大阪都構想から道州制へ、という形で進んでいること  その1

                          林 彌富 (会員)

 

  表題の形で進んでいることを、一市民として全体の姿を把握しようとしてきましたが、 なかなか難しい。そこで私なりに、ノート風に纏める形で、取り組んでみました。

 1.「都構想から道州制へ」に関わって

 (1)関西広域連合議会での議論(朝日新聞2013.3.3

   3月2日に開かれた関西広域連合で、今夏行われる近畿の首長選に関わって、橋下徹大阪市長は、「広域連合として道州制をやるしかない。(首長も)推進論者で固めないと」と述べ、連合内の知事や指定都市の市長選に独自候補を擁立する意欲を示したという。これに対して、自民党の滋賀県議は「広域連合は道州制移行を前提にしないことで発足したはずだ」と批判。また連合会長の兵庫県知事は「広域連合は道州制にそのまま移行するものではない」とし、「橋本氏とは政治的主張に差がある」と距離を置いたという。

 (2堺市竹山市長の対応。竹山市長は、維新の立場で当選したのであるが、松井市長や橋下市長からの都構想に関わる大阪市・堺市の分割についての協議に参加要請があったとき、固辞したという。竹山市長は、堺市には固有の産業,歴史、文化があり、堺市の分割には反対である、という姿勢を議会でも表明して今も続いている。ところが、これとほぼ同じ時期に月を異にして、広域連合議会への参加はこれまで県議レベルの参加できたが、政令都市の代表も加わることになり、すでに昨3月には京都市と、大阪市の代表が加わり、4月には、神戸と堺市の代表も加わった。それは、国の機関を地方に移管するという理由からである。

 (3)大阪都構想の狙い

   まず、指摘しておきたいことは、大阪都構想のコアである、府市の境を取り払い、大阪市、堺市を分割するという発想は、橋下氏の個人的な考えだけではなく、昨4月には、自民、公明の政調会長による「大阪都」構想に関連する地方自治法改定案の要綱の合意があり、国会に提出され、大都市地域特別区設置法が出来上がっていることである。

   ここで改めて、「大阪都構想」の内容に関わりながら、その狙いをみておこう(森 裕之氏の指摘による.しんぶん赤旗2012年)。

   

「大阪都構想」とは、政令市である大阪市や堺市を廃止して中核都市並みの権限をもつ人口30万〜50万人の複数の特別自治区に再編し、「大阪都」に移行させるというものである。この構想の一番の狙いは、大阪の経済力が集中している大阪市の財源と権限を都に吸い上げ、大規模な開発行政を一元的・効率的進めることにある。

   都と特別自治区の財源配分についてみると、消防や水道などの行政サービスを特別自治区から都に吸い上げれば、その分だけ特別自治区で必要となる予算は減少する。また、「都」の都合優先で暮らしも圧迫されることが予想される。

 (4)道州制が実現した場合の一例

   岡田知弘氏が、具体的な指摘をしているので、見ておきたい(経済科学通信 No127 p5p6)。

   まず、道州制は地域経済にも深刻な影響をもたらす。大阪都を中心に関西州ができたとすれば、例えば京都府庁が有している約8000億円の財源と8500人の一般職員が、京都経済から消滅することになる。そうなると、京都市内だけでなく、府から財源配分を受けてきた京都府内周辺地域も大打撃を受ける。

   この点に関連して、岡田氏はさらにつぎの指摘をする。京都のことを受けて、このことは、古くは、明治前期に奈良県が堺県に統廃合されたことによって県庁所在地であった奈良町が衰退した史実や、最近では「平成の大合併」によって多くの広域自治体で周辺部の役場が消滅し、地域の衰退が加速した事実によっても、明らかである、という。

 (5)地域主権改革における「国の義務づけ・枠付け廃止」(渡辺治 クレスコ5月号2011

   これは、保育所の施設基準などを地方自治体の条例で定められるようにすること、「国の出先機関廃止」のもとで、ハローワークなどの国の機関を廃止し自治体に移管すること、「基礎自治体への権限委譲」の名のもとで、事務・事業を市町村に丸投げすること、「ひも付き補助金廃止」の名のもとで、地方自治体に「一括交付金」というかたちで資金を交付し、自治体が「自由に」使えるようにすること、などの改革がその柱になっている。

   こうすることによって、財政の苦しい自治体は、医療や保育、介護、教育などの支出を裁量で削減できるし、また開発におかねを投資したい首長は、福祉を削減して開発にふり向けることができる。こうして「地域主権」の名のもとで、自治体構造改革を安定的に進められるというのが、その狙いである。(つづく)


トップページへ     サイト・マップへ        今月のエッセイ