「『自転車は』車道徹底に」はまず「教育」と

「道路構造令」「道路便覧」等、基準の改正が必要

                                                    理事長     小井 修一

 「自転車の交通ルール違反が後を絶たず、事故も多発していることから、警察庁は10月25日、自転車の原則車道走行を促すことを柱とする自転車交通総合対策をまとめ、全国の警察本部に通達した。自転車通行が可能な歩道を減らすとともに自転車レーンの整備を進めることにより、自転車と歩行者の分離を図り、悪質で危険な運転の取り締まりも強化する。歩道走行を事実上容認してきた従来の姿勢を転換した」(新聞)と26日、マスコミが一斉に報道した。その中で「昨年の自転車関連事故は151626件で交通事故全体の2割を占め、死傷者の3分の2に何らかのルールは抜本的な対策を検討していた」とも書いている。自転車の歩道からの締め出しは歩行者の安全を守ることから賛成だが、そのために車道を走る自転車の安全をどう確保するのか、自転車道の設置が遅れている日本の現状から、緊急に以下の対策が必要である。

 まず第1に、運転手の教育が必要。

 未だ具体的な対策、指導内容が明らかにされていないが、「自転車も車両としての位置付けが徹底され、車道走行が原則」とすれば、当然、自転車の運転者のみでなく、自動車運転手にも教育を受けさせることが必要である。

 自動車の運転手は、車より遅い二輪車(スクーター・単車)の走行に気を使い、早く追い越そうとしたり、急な走行方向変更にいら立ちを覚えたりする。まして従来一緒に車道を走ったことのない自転車が車道を使う仲間と認識するにはかなりの時間と頭の切り替えが必要である。そのために徹底した事前教育が必要である。

 第2に路側帯幅最少0.5mを1.5mに「道路構造令」を変更し即改善を

自転車は従来から道路交通法によって軽車両として定義され、車両として車道を走行することになっている。しかし、日本の道路は路側帯が非常に狭い(最小幅0.5m)ため、車道を走れば渋滞を引き起こし且つ、重大事故の予想から自転車は走行上安全な歩道を走行してきた。

歩道の無いところは、わずか0.5mぐらいの路側帯を自転車が走っているのがほとんどであった。これからは全ての自転車が、この狭い路側帯を走行することになる。まさに自転車走行は命がけである。

路側帯が0.5mと狭いのは、「道路構造令」が路側帯の幅がやむを得ない場合は、0.5mとされているからである、構造物としての製作費が高い橋梁も、ほとんど一般国道でも路側帯が0.5mとなっている。特に側道の無い橋梁では、路側帯の0.5mを自転車が走行すれば対面交通の場合、自動車が自転車を橋梁上で追い越すことは難しく、ノロノロ運転になる。これを解決するには、何よりも路側帯の最小幅を0.5mから自転車が走行できる幅として1.5m以上に道路構造令を変更することが必要である。

第3に、本線から支道(私道)への段差5p差解消を!!

現状では、ほとんどの自転車が歩道を走行しているため、事故が少なく大きな問題になっていないが、道路が国道の場合、本線から支道へ入るとき、町村道等であれば路面の高さが変化なくスムーズに入れる。ところが一般国道の場合、私道や車庫への乗り入れが占用許可申請のため、許可条件として、車道本線から歩道への切り上げが5p上げることが条件となっている。

一般家庭の車庫乗り入れの場合は、自転車も一緒に車庫への出入りは少ないと思われるが、アパートへの出入りの支道などは、幅が公道に満たない場合などが「私道」としてかなりの数が存在している。県道や市町村道などは住民パワー等により、施工時にも目こぼしがあり、車道と支道との段差5pはそんなに見られないが、こと一般国道(国交省管理)は厳格に5p以上の段差がつけられている。

段差5pでは、自転車で走行左折すると縁石に引っ掛かり、乗上げができず転倒する場合が多い。

また、自転車道設置の場所は特に自転車道を走るのだから、5pの段差があっても車道走行が無いからと5pの段差が乗り入れ口につけられている。この5pの段差は自転車のみならず単車も自転車と同様に左折して乗り入れ口に入る時に5pを乗り切ることができず、転倒することが多い。   

車道走行からそのまま左折しようとする場合、縁石ブロックで5pの段差がつけられているので、自転車や単車のタイヤではそのままで5pの高低差の縁石では乗り入れることができず、バランスを崩し転倒する。(5pの段差は、施工誤差により7センチぐらいの高さのものもある)

この転倒の原因は、5pの高低差の縁石にあり、かなり転倒し怪我をしているが、個人の注意不足として泣き寝入りで、警察や国交省への届け出がほとんどされていない。

以上から、自転車の車道走行を徹底するとすれば、この私道や車庫への乗り入れの段差を直ちに平面(フラット)・5センチの段差なしにするべきである。このような許可基準の構造を決めている道路便覧などの変更も直ちに行うべきである。                                  

 

トップページへ     サイト・マップへ        今月のエッセイ