太陽光発電を設置して

 

                          小峠 憲司(監事、奈良自治労連)

はじめに

 福島第1原発の大事故はいまだに終息のめども立たず、改めて原発の恐ろしさをひしひしと感じます。一日も早く日本中の原発を廃炉にしたいものです。

 2013年9月に発電を開始して3年経ちましたので、この間の経過報告です。

 

  20103月に県庁を定年退職し、在職中から協力してきた奈良自治労連の職員となり、組合活動を続けることになりました2011年3月11日の大地震の日には湯河原で研修を受けていたのですが、ホテルの1階でもすごい揺れでした。東北から来ていた参加者はテレビの前にくぎ付けになってしまいました。

 6月に陸前高田市に自治労連の一員として微力ながら復旧の手助けをしてきました。現地は津波で建物はことごとくつぶされ、漁船が家の上に乗っているような状態でした。目を覆いたくなるような悲惨な状況でしたが、地元の人は家に戻り、復旧に動き始めていました。もし、ここに原発があったらと思うと、恐ろしいことです。

 

 大震災後、すべての原発は停止しましたが、政府は次々と原発を再稼働することを進めています。昨年、経産省は2030年の電源構成を発表しましたが、電力9,808kwhの内原子力を2022%としました。原発の安全性に疑問を持つ世論に配慮して大震災前の29%より低く抑えたとのことですが、稼働から40年以上の老朽原発の運転延長をしなければこの数字にはなりません。福島第1原発の先行きが見えないのに、全く腹立たしい限りです。 再生可能エネルギーは2224%としています。

 

太陽光発電所を作ろうか?

 大震災後、再生可能エネルギーの話題も多くなり、2012年に固定買取制度がスタートすると、太陽光発電の営業の電話がよく入るようになりました。家で使う分ぐらい自分で発電できたらと、家庭用の太陽光発電を乗せようとしましたが、残念ながら屋根に乗せられないことが分かり、やめようかと思いましたが、10kw以上の設備なら全量買取してもらえるとのこと。屋根につけるのはやめて空き地に設置したらどうかなと、検討することにしました。

 空き地には、資材置き場にしていたコンクリート構造物があるので、その上に設置するとどうかなと、5社に見積もりをお願いしました。

 業者の技術力も色々で、平地にしかできないという業者もありましたが、結局、18kwの太陽光発電を設置できることが分かりました。

 

 課題1 「市街化調整区域での設置」

 私の住んでいる地域は調整区域なので、構造物を作るのに色々制約があります。設置しようとしている場所は現在は農地ではないのですが、地目は田になっていて、これを雑種地に地目変更しなければなりません。通常、農地を雑種地や宅地に農転するには、農転申請してから結構時間がかかるので、さてさて。とりあえずこの土地が農転可能かどうか、農業委員会に聞きにいきました。この土地は農転可能の地域とのことでした。

 太陽光発電を設置するので農転の手続きをしたいと伝えたところ、担当の方は、この土地はかなり前から資材置き場になっていることを知っているとのことで、改めて農転申請をする必要はないとのこと。法務局に地目変更の申請をするとき、登記官に話せば、農業委員会に確認の問い合わせがあるので、その旨回答するとのこと。(ラッキーですね)

 早速、法務局に地目変更の申請をして、無事、地目が雑種地になりました。

 

 課題2 「建設資金」

 次に、建設資金です。約650万円必要です。業者の説明によると、発電の収入で投下資金は約10年で回収できるとのことですが、??  資金はどうしようかと調べていましたら、政策金融公庫の低利の融資があることを発見しました。15年返済で年利1.25%です。これでいくと、年間の発電量が予定より少なくても返済が可能だと判断しました。自己資金も余裕がないので、全額借入することにしました。

 借入をするのに、この土地を担保にするのですが、この土地に未登記の建物があったのです。金融公庫はこの建物の登記が条件だというので、仕方なく建物登記をしました。(これはちょっと困った)

 地目変更も、建物登記も土地家屋調査士や司法書士にお願いするとお金がかかるので、法務局でちょっと教えてもらって自分でしました。

 地目変更も、建物登記もできたので金融公庫の融資が決定しました

 

いよいよ工事です

 

 5月に契約をして、工事は8月から9月まで

 部材の組み立てが始まりました。ちょっと部材が細いのでは?と業者に指摘しましたが、問題が出れば手直しするとのこと。たよりないなぁ・・・。

 9月27日に関電との接続工事。

 2013年9月29日午前11時に発電開始しました。

いよいよ発電開始

 問題発生 「電圧抑制?」

 発電開始当初から電圧抑制がかかり、天気のいい日でも9kw程度の発電しかしてくれませんでした。

 電圧抑制というのは、発電した電気を電線に入れるときに、発電所の電圧が電線側の電圧よりも高いことが必要ですが、電線側の電圧が上がってきてそれ以上電気を入れられなくなることです。

