたま食堂でテレビを見ていたら、原住民が大規模な抗議行動をやっていました。
11月15日のことですが、台北の中正記念堂前に約1000人が集結して抗議集会を開いたのです。7月2日に水害があって原住民地区の山地の産業道路の修復が遅れているとして、陳情とともに政府の責任を追及するというものでした。

交通事情
 首都台北は車であふれています。ただバイクがけっこう幅をきかせていて、道路いっぱいに走っています。日本のように車が王様のように走っているのとは様相が異なります。この車いっぱいの台北は近郊の山や丘からみるといつもガスった状態です。
 台北で便利なのがMRTという電車です。市内の移動には格段に便利でよく利用しています。このMRTとバス両方が利用できる悠遊カードがとても便利でタッチするだけで改札を通ることができます。日本の「IKOCA」カードと同じです。MRTの車内は飲食や喫煙禁止で、違反すれば1500元(日本円で約5000円)の罰金が課せられます。駅の構内に食べ物の売店もありません。最近日本の駅の中ではやたらに店が増えてきたように思いますが、この点は台湾を見習ったほうがいいと思います。また、すべての駅というわけではありませんが、自転車を車内に持ち込めることもできます。自転車族の小生にはうらやましい限りです。それから、電車は随時やってきますので、MRTに時刻表というものはありません。
 台湾にはもちろん鉄道はありますが、もっともよく利用されている公共交通はバスです。台北から南部の高雄までは24時間運行されています。高雄まで4時間半で、運賃は500元(日本円で1650円)という安さです。ちなみに台北市内のバスは1区間15元(約50円)です。
 台湾でも台北から高雄まで新幹線の建設が進められています。近年に開通することになります。多分2時間ぐらいで台北高雄間を走るでしょうから、台湾の交通事情もかなり変わってくると思われます。
 以上、思いつくままに垣間見た台湾事情を綴ってみました。
                      2004年12月17日  台北にて

トップページへ     サイト・マップへ        今月のエッセイ