「2009年度 奈良県で働く看護職員の労働・健康実態調査報告」

                                              理事 山崎直幸


200610月に奈良看護をよくする会、奈良民医連、奈良県医療連で「医師・看護師の増員を求める奈良県実行委員会」(以下実行委員会と略す)を結成し、様々な取組を行ってきた。そのひとつが、看護職員のおかれている実態を明らかにするため、2007年から毎年取り組んでいる「看護師の労働・健康実態調査」だ。今回も看護協会、病院、事業所の協力によって、1610枚のアンケートが寄せられた。県内の病院就労看護師8177名(2008年末就労実態調査)に対し、アンケートは1497名(病院で就労)とその18.3%を集約している。

【調査の集約期間】:2009年6〜7月

【調査の対象】:奈良県内の医療機関(介護事業所も含む)で働く看護職員

【調査の方法】:奈良県看護協会総会での配布・回収と県内の医療機関にアンケートを30

枚配布し回収を行う。また、協力を得られるところでは病院全体で回収をお願いする。

         県内26病院から協力を得る(無記名1)

  病床規模:100床未満3 10019910 200299床5 300床以上7

  看護体制:7:1 3 10:1 15 13:1 2 15:1 3 その他 2 

  設立者 :国(独法) 県立3 県(独法)1 市町村立6 公的3 民間12 無1

  医療圏 :奈良市6 東和5 西和3 中和7 南和4 無1 

 

1,有効回答数と回答者の属性

回収数は1610名。職場区分では病院93.0%、診療所2.9%、訪問看護ステーション1.6%、介護施設(老健)1.6%と圧倒的に病院の看護職員が多い。雇用形態は常勤職員92.9%、非常勤職員(パート)6.8%となった。性別は男性4.8%、女性94.5%。年齢区分は、100.2%、2031.3%、3027.8%、4025.9%、5013.4%、60歳以上1.4%となっている。看護歴は、1〜3年目17.5%、4〜10年目27.6%、1120年目26.2%、21年目以上28.4%となっている。

 

2,各設問の単純集計について

(1)慢性疲労が8割近くに

疲れの回復度では、@疲れは感じない1.0%、A疲れを感じるが翌日には回復23.7%、B疲れが翌日にも残る50.1%、C休日でも回復せず、いつも疲れている25.1%となっており、BとCを合わせた「慢性疲労」は75.2%にもなっている。20代で71.3%、休日でも回復せず17.1%、30代で75.8%、休日でも回復せず28.3%、40代で82.3%、休日でも回復せず30.5%、50代で74.9%、休日でも回復せず28.4%となっている。

(2)4割を超えてストレスを「非常に感じる」

最近、ストレス(肉体的あるいは精神的につらいと感じること)をどの程度感じているかという項目については、@まったく感じない1.0%、Aあまり感じない8.3%、Bやや感じる49.4%、C非常に感じる41.6%となっている。BCを合わせた「ストレスを感じる」は91.0%となっており、9割の看護師がストレスを感じ、4割を超える看護師がストレスを非常に感じている。

(3)4人中3人が健康不安

自分の健康状態については、@健康であるは24.5%、A健康に少し不安がある56.4%、B健康に大変不安がある17.5%、C病気がちで健康ではない1.5%となっている。A〜Cを合わせた「健康不安」は75.4%、BCは19.0%と5人に1人が深刻な健康状態にあるといえる。

(4)十分な看護ができているは1

「患者さんに対して十分な看護ができているか」については、@できていると思う10.7%、Aできていないと思う56.5%、Bわからない32.2%となっている。年代では50代が20.0%と高い。十分な看護ができていない理由は何かについては、@人員が少ない45.4%、A業務が過密42.5%、B個々の能力や技量の不足36.5%、C看護以外の業務が多い32.0%となっている。少ない人員体制と過密労働の改善が急務となっている。

(5)夜勤について「辛い」は52.8%に

夜勤については1181名(73.4%)が回答(1〜5)した。夜勤については「非常につらい」「やや辛い」を合わせる80.7%と夜勤が辛いと感じている。辛い理由は「仮眠・休憩時間が取れない」51.8%、「手当が少ない」35.0%、「体制(人員)が少ない」27.2%となっている。

(6)その他

有給休暇については、「取りにくい」が71.7%に、勤務希望では「通りやすい」が72.0%に、職場の上司・同僚との人間関係は75.6%は良好と回答している。医師または他職種とのコミュニケーションでは、「できている」が74.6%となった。勤務場所については31.4%が「不満」と回答している。研修には50.2%が参加している。家事育児については、「非常に辛い」7.0%、「やや辛い」42.2%と約半数が辛いと訴えている。

(7)5人中4人以上が「仕事をやめたい」と考えている

「今の仕事を辞めたいと思ったことはありますか?」の質問には、@いつも思っている20.1%、Aときどき思う61.7%、B思わない17.1%となった。@Aを合わせた「辞めたいと思う」は81.8%と5人中4人以上が「仕事をやめたい」と考えている。さらに2割強の看護職員が「いつも」と答えており、このままの状況が続けば、退職〜いっそうの看護師不足とならざるをえない。