 設置業者に関電と調整してほしいと依頼したのですが、業者は関電には言いにくいので、お客様から関電に直接連絡してもらった方がいいとのことでした。そんなもんかなと思いながら、早速関西電力に連絡して、電圧抑制解消の手立てをお願いしました。

 関電の説明によると、低圧線の電圧は101v±6vの範囲にすることが電気事業法で決まっているとのことです。

 通常トランスの低圧側の電圧は105vになっているので、発電所からトランスまでの電圧の差は2.5vしかないのです。所定の電流をこの距離で2.5vで流すのは不可能なので、トランスを発電所の前の電柱に移動してもらうことと、出力電圧を上げさせてもらうことをお願いしました。

 11月12日にトランスの移動工事をしてくれました。

 (18kwの発電所から流れ出る電流は最初から分かっているはずなのに、素人ではあるまいし。高い接続費用も支払っているのに ブツブツ)

 これで、所定の発電をしても全量トラブル無く流れるはずですが、まだ電圧抑制がかかっています。工事前よりはましになっているように思いますが、冬の太陽光の弱いときでも電圧抑制がかかっているので、夏の太陽光の強いときはどうなるか、はなはだ心配です。

 関電も電線の電圧を測定して、発電所の出力電圧を上げることを了解してくれ、関電の指示する電圧に設定しました。

 3カ月経過

 10月は業者の発電見込みは1,680kwhですが実績は1,340kwhで80%、11月は1,390kwhと1,130kwhで81%です。

 設置した業者の話ですと、近くの実績では、見込みより実績の方が多いとの話ですので、原因を探ってみると。発電所の南西側に森があって、12月では3時ぐらいには陰になってしまいます。それと、電圧抑制による発電抑制です。

 今後も見込みの80%程度の実績があれば、借入金の返済はできますが、それ以下になるとちょっと苦しくなりますね。                                                                                       

 手直し工事                           

 工事のとき気になっていた部材の細さ。案の定部材のたわみが現れてきました。業者に補強の検討をしてもらい、2月に補強工事をしてもらいました。見積もりをしてもらうときに現場も確認してもらっているので、当然構造計算をしているはずなのですが、なぜか、担当者の経験だけで部材を決めてていたみたいでした。この業者は太陽光発電の実績はかなりあるようなのですが、特殊な場合は細部のチェックも必要ですね。

 

 1年経過

 Qセルズの18kwの発電設備で、年間予測売電量は21,953kwhでしたが

実績は20,176kwhで、達成率は91.9%でした。

 

 見込みと実績の達成率は、各月によって105%から79%(2月は1週間手直し工事で発電休止)で年平均91.9%でした。

 発電当初は、トランスの移設に1ヶ月、設定電圧変更で1ヶ月かかり、12月から現在の設定になりました。

 

予測どおり発電できない理由として

 ①天気が悪い

 ②西側にある林の陰の影響

 ③電圧抑制により売電が制限される

 ④パネルの発電量がカタログデーターより低い

 の4つですが、

 

 ①天気が悪い これは仕方がないですね。12月と8月です。

  ②西側にある林の陰の影響

・冬至のときは、太陽の位置が低く午後2時ぐらいから陰になり始め、3時過ぎには全部陰に入ってしまいます。

・12月では、晴天の日の陰による影響が16%程度あります。

・夏至では、午後4時ごろから陰になり始め、5時過ぎには全部陰になります。4時前には太陽は真西より北側に移動し、6時頃には林を過ぎて再び日が照るのですが、太陽の位置が下がり、パネルの裏から光が当たるようになります。

・6月の陰の影響は5%程度です。

 

    ③電圧抑制により売電が制限される

 電圧抑制は大きな問題です

・図の--は電圧抑制7.4時間 

 5月11日(日曜日)  売電量87.1kwh

- - -は電圧抑制1.4時間  

  5月7日(木曜日)   売電量109.2kwh

    は電圧抑制なし 

 5月28日(水曜日)  売電量112.0kwh

・5月では、電圧抑制なしと7.4時間では日売電量が25kwhも差がでます。

・休日の電圧抑制:上のように土日の休みの日には、会社や工場が休みなので、電気の使用量が少なくなって、電線の電圧が高くなり電圧抑制がかかっているようです。

・季節による電圧抑制:5月の電圧抑制時間は40時間にもなりますが、7月は1時間しかありません。これは7月は気温が高く、クーラーなどで電気の使用量が増えて、電線の電圧が下がり気味になり、電圧抑制がかからない。一方、5月は季候も良く発電量が増えますが、気温もあまり高くなくクーラーなどの使用量が多くなく、電線の電圧が上がり気味ということでしょうか。

 

④パネルの発電量がカタログデーターより低い

 年間発電量が①②③の影響でこれぐらいかなとも思いますが、休日以外で電圧抑制がかかっていないときの正午の発電値を時々記録していますが、15.7kwが最高でした。18kwに対してこの値が適切なのかちょっと調べてみる必要があるかな?

