まちづくりの現状と課題

―― 奈良町・黒壁・空堀・富山ライトレール――

418日に奈良市内のエルトピア奈良で奈良大学名誉教授(元帝塚山大学教授)の實清隆氏を講師に講演会を開催しました。

實先生は、永年当研究所の理事としてご協力いただいてきましたが、今回帝塚山大学を退職され、今後自宅の大阪を中心にご活動されるということで理事を辞任されました。最後の記念公演です。

まちづくり」とはなにか

都市地理学が専門で、永年「まちづくり」・都市計画・都市交通などの研究に携わってこられた實先生からみても「まちづくり」の定義は明確ではないようです。しかし、その中心概念は、「その場所に住んでいて・住みよい場所にしていく・住民が主人公として行う」にあると述べられました。

「まちづくり」運動は70年代から

日本の最初の都市は大化の改新のあとの「難波豊碕宮」に始まり「藤原京」「平城京」など貴族中心の都市から、封建時代の武家中心の都市と上意下達のしくみの中での都市であった。西欧では、ギリシャ・ローマ時代の都市を始め、いつの時代にも見られた「市民が集う広場」が、日本では見られず、「住民の参加」という意識が希薄であったのが特徴のようです。

住民参加の「まちづくり」運動が始まったのは1970年代からです。高度成長主義の国土開発のもと「コンビナート環境汚染」「都市圏拡大による緑の喪失」「町並みを壊す再開発」等が現れ、「住環境を守ろう」の声が住民の中に起こってきたのです。

このあと具体例の話に入った。

「奈良町」の町並み保存運動など

奈良町はもともと平城京の外京の門前町です。15世紀の半ば「土一揆」で焼失し、その後興福寺を中心に住民が入り込んできて出来た町で、江戸時代を原点とした町人の町です。当時は税の額が「間口」で決められていたので、税を安くするため間口が狭く、奥が深い造りになっています。格子、バッタリ床几、箱階段など様々な工夫が見られます。

1960年以降、人口増のため、町並みが潰され、駐車場やマンションに変えられてきました。1979年、町並みを守ろうと「奈良地域社会研究会」がつくられ、1984年、社団法人「まちづくりセンター」へと発展しました。景観を守る住民中心の運動としては、日本で初めてです。「奈良市都市景観条例」や「奈良市街並み保存整備事業」などによる行政の取り組みと協力し合って、景観を修復・修景しつつ快適な町づくりを行ってきました。入込客も増え、少しずつ若い住民も戻ってきています。しかし、防災や福祉などの点で課題もあるようです。

さらに、長浜の「黒壁」、大坂の「空堀」などの運動も紹介されました。それぞれに入込客が大幅に増え、成果を上げています。だが、商店街のシャッター化・疲弊化を食い止めるまでにはなっていません。

これらの話に、会場から『「奈良町」は建物等、外観を修復・保存してきているのは素晴らしいが、その反面、各種の商店が増えすぎて「奈良町」の雰囲気を壊しているように思える。』の意見がありました。講師からも、『「奈良町」の住民からもそのような意見も聞いた、「保存と発展のバランス」の難しい問題ですね。』の発言があった。

「まちづくり」運動は、様々な価値観について、住民の意思を調整し、目標を定め、住みよい街にするため行動していく、この繰り返し、常に「現在進行形」なんだなと思いました。

利用者倍増の富山ライトレール

富山のライトレールは、一部旧JR富山港線の軌道を利用して敷設された日本で初の低床式路面電車です。20064月に開通しました。全長7.6km、富山駅近くの1.1kmは道路に新しい軌道を敷設して路面電車となっています。経営は上下分離方式で、車輌購入、路面部の施設整備・維持・管理等は富山市が行い(下)、運転などのサービスは第三セクターの(株)富山ライトレールが行う(上)ことになっています。1時間当たりの本数を従来の2本から4本にするなど、運行サービスも充実させ利用者に喜ばれています。

200610月時点で、利用者数は従来の鉄道時代よりも平日で2.2倍、休日で5.3倍の増加ぶりです。増加者の内訳をみると、自動車の利用から転換した者も10%余りあり、都市内の環境改善の役割も果たしています。公共交通改善の先進的事例です。

最近各地でも路面電車の復活や新線建設の計画があるようですが、なかなか実現は困難なようです。その点富山の場合は、2014年新幹線の富山駅乗り入れに伴う国・県からの補助金をライトレール導入の建設費に利用できたという条件に恵まれていたようです。

会場の富山出身者から、富山市では最近地域交通としてのバス路線廃止で自動車でないと移動できない地域が増えているとの報告があり、富山市の公共交通行政も別の部分では交通弱者を守るという点での弱点もあるのだなと感じました。

トップページへ サイト・マップへ  研究所の行事ページへ