京奈和自動車道

大和北道路の地下トンネル

(財政難で)事業化困難――県知事

副理事長    小井 修一

荒井正吾奈良県知事は、2010年9月15日の県議会本会議で、大和北道路で地下トンネルを計画している奈良インターチェンジ(IC)〜奈良北IC間について、国土交通省への新規事業化の要望を当面見送る方針を明らかにしました。

 荒井知事の議員に対する答弁は次の通りです。

「 最後に、今後の大和北道路の事業展開についてでございます。

   国の直轄道路でございましても、建設費用の地元負担は3割ということになっております。事業が高価になれば県の財政負担も飛躍的に増大することになります。国、県の財政状況も勘案し、選択と集中の観点から事業を進めることが重要と考えております。

   このため、大和北道路の大和郡山ジャンクションから奈良インターチェンジの区間、およびアクセス道路の投資の重点化を図ることがまず重要であろうかと思っております。

   奈良インターチェンジ以北の大和北道路のトンネル部については当面、国に対する新規事業化の要望は行わないことにしたいと考えているところでございます。」

 

24dourozu.jpg

 京奈和自動車道は京都、奈良、和歌山を結ぶ高速道路で120キロ。奈良県内は約47キロ(内

22キロが供用済)で、事業費は5500億円、国の直轄施工のため奈良県負担は約3割の1500

円以上です。このうち奈良市が中心になる大和北道路は12.4キロ、事業費は3100億円です。あ

まりの巨額のため、完成は20年先となり、開通時には人口減で交通量も県内で平均20%減になる

と県が予測交通量推計を発表しています。

 京名和自動車道

   大和北道路12,4キロ3100億円  その内、奈良市内の約6キロ区間は

   県負担金  540億円  十   60億円   = 600億円

奈良県民負担は 約30% 国負担は70%)わずか6キロで600億円の奈良県負担です 

奈良県の借金は約1兆円 (県民一人当たり約70万円)もあり、現在も京名和自動車道(高速道路)建設負担分を毎年、50億円〜70億円負担しており、県道の維持修繕もままならず、道路管理がなおざりになっているといわれています。

 

京奈和自動車道・大和北道路は世界遺産都市奈良のど真ん中を通り、世界遺産平城宮のわずか600  

m東側を地下トンネルで通過するため地下水位の低下で、世界遺産である木簡など地下水で守られている埋蔵文化遺産が危機になると、2,000年に「高速道路から世界遺産・平城京を守る会」が結成され、世界遺産都市奈良のど真ん中に高速道路を通さないでください署名を中心に、世界遺産委員会にも働きかけるなど現在も、運動中です。

 しかし、奈良県は08318日に都市計画決定をおこないましたが、事業化に対し約600億円の負担金を払う見込みが立たず、ついにギブアップしたわけです。地下トンネルを止めてルート変更し、高架にすれば約1/21/3も事業費が減ることが当初から分かっていました。(有識者委員会で説明済)

 事業主は国ですが、負担金の約1/3 を県が出せない以上、国のごり押しはできませんし、高速道路をつくりたい県が多くあり、国の予算が陳情しているそちらに回り、改めて陳情しても簡単に予算が付かないことから、新聞報道のように事業化は困難と見られます。

 財政難と交通量の減少が予測できたのに、なぜ都市計画決定したのか

――問われる知事の責任

 世界遺産都市奈良のど真ん中を通る高速道路に計画当初から、世界遺産を守るとして「高速道路を通さないでください」運動を進めてきた「高速道路から世界遺産・平城京を守る会」は京奈和自動車道大和北道路の問題点として、次のように指摘しています。

@  地下トンネルで地下水低下のおそれあり木簡等地下遺構が滅失―世界遺産抹消

A 関西大環状道路の一部、奈良では高速の通過道路

B  地下トンネルの出入り口は埋蔵文化財を破損、環境破壊

C   大和北道路12m3,100億円、県民負担計約千五百億円以上

D 国道24号には高速道路4車線を必要とする交通量は無い

E 完成は20年先、完成時人口減で交通量も20%減少 (奈良県予測)

F   奈良市内は渋滞でリピーター、観光客は増えずむしろ減少

G 郡山地区にイオンショッピングセンター建設で24号大渋滞   

H  自動車道の排気ガスで文化財破損、市民の健康被害

I 排気塔と高架橋で景観破壊、環境破壊 

J   地下50mの交通は初、災害、事故、地震で大丈夫か心配

K 世界遺産平城宮跡のバッファゾーン内を通過、条約違反

 

 「高速道路を通さないで下さい」署名は、奈良県知事にも021月から0912月までに54千筆が提出されています。問題点の中に C の県民負担、D E の少ない交通量では道路公団は採算が合わないとして事業に参加しないことを明示しています。(県は大和北道路区間の道路公団参入を計画)

 


                              ― 奈良県資料よりー

  

 

 関西大環状道路計画は破産

              不要の京名和自動車道

 1987630日、バブル期の四全総が閣議決定されました。道路部門では、全国に14,000キロの高規格幹線道路を(高速道路)を2025年までに建設する。その基準は日本国中どこでも「1時間以内に高速道路のインターチエンジに着く」という物差しでルートが計画されたのです。その中に関西大環状道路計画もありました。しかし紀淡海峡大橋が具体化されず、1兆円以上ともいわれる莫大な事業費は、今日の経済情勢からとても考えられず、この計画は事実上破たんしているものです。

 したがって京都から和歌山120キロを結ぶといつても目的が、高速道路の周辺の住民が1時間以内に高速道路に乗れる為のみであり、高速道路の建設は交通量の大小や渋滞解消の目的ではないので、まさに現在の経済状況からしてもともと不要のとんでもない計画だったのです。

 

世界遺産を守るためにも早急にルート変更か、建設断念を

 都市計画決定からわずか2年での断念表明は、高速道路推進側にとって痛手でしょうが、客観的に判断すれば、あまりに多い問題点から、しかも国土交通省側の「将来予測交通量の水増し計算」「有識者委員長・環境影響評価専門委員会委員長・奈良県都市計画委員会委員長がいずれも同一人物」「道路建設の費用便益計算のごまかし」、そして「日本で2番目の道路計画にPI(住民参加)導入・しかし住民参加無し」という、県民をないがしろにした計画は、今こそ清算し、新たな県民が納得するルートの変更か、大和北道路の中止を決断するときです。

  奈良県内の高速道路・京奈和自動車道は、県内47キロ、事業費5,500億円で、奈良県の分担金は1,500億円以上です。全線開通まで20年間、毎年50〜100億円以上の負担です。民間企業の超少ない奈良県にとって、インフラの投資もほとんど県民の税金が主です。毎年平均100億円も新たに捻出する投資資金は、全て借金か、医療、福祉、教育、生活道路の維持管理費等、日常経費のの削減しかありません。

 景気が停滞し、上向きの見通しが無い中で、不必要な高速道路建設の中止こそ、いま決断する時です。

 

                               

(高速道路から世界遺産・平城京を守る会 事務局長) 

 

 

 

 

トップページへ     サイト・マップへ        今月のエッセイ