(8)「改善がすすんだ」を実感している看護師は

 国、県、職場、世論・社会の認識毎に「改善がすすんでいると実感しているか」聞いたところ、国で2.2%、県で2.9%、病院・職場で11.6%、世論・社会の認識で5.2%と、ほとんどの看護師が改善を(ちりわけ国、県の)実感していない。逆に「悪くなっている」は国23.5%、県23.1%、職場25.4%、世論・社会の認識19.6%となっている。

(9)休暇が取れ、達成感が感じられ、仕事にゆとりがあり、賃金が高く、人間関係が良い職場であれば働き続けられる

「あなたが働き続けられる職場とは?」では、1位は「休暇がとれる」66.8%、2位が「仕事にゆとりがある」61.7%、3位が「達成感が感じられる」61.4%、4位が「賃金が高い」60.7%、5位が「人間関係が良い」55.3%となっている。

 

1位

2位

3位

4位

5位

20

休暇71.4

賃金67.3

人間関係65.5

ゆとり65.1

達成感61.7

30

休暇71.9

賃金62.1

ゆとり59.8

達成感57.4

人間関係53.8

40

達成感67.9

ゆとり63.3

休暇62.4

賃金59.5

人間関係50.4

50

達成感57.7

ゆとり56.7

休暇56.7

賃金48.8

人間関係46.5

 

3、各設問のクロス集計

(1)疲労感

「休日でも回復せず」と回答した403名(25.1%)を抽出してみると、ストレスを「非常に感じる」が77.4%、「健康である」8.2%、退職の意思「いつも辞めたい」40.4%となっており、疲労との関連が予測される。逆に、「疲れを感じない」「翌日には回復」の397名では、ストレスを「非常に感じる」が12.6%、「健康である」49.1%、退職の意思「いつも辞めたい」10.1%となっている。これらをふまえ、慢性疲労となる原因把握・分析とその改善は離職防止上も急務となっている。

 

(2)健康状態 

  「健康に大変不安」、「病気がちで健康でない」と回答した305名(19.0%)を抽出した。疲労感の「休日でも回復せず」が56.1%、ストレス「非常に感じる」77.0%、退職の意志「いつも辞めたい」40.7%となっている。逆に、「健康である」395名(24.5%)では、疲労感の「休日でも回復せず」が8.4%、ストレス「非常に感じる」17.2%、退職の意志「いつも辞めたい」10.9%となっており、関連性が大きいと考えられる。

 

(3)退職の意志

退職を「いつも思っている」と回答した324名(20.1%)を抽出してみると、疲労感では「休日でも回復せず」50.3%、ストレス「非常に感じる」73.5%、健康状態「大変不安」「病気がち」38.2%などに特徴がみられる。また、看護師不足の改善では「むしろ悪くなっている」国35.2%、県34.9%、病院・職場43.8%と悪化していると感じている看護師が多い。

 

(4)仕事をいつまで

  20代の看護職(504名)の38.3%が結婚・出産を契機に退職を考えている。結婚しても、出産、育児をしながらも働ける条件整備や、いったん結婚、出産・育児で退職した看護職が、現場に復職するための支援策が求められている。

 

(5)夜勤について 

  夜勤が「非常に辛い」と回答した260名を抽出した。年齢は20代が夜勤者408人中64人(15.7%)、30代が326人中83人(25.5%)、40代が308人中77人(25.0%)、50代が130人中35人(26.9%)と、20代以外は4人に1人が「非常に辛い」と答えている。疲労、ストレス、健康状態などいずれも悪く、退職では「いつも思っている」40.47%(20.1%)と高くなっている。逆に、「あまり」「全く辛くない」208名を見ると、退職を「いつも思っている」11.5%(20.1%)と低くなっている。

 

(6)有給休暇について 

  有給休暇が「非常に取りにくい」と回答した456名と、「取りやすい」「非常に取りやすい」413名を抽出した。比較すると、「非常に取りにくい」は夜勤が「非常に辛い」25.0%(取りやすい11.4%)「やや辛い」53.1%(32.9%)と差が出ている。退職についても「非常に取りにくい」は「いつも思っている」が31.8%で「取りやすい」の13.6%より高い。

 

4,看護改善・離職防止等の記述から 

1610名中1003名(62.3%)から記述があった。「特にどのような時に辞めたいと思うか」「医師・看護師を増やすため、離職防止のため何が必要か」への意見の中では、院内保育所など子育て支援に関する声が多くあった。また、「研修や委員会等、自分の時間を使っての参加が多い」、「定時には絶対帰れない。サービス残業が多い」、「何時間までと超勤制限をしないで頂きたい」、「休みの時間を使って勉強会の資料をまとめたり、休日に会議に参加しているのに超勤を削られたり」等、委員会活動や研修などが、勤務時間外、自分の休みで行われ、かつ不払い残業となっていることに対する不満の声も多くあった。

 

5、最後に

 アンケート結果をまとめた後、実行委員会では協力いただいた病院と、県内の看護学校を訪問し意見交換を行った。また、看護協会とも毎年懇談を行っている。訪問・懇談の意見もふまえ、2010年1月には、知事宛ての要請書として、「奈良県で働く看護師を増やすために何が必要か」を提出し懇談を行っている。来年は、第7次看護職員需給見通しの計画をつくる年であり、実行委員会では第4回目としての実態調査を行う方向で、現在準備をすすめている。

 

トップページへ     サイト・マップへ        今月のエッセイ