中国あれこれ見聞記
蘇洲でのユネスコ・第28回世界遺産委員会に参加して

事務局長 小井修一

6月28日から7月7日まで中国・蘇洲で開かれたユネスコ・第28回世界遺産委員会にオブザーバーとして参加し、蘇洲を中心にあちこち最新の中国について、見聞する機会を得ました。
 奈良市街地のド真中を通過する高速道路・京奈和自動車道大和北道路(約12km)を「世界遺産都市奈良・平城京内通過を許さない」と、全世界にアピールするため、26名の要請団を組織し、参加を目指しましたが、なにせ中国の警備が厳しく、また会場の都合で2名しか参加できませんでした。その報告を後にして、まず。

○ 裕福者が住んでいた蘇洲、抗洲
昔、蘇洲・抗洲は金持ちが別荘にしたり、多く住んで地上の楽園とまで言われたという、歴史のある都でした。それを引き継いだ景観や、庭などが世界遺産になっています。歴史ある市街地は4階以上の建築物は許可されず、景観を保持しています。一方開発地区は25〜30階のアパートがバンバン建設され、また建設中でした。そして新しい道路をバンバン作っていました。どこに行っても工事中です。
  道路は大体4車線。2車線の場合でも歩道と車道の間に自転車及び単車(二輪車)専用道路がついていました。

○ 電池で動く二輪車
  道を歩いていてびっくりするのは、突然横や後ろでブーブーと警笛を鳴らされることです。見れば、電池で走る単車、二輪車です。日本の電動アシシスト車より少し頑丈なつくりで、2〜3倍くらい大きい電池をつけて、音も無く走っています。ペダルもちゃんとついています。これは便利やなぁ、1台欲しいと思いました。

○ 電気不足の中国
  テレビや冷蔵庫の普及と、この電池単車などで、今中国は大変な電力不足ということです。生産工場を動かすために、一般家庭の昼間は照明なし、冷房なしで協力しているということでした。もちろん、田舎では、市街でも、冷房施設を持っているのは金持ちの人です。

○ 行っても行っても山は見えず広い
  抗洲の飛行場に降りてからバスで蘇洲に向かいましたが、まぁ山はありません。平地ばっかり。その代わり、池、湖が山ほどあります。ほとんどが魚の養殖か、アヒル、鴨です。農家は大変貧しい様子が家のつくりからわかりました。

○ 土地は全て国のもの
  広大な平地は、田んぼか、桑畑が中心でした。そうです、中国シルクの産地なのです。土産物は、シルクにしました。ただし、敷き物かハンカチの類。1枚10元(140円)位からあります。
  この広大な土地は全て国から借りて、田や畑、家にしています。固定資産税はありませんが、借地料が入るのです。ですから、都市の再開発や、道路建設は用地交渉なしです。ただし、移転の場合は、新築費用を保障すると通訳が言っていました。大抵の場合、古い家が多いので喜んで応じるということでした。数百万円で大きな4階建ての家ができるといいます。
  土地が全て国のものですから、都市計画や、道路計画はやりたい放題できます。建設ラッシュ、都市改造ラッシュも頷けました。

○ 立派な家は息子の結婚のため。一人っ子政策の影響
  裕福な村(土地近郊に多い)は、4階建てでテレビアンテナを高くしています。貧しい村々では、貧弱な家々の中にひときわ大きな4階建てのコンクリートビルが立ちはだかっています。事業を起こし、成功した人の家です。
  なぜ、大きな家なのか。それは、1人息子の結婚のためでした。一人っ子政策のため、息子の嫁も一人っ子、大変な嫁不足です。お金のない家には来ないのです。ただし、農村は働き手確保のため二人っ子もOKだそうですが、2人でも男女半々の確率ですから大変さは変わらないようです。

