「2000年度〜2009年度」

 「大和郡山市財政白書」完成

                                                                  松村 教男  事務局長(常務理事

 大和郡山市の財政分析については、数年前に奈良自治体問題研究所の理事会で議論になっていました。(財政分析をやるには、スタッフ等一番条件が整っているのは郡山。郡山からスタートしてはどうかの議論に) こうしたなかで、財政分析の機運が高まり、郡山市民のための市政をつくる会では、 2010年2月から、初村先生の御協力や、小林秀穂さん(当会員)からの積極的なデーターの提供などもあって、財政分析に着手しました。

 ところがいろんな条件も重なり、2年間かかりましたが、ようやく今年の1月末に、大和郡山市財政白書(2000年度〜2009年度)が完成しました。

 完成する頃には、2010年度の決算内容が公表されていて、入れるかどうかついて協議しましたが、時間的なこともあり、2010年度決算内容のことについては、初村先生の方で少しふれてもらうこととし、次回の財政白書は、2010年度からスタートさせることとしました。

  さて、大和郡山市の財政分析については、1997年度のときに、奈良自治体問題研究会の時に、大和郡山市職員労働組合、大和郡山市政研究会の3団体の名でもつて、大和郡山市の財政分析の資料(1988年度〜1999年度)が発行されました。この財政資料の作成には、財政援助は、なら自治体問題研究会の方で大変面倒を見て頂き、資料の内容については、現会員の横田昭さんが、幾度も大阪へ行かれて、直接初村先生からご指導を受けられて完成されました。このテキストをもとに、財政問題の学習会の開催や、またその当時、なら自治体学校が開催されていました。確か、奈良女子大学で開催された第3回なら自治体学校で、私が「大和郡山市の財政分析」と題して、あつかましくも報告させて頂いたことがことが思い出されます。ともかく、ずいぶん間隔が開きましたが、その後の財政の状況として、今回は2000年度〜2009年度の内容について分析をしています。(ちなみに市長ですが、1989年7月7日〜2001年7月6日まで阪奥市政、2001年7月7日〜上田現市政・3期11年目)

  財政白書のタイトルは、「大和郡山市財政の現状と問題点」としています。第1章の大和郡山市のまちの歴史と現在、第2章 構造的な赤字体制に陥った市財政とその原因、第3章 新自由主義的改革のもとでの大和郡山市財政、第4章 計画性と透明性のない行財政運営、第5章 市財政を市民主体のもとに、第6章 財政指標の資料 等の内容で、図表もカラ-で数多く入れて60ページで、定価は800円で販売を行っています。 

  本書では、大和郡山市の財政健全化のネックとされていた、土地開発公社問題(塩付け土地問題)や、住宅資金貸付事業、そして西田中小規模住宅地区改良事業(B地区)の3つの問題点を明らかにしています。しかし、大和郡山市においての課題は山積し、内容的には不充分な店も多々あると思いますが、多くの方々にこの“財政白書”を購入して頂き、多くのところでこの白書が参考として活用されることを期待します。

                                         
トップページへ     サイト・マップへ        今月のエッセイ