私のイタリア語奮闘記

             常任理事  杉山清彦   

私は今、毎日イタリア語の勉強をしている。最初に始めたのは約10年前で、はじめてイタリアへ旅行する3か月前であった。ガイド付きのツアー旅行であったが、「少しは言葉が分かれば面白いかな」と簡単な入門書を買って読んでみた。

   チョコをゲットして試食

そして、イタリア国内をバス観光中に立ち寄ったドライブインで初めて実践の機会があった。売店で品物を見て回っているとレジのそばに小さなチョコが籠に入れて山盛りにしてあった。妻が「これ試食用やな」と手を伸ばそうとするので、慌てて「試食していいですか」と尋ねると、「どうぞ、どうぞ」と勧めてくれた。その後、同じバスに乗っていた女性数人がやってきて、「ここに試食用があるで」「食べてもええ?」と大阪弁で尋ねながら食べようとして止められていた。売り物であったようだ。ちょっとイタリア語を混ぜると愛想が良くなるようだ。この旅行中このような経験を何度かした。
 これに気を良くして、帰ってから、ラジオ講座を聴き始めた。数年前からは「まちづくり国際交流センター」の橿原校に週1回通い始めた。最初の先生は、20代のイタリア出身のカナダ人女性で、イタリア語と英語は話せるが、日本語は全く駄目で、1時間ずっとイタリア語漬けだった。毎回、先生の最初の言葉は「この1週間どうでしたか」なので、「今日は何を話そうかな」と考えながら通っていた。少しは会話に慣れてきたかなと思っていると、先生は、1年でカナダへ帰ってしまった。

   クワント・コスタ?  タント・コスタ!

そんな頃、イタリアへスキーに行った時のことである。ゲレンデで昼食に入ったセルフサービスの大きなレストランで私がレジに並んでいると、スキー仲間が「あれいくらかな」と、シェフが客の目の前で焼いているビーフステーキの値段を聞いてきた。近くにいたらおずおずと「あのお、それいくらでしょうか」と下手なイタリア語で尋ねるのだが、遠くなので聞くのも恥ずかしく首をかしげていると、仲間は、どうしても値段を知りたい様子。エイと思いきって大声で「クワント・コスタ?(いくらだい?)」と叫ぶと、すかさず「タント・コスタ!(高いぞ!)」と返ってきた。とたんに周りの客からどっと笑い声。ゴロ合わせで掛け合い漫才をやってくれたのだ。当然そのあとすぐに本当の値段も教えてくれたが。私は、食事の間中楽しい気分で過ごした。
 2年目からの先生は、日本に長く住んでいる高齢の男性、非常に熱心な先生で、テキストを敷衍して、類語や文法、さらにイタリアの文化、社会、習慣、地理など深く教えてくれる。授業中は日本語は一切「ダメ」という学校の禁を犯して、ペラペラの日本語でだ。当然私たちも日本語で質問、だから、「イタリア語会話」の習慣だけは少し後退した。

「別荘」を飲む?

ところで、イタリア語は、主語、述語等の順番は無茶苦茶でもOK 、発音は殆んどローマ字読み、ある意味、日本人にとって非常に簡単な言語である。しかし、私にはLRの区別はうまくできない。一昨年の秋、いとこと夫婦2組でトスカーナのアグリ・ツーリズムの宿に8泊し、旅行したときのことである。初対面の挨拶を済ませ、予約していた食事を用意してもらった。その際、飲み物を聞かれ「birra(ビール)」と言ったら2度も聞き返された。「villa(別荘)」と聞き間違えられたようだ。「飲み物と言えば、ビールかワインだろう、別荘なんか飲めるわけないのに」と、自分の発音の悪さを棚に上げて、一人ぶつぶつ言っていたものだ。

クッキアイオとオッキアイオ

この旅行では、13往復しかないバスで毎日フィレンツェまで行き、そこから電車であちこち出かけた。2日間だけは少し不便なところなのでガイドを頼み、車で出かけた。その時は、私が助手席に座り、5分考えては一言、10分考えては一言、こんな調子での会話であったが、時々二人で笑いあったりもしたので、言葉のわからない他の3人には、結構会話がはずんでいるように見えたようだ。レストランで昼食の時「オッキアイオ(片目)ください」と頼めば、さっとスプーン(クッキアイオ)を持ってきてくれる、澄まして食事をしていたが、後でガイドから誤りを正されるというようなこともあった。それでも、この期間中、我々4人の会話以外では、日本語はおろか英語も一言も話さずに過ごした。
 旅行から帰って、イタリア語のレシピをいくつか読んだ。食材の名前をあまり知らなかったので、レストランでメニューを見るのに苦労したからである。こんなことから料理が面白くなり、新しい趣味が増えた。これもイタリア語のおかげである。月に何度かはいろんな料理に挑戦している。

検定試験挑戦の決意

このように、10年間続けているイタリア語も、もう一つ目覚ましい進歩はないので、今年になって「検定試験を受けるぞ」と決意した。いざ受験参考書を買ってみると少し難しそうなので今年は一つランクを落とし、2年計画とした。でも、目的をもって勉強すると何か手ごたえが今迄とは違うような気がする。さらに、作文の力をつけるために2月から日記をつけ始めた。23行の文章に30分も1時間もかかっている。日記をつけ始めて気がついたのだが、年金生活者で、単調な生活を繰り返している私でも、11日が昨日とは違っている。というのも、毎日同じことを書いていては勉強にならないので、何か変わったことはないかと考えると、結構出てくる。そのような目で一日を振り返ると、なぜか毎日の生活が今までよりも充実しているように思えるのは不思議である。
 試験に通ってもいまさら自分のキャリアにプラスになるわけでもないし、能力を社会に役立てることが出来るわけでもないのに、何を好き好んでと思わないわけでもない。でも、どんなことでも今迄出来なかったことが出来るようになるのは楽しいものである。そして、私のような年寄りが楽しそうに生き生きしていれば、周りの若者にとっても必ずプラスになるだろうと勝手に解釈して自己満足している。

トップページへ     サイト・マップへ        今月のエッセイ