○ 世界遺産委員会は「守る会」の要請100%の「決議」採択
昨年に引き続き、新たなカウンターレポート(反論書)を140部配布し、合わせて、世界遺産委員会センター長フランチェスコ・バンダリン氏及びアジア担当責任者の景峰(フォン・チン)氏に渡るよう日本人スタッフ(ヨーロッパ・北アメリカ統合専門官)のDr.Fumiko Ohinata氏に手渡すことができました。
 又、今回、バンダリン氏にはカウンターレポートとともに「京奈和高速道路建設に関する日本政府2・1報告書の疑念の報告について」(2・1日本政府報告は偽りだった ―― 事故発生率9倍は1.75倍だった)の報告書も提出しました。

 昨年に引き続き、今回も「平城宮」について決議が提案され、7月5日決定されました。決議は、全文4項目にわたる短いものですが、昨年よりも一段と踏み込んだ日本政府にとって、大変厳しい内容であり、「守る会」が訴えてきた内容を全面的に取り入れたものとなっています。
世界遺産委員会は、
1.日本政府が、京奈和自動車道建設によって世界遺産価値にあたえられる潜在的な否定的および取り   返しのつかない影響を検討する新たな努力を行ったことに注目し、
2.日本政府が,遺産の真実性と完全性を保全する努力を続けるよう奨励する。
3.日本政府が、自動車道建設の期間を通じて、地下水位に与える影響が世界遺産価値の保全のために最小限に保たれることを確保する技術的解決策を建議する努力を続けるよう提案する。(一部修正)
(「3.日本政府が、自動車道建設のプロセスを通じて、地下水位に影響を与えないことを確保する技術的解決策を建議する努力を続けるよう提案する」---原文)
4. 関係当局が、地域社会(住民)に、政策決定のプロセスを知らせる努力を続けるよう要請する。

 まず、第1項は序文ですが、日本政府(国土交通省)が行った地下水検討委員会や文化財検討委員会を設置して審査していることを「注目し」となっています。本来、各検討委員会の結果が世界遺産委員会を満足させる結果であれば、「日本政府が新たに行ったことを『評価し』とすべきですが、そうではなく「注目し」となっていることは、結果に満足していないことを表していると読むべきでしょう。それは以下の主文、2〜4項が厳しい注文になっていることからも窺い知ることができます。
 第2項は、引き続いて、世界遺産平城宮を保全する努力を要求していることは、現在まで行われてきた保全のプロセスに対し、不満足を表明しているものであり、残された環境アセス法による検討事項について、更なる努力を求めていることです。
 第3項は、「地下水位に影響を与えないことを保障する技術的解決策」を日本政府が修正動議を出し「世界遺産価値の保全のために最小限に保たれることを確保する技術的解決策」に修正され、トーンダウンしました。これは日本政府が世界遺産委員会の公の場で世界遺産を真剣に守る立場を重視していないことを明らかにしたもので、恥ずかしいことです。しかし世界遺産平城宮(京)を守る上で大きな力になる項目です。
 私たちが、国土問題研究会に分析をお願いし、報告された「地下水検討委員会批判」――(ボーリングの数も少なく、信頼できない)という私たちの懸念をそのまま文章にされたものであり、特に、「確保する技術的解決」を求めていることは、大変重要です。「トンネル建設による地下水位変化は季節による地下水位の変動より遥かに小さく2p程度である」という地下水検討委員会の提言が、シミュレーション(模擬実験)の予測結果であり、2pが保障できない数字であることを世界遺産委員会が認めたことは、私たちのこれまでの活動の反映と見ることができます。
 そして、最後の第4項は、私たちが批判してきた、PIプロセス(パブリック・インボルブメント=積極的な住民参加)がまったく機能しなかったごまかしであったことを認めてくれたことを表しています。国交省は「道路で全国2番目のPI導入」と宣伝したが、結局、アンケートにヒアリング、聞き取り、そして公聴会、後は一方的な全戸配布のウソの宣伝(第6号)。これはPIでないという「守る会」の事実に即した報告を認めたものです。
 今回の決議は、ユネスコ・世界遺産委員会の任務―世界遺産保全を明確に示しました。これに対し、日本政府の醜態は目を覆うものです。

トップページへ サイト・マップへ   エッセイトップへ