 1時間当たりの最高売電量は15.2kwhでした。

 

    ●1年目の気になる収支ですが

収入: 売電額     775,947円 

支出: 関電基本料金    3,954円

        金融公庫返済額 480,000円

        金融公庫利息  104,218円

        団体生命保険      26,700円

        火災保険            9,720円

        支出合計    624,592円

差引収支        151,355円     よかった!!

 

 

 2013年度の固定買取価格は36円/kwh+消費税で買取価格は37.8円/kwhでしたが、2014年4月から消費税が8%に引き上げられたので、買取価格は38.88円/kwhに上がりました。いつも消費税を払っているだけなので、たまには少しは消費税の恩恵を受けるのもいいかな。

 

固定資産税大幅アップ

 2014年5月には市から固定資産税の納付通知がきました-----えらいこっちゃ

 事業資金を金融公庫から借り入れるのに未登記の建物を登記しましたが、これが土地の固定資産税を12万円も上げてしまいました。やっぱりという感じですけどね。これでは太陽光の収益を市に渡すだけのことになりそうです。

 昨年まではこの土地には建物がないということで雑種地の税率が適用されていたのですが、建物を登記したためにこの土地が宅地の税率適用になったのです。土地の隅に古い建物があるだけなので、土地全部に宅地の適用をしないでほしいと市に掛け合ったのですが駄目でした。宅地とそれ以外に分けるには、建物の周りに塀を作るか、分筆しか方法がないとのことになりました。

 どちらにしても費用が掛かるのですが、分筆することにしました。

 分筆するのは、通常土地家屋調査士に頼むのですが、費用が大変なので、最低限のことだけ(座標測量だけ)を頼んで、あとは例によって自分ですることにしました。

 市道明示用に市に図面を出したり、周りの地主さんに立ち合いをお願いしたり、測量図を作ったりしますが、測量士の資格・CAD・A3プリンターを駆使して乗り切りました。

 12月末までに分筆と地目変更をすれば、次の年には変更された税金が適用されます。余裕をもって作業を進めていたのですが、隣の土地の市道明示が間違っていることが分かり、それを訂正してもらうのに結構時間がかかって、間に合うか焦りました。無事12月中に分筆登記をすることが出来ました。次の年の税金は、分筆したように変更されていました。

 

2年経過

・2年目の年間発電量は、19,385kwhで、見込み値に対しての達成率は、88.3%でした。

・2年目が1年目より発電量が少なかったのは、天候の影響が大きいと思いますが、モジュールの1年目の劣化が3パーセント程度らしいので、その影響もあるのかもしれません。

・電圧抑制は、なぜか全般的に少なくなっています。

・運用収支は約16万円の黒字でした。

 

3年経過

  2013年9月29日から発電を開始して3年間の実績です

・3年間の総売電量は、60,036kwh  年間約20,000kwh 当初の発電見込み量の91%です。

 (年間20,000kwhは、4人家族3軒分くらいの電力量に相当します)

 

3年運転実績

 

見込み

2014

2015

2016

年間発電量

kwh

21953.4

20176.6

19385.8

20474.2

年間達成率

%

100

91.9

88.3

93.3

平均達成率

%

 

91.9

90.1

91.2

 

 

・売電額    3年間 2,325,704円     年平均 約  775,000

・差引収支 3年間  520,611円   年平均 約 173,500

 

(前年10月~9月)

2014

2015

2016

収入

売電額

775,947

753,720

796,037

支出

関電基本料金

3,954

3,842

3,702

 

金融公庫返済金

480,000

480,000

480,000

 

金融公庫利息

104,218

77,742

71,745

 

団体生命保険

26,700

24,880

21,110

 

火災保険

9,720

8,740

8,740

 

支出合計

624,592

595,204

585,297

差し引き収支

 

151,355

158,516

210,740

 

 

あとがき

 原発をなくしたい私にとって、原発由来の電力に頼らないため、太陽光発電所を設置して、少しは貢献できたかなと思っているところです。しかし、あまり深く考えないで走ってしまいましたので、色々な問題に対処するのに少々時間がかかってしまいました。

 太陽光発電所は設置すれば太陽にまかせているだけでいいと思っていたのですが、電気のプロの電力会社と直接やり取りをすることなど夢にも思いませんでした。

 融資を受けるのに建物登記や、固定資産税を減らすために分筆登記までする羽目になるとは・・・。これより少し前に近くの市道明示用の測量をしていたので、この成果物を使うことができてよかったです。

 現役のときは忙しくて対応はできなかったと思いますが、フルタイムの勤務ではないので対応できたと思います。

 プレハブ住宅メーカーでは、家庭で使う総エネルギーよりも太陽光発電の方が大きくなるモデルも発売しています。新築や建替え時には太陽光発電をぜひ検討してください。

以上

トップページへ     サイト・マップへ        今月のエッセイ