歴史に残る今年の二つの国際合意

    核廃絶と地球環境

                                                                           理事長 吉田恒俊

 現代社会が直面している核戦争の恐怖と地球環境破壊について、今年は二つの大きな国際合意が成立しました。

 一つは、5月にニューヨークで開かれた核不拡散条約(NPT)再検討会議です。1970年に成立したNPTは、「核不拡散」、「核の平和利用=原子力発電」、「核軍縮」など3本柱のバランスの上に立っています。国際的な実務機関として前二者には国際原子力機関(IAEA)があるのに、核軍縮にはないのです。国際機関としては、5年に一度開かれる再検討会議だけです。

2000年の会議では、核保有国を含む全参加国が「・・・核軍縮に向けた努力を実施するための制度的及び漸進的な努力にかかる以下の実際的措置に同意した。」として、核兵器の全面廃絶に対する核兵器国の明確な約束などの最終文書に合意しました。そして2005年の再検討会議が期待されたのですが、最終文書を採択できないまま、決裂し閉会し、2000年合意を後退させました。

これに対して、2006年アナン国連事務総長(当時)は「我々はパイロットが居眠りしながら操縦桿を握っている飛行機に乗っている」と言ったのです。

 ところが、2008年10月のパン・ギムン国連事務総長の核軍縮問題に関する5項目提案、そして2009年5月のオバマ大統領のプラハ演説があって、核兵器のない世界への希望が生まれてきました。

今年のNPT再検討会議に国際的な平和の潮流の期待が集められたわけです。全参加国が、5月28日に最終文書「結論ならびに今後の行動に向けた勧告」に合意しました。最終文書が採択されたこと自体は、2005年と比べ一歩前進といえるでしょう。抽象的な文言でなく具体的に日限を切って実行を迫る提案は会議の中でほとんど骨抜きにされました。

 それでも、国際世論と非核保有国のねばり強い努力の結果、核兵器国は、2000年合意を確認するとともに、「あらゆる種類の核兵器の世界的備蓄の相対的削減にすみやかに向かう。」、「核兵器の使用を防止し、究極的にその廃棄につながり、核戦争の危険を低下させ、核兵器の不拡散と軍縮に貢献しうる政策を検討する。」などを約束し、その履行状況を2014年の準備委員会に報告することとなったのです。

さらに、核兵器禁止条約という文言が初めて残り、国際人道法の遵守の必要性が初めて述べられ、さらに中東決議については2012年までと期限を切っての国際会議開催が確認されたことも大きな成果です。

 二つは10月に名古屋で開かれた生物多様性条約第10回締約国会議(COP10)です。国連生きもの会議とも言われるこの会議では、3000万種と言われる地球上の生物が毎年5万種絶滅していると言われています。本当かと耳を疑います。地球を人の脳としたら、  3000万の脳細胞が5万ずつ減っているというのですから、いずれ地球は痴呆状態になるでしょう。最高に発達した存在である人類も無縁ではありません。

 この会議も先進国と開発途上国とが対立し、最終日の10月30日未明に、生物の利用や利益配分の枠組みを定めた名古屋議定書と世界の生態系保全目標(愛知ターゲット)を採択して閉幕しました。愛知ターゲットでは、2020年までに現在13%である陸の保護区を17%に、海の保護区を1.2%から10%にそれぞれ拡大すること、及び生物の失われる速度を半減することや絶滅危惧種を保護し、状態を改善させることなど20項目が盛り込まれました。

 これで安心というわけでありません。しかし、世界政治は遅々としているという歯がゆさがあり、本当に危機的状況を回避できるのかという不安はぬぐい去れません。ところで、私たちのこの宇宙が147億年前にビッグバンから生まれ、地球は約46億年前に誕生し、現在の人類は約20万年前に生まれたと推定されています。著名なアメリカの科学者は、人類は今後1000年スケールで太陽系に満ち、10万年スケールで銀河系宇宙に満ち、宇宙生命体として発展するであろう、と予測しているそうです。壮大な夢に胸が膨らみます。

しかし、それが事実なら、一足先に発達した生命体により今や宇宙は生命で満ち、宇宙人が頻繁に地球を訪問しているはずです。それがない。

 この矛盾を解く一つの答えは、高度な文明を持った生命体の社会は不安定となり自滅するということです。銀河系には太陽と同じような恒星が1000億個あります。その内1億個が地球型生命を持つと仮定しますと、高度な文明を持った地球型社会は100年で滅びる計算になるそうです。

 今の地球は宇宙的規模から見ればまだ高度な文明とは言えないかも知れません。しかし、このまま核軍縮が進まず、環境破壊が進んだら、おそらく50年以内には核爆発か地上生命の絶滅で地球上の多くの生命は絶滅している可能性があります。他の生命は生き残っても知的生命体である人類はいずれ滅ぶに違いありません。これまでの文明は自然を破壊することと一体でした。愛知ターゲットを実行しなければ、100年後の地球に緑の山と青い海はほとんど残らないでしょう。高度の宇宙生命体は学者の計算通りに滅ぶことになります。恐ろしい話です。

 産軍学の連携と強力な利害団体は、強大な政治的力を持っており、核兵器のない世界と地球環境を守ることを実現するのは大変困難な闘いです。

 今、私たち人類は、宇宙生命体として発展していくか、自滅するかの岐路に立っているということを肝に銘じて、今年成立した2つの国際的合意を大事にしたいと思います。小さいけれども私たち一人一人が世界の核兵器をなくし、地球環境を守る運動に踏み出すことが必要だと思います。

 人類が生き延びてもあるいは滅んでも、2つの国際的合意が成立した「2010年」は世界史に残る年になるに違いありません。                              


トップページへ     サイト・マップへ        今月のエッセイ