「かえろかな!」     稲渕棚田案山子祭り

昨年の明日香村稲渕の棚田の『案山子祭り』のテーマは「かえろかな!」でした。妻は、毎年のように出展し、何度かは佳作に入っているのですが、昨年初めて優秀賞となり米10kgをゲットしました。「稲渕の案山子3兄弟」(写真)という題名で、「減反で仕事がなく捨てた故郷に20年ぶりに盆の里帰り、見事に復活した棚田を見て、稲渕でもうひと働きと決意した。」と説明をつけました。

他の作品では、日暮れまで野原で遊んでいた子供たちが、家に帰ろうかな!といったほのぼのとしたものや、蛙が鳴くから帰ろうといったごろ合わせ作品や、思い出したように柴又へ帰る寅さんなど、さまざまな「かえろかな!」がありました。

ところで、現代の世相を眺めると過去への「かえろかな現象」が、結構見られます。

「原発No!」は国民的な世論となっています。

サラリーマンの1カ月の小遣いがバブル経済最盛期の半分、約30年前の水準になったとする調査結果が報じられていました。地球環境や資源の保全を図りながら、維持可能な社会発展を目指すためには、生活スタイルを変えていくことも必要かなという気もします。

しかし、他の資料では、1997年以降年収299万円以下の層と1500万円以上の層が増加し、3001499万円の層は減少しており、格差拡大の傾向が進んでいるようです。また、1997年〜2007年の間に企業の経常利益は28兆円から53兆円に増加し、他方従業員給与は147兆円から125兆円に減少しています(財務省統計)。結局バブル崩壊後も大企業の利潤追求の成長戦略は変わらず、労働・福祉・医療などを充実させる福祉国家への歩みの後退という点でのみ「かえろかな現象」が現れているようです。

平和の課題でも「かえろかな願望」が強く表れています。昨年1216日の総選挙で自民党は圧勝しました。当選した衆議院議員の72%は憲法9条改正に賛成を選挙中から表明しています。憲法解釈で集団的自衛権を認めるべきとするのが78%です。極めつけは294人の当選者を出した自民党の選挙公約で、そこでは国防軍の創設をうたっています。まさに戦前への「かえろかな願望」です。しかし、国民の多くはそのことを求めていないと思います。この願望を本流にしてはならないと強く感じました。

わたくし事になりますが、今年6回目の年男を迎えました。めでたいようでもあり、最近物忘れがひどくなったのが気にもなり、です。心身の状態が「子供がえり」しないよう毎朝ベッドで腰痛体操をしています。週4回テニス、その他の日はジムでトレーニング、ほぼ毎日畑仕事と涙ぐましい努力の日々です。ボケ防止にはイタリア語の勉強をしています。「昨年はイタリア語受験に失敗、テニスは公式戦全敗など年齢による衰えかと一瞬思ったが、飛躍の前の停滞と気がつきました。今年はそれを証明するつもりです。」 これは今年の年賀状に書いた挨拶文です。でも、正直なところ真実はどうなのか自分でも半信半疑です。 常務理事  杉山清彦
                        

トップページへ     サイト・マップへ        今月のエッセイ