世界遺産・平城宮跡(国営平城宮跡歴史公園)の

新たな危機――コンクリート舗装化

はじめに

 国土交通省は京奈和自動車道大和北道路を平城宮跡直下の地下トンネル案に替わって、平城宮跡の東側、世界遺産の緩衝地帯(バッファゾーン)内の東端を地下トンネルで通過し、さらに平城京域を高架道路で通過するルート・構造案を推進し、都市計画の手続きを進めた。しかも、残念ながら2008年には奈良県が都市計画決定を行い、2009年に国土交通省が事業計画を決定した。

 しかし、高速道路から世界遺産・平城京を守る会を中心に、あきらめることなく継続して保存運動を進め、その結果として2010年大きな変化が生まれた。奈良県知事が大和北道路の地下トンネル区間に対し、国土交通省への新規事業化の要望を財政上の理由から当面見送る方針を明らかにした。これによって、地下トンネル区間が整備される可能性はかなり低くなった。これは、あきらめることなく保存運動を継続してきた成果であり、長年「平城宮跡」を守る運動を支援いただいたたまものである。

 だが残念なことに、今また新たな世界遺産「平城宮跡」の危機が迫っている。

 

1、世界遺産を国営公園化

 平城宮跡は、1998年に「古都奈良の文化財」としてユネスコの世界遺産に登録され、2008年(平、成20年)10月、平城宮跡を国営公園として整備することを閣議決定。12月に「国営平城宮跡歴史公園の公園整備・管理の基本計画」を策定、そして国営公園の事業化(国交省)が決定された。

国営平城宮跡歴史公園の基本方針の4項目の第1項で次のように述べている。

   特別史跡・世界遺産である歴史・文化資産としての適切な保存・活用                 

平城宮跡が、国の特別史跡として指定され、世界遺産として登録された「古都奈良の文化財」の構成資産であることを尊重し、貴重な歴史・文化資産として確実に保存し、良好な状態で後世に伝えます。
 さらに、今後も遺跡の発掘調査・研究が継続される場所として、発掘調査・研究自体、また、蓄積・深化されていく考古学的知見や遺跡の表現手法の技術的発展を事業に適切に活かしていくことにより、特別史跡・世界遺産にふさわしい「遺跡博物館」
としての機能を持つ公園整備を実施します。   遺跡博物館:遺跡を守り、研究し、これを整備して国民的な利用に供するものとして提案された遺跡の一つの存在形式(「特別史跡平城宮跡保存整備基本構想」による)。           

 しかし、工事施工当初から現在まで11カ月の経過では、「特別史跡・世界遺産である歴史・文化資産としての適切な保存・活用」が無視され、文化遺産を破壊するための公園整備の工事に過ぎないスタッフと予算投入の観がある。

2、世界遺産をイベント広場に改装し、舗装撤去を無視

201011日から1231日まで、平城遷都1300年祭主会場とするために、駐車場や道路など約40,000㎡のアスフアルトコンクリート舗装を行い、一部を撤去したが駐車場そのものが今日も、依然として使用されている。驚いたことに大極殿前の広場も1300年祭のメーン会場として整備し、約35,000㎡をアスフアルトコンクリート舗装し、その上に直径23㎝の玉石を厚さ約10㎝程敷きつめていたことが、第一次朝堂院前広場の舗装工事反対運動の中で発見された。

 このイベントだけで、世界遺産コアゾーン内で約75,000㎡(7.5ha)の地下に雨水を通さない舗装面積が増加した。しかも世界遺産センターと約束した、遷都祭が終わった2011年度に舗装や修景柵の撤去をせず、第35回世界遺産委員会決議で指摘される恥かしい状況になっている。

 舗装によって雨水が地下に浸透しなければ、地下水によって守られている地下埋蔵文化財は消滅する。 

「決議」は今年の21日までに世界遺産センターに報告の義務があり、日本政府がどのような「報告」をしたのかと文章を要求すると、奈良県文化財課の担当者は、「21日までの報告とは聞いていない」、文化庁は3月段階での電話で「外交文書でありNGOに公表できない」、国会議員にお願いしての文化庁の返事は「世界遺産センターが公表していないので、双方の信頼関係もあり、日本政府として公表できない、」などと国会議員にも、かたくなに従来に無い非公開の回答をしている。

現在、カンボジアのブノンペンで行われた世界遺産委員会が1か月前に終っているにもかかわらず、8月に入ってなお、文化庁は日本政府の回答や世界遺産委員会の決議について、現在整理中であるとして、各文章を明らかにしようとしていない。

 ちなみに奈良県は、当面5年間は撤去しない方針と非公式に言っており、許すことはできない。

3、公園化で世界遺産平城宮跡の危機――コアゾーンの舗装化

  「国営平城宮跡歴史公園」(世界文化遺産「古都奈良の文化財」:平城宮跡)を管理する国土交通省

近畿地方整備局、国営飛鳥歴史公園事務所平城分室は、2012年9月20日に新聞発表し、13年9月24日の新聞報道で県民が、世界遺産平城宮中央区朝堂院跡45,000㎡の舗装工事を9月25日から始まることを初めて知った。

 この報道で、世界遺産平城宮の破壊を懸念する奈良市民の有志(寮美千子・作家)の要望によって、

9月27日、18時から、25名が集まり、同分室の工務第2課長から工事内容の説明を受けた。そこで

明らかになったことは、

◎工事に当たり、自然を壊さない、世界遺産に影響を与えないことに留意して工事をする。

 第一次大極殿の南側にある中央区朝堂院跡45,000㎡の広場を土にセメントを混ぜた舗装(ソイルコンクリート舗装)にする。

● 予算は1億1千万円。文化庁の協議が遅れたため23年度予算で,24年度で工事する。整地の盛り土は2070㎝程度、盛土約15,00。舗装は東西210×南北260mの範囲、付属施設も施行。工期は9月25日~H25年3月末。

 目的は、朱雀門から真直に大極殿まで行けるようにする。現状は草が生えていて遠回り。また

広大な広場にしてイベントができ、そして朝堂院の広さを実感できるようにする。

     舗装で雨水が地下に浸透しなくても、第1帯水層が北から南に地下水が流れており、地下水が枯

渇しない。45,000㎡の舗装で地下水に与える影響について検討はしていない。

● この工事は文化庁と協議し、承認されている。世界遺産委員会との協議や工事の報告などもしていない。 以上の説明に対し参加者から、

○ 土にセメントを入れれば「透水性が無くなり、雨水の地下へ浸透できず埋蔵文化財が危機になる。

○ 全面舗装しなくても人が歩ける幅の道路を作ればよい。 

○ 地下埋蔵文化財に与える影響大の舗装は世界遺産の重大な現状変更だ。世界遺産委員会に報告・協議をすべきだ。

45,000㎡の舗装による地下水への影響を調査すべきだ。

○ 広大な面積を舗装すれば、自然を壊し地球温暖化にいっそう拍車がかかるし、緑を無くすれば虫、動物が死滅する、ツバメのえさが無くなる 

○ また、県民に対し一切の説明もなく、工事を発注した後の説明会ではあまりにも人をないがしろにしている。さらに、工事の図面や仕様書など資料を後日提出してほしい。等の要望も出された。(が、後日に図面等は工事契約の文書になるので、情報公開で大阪の近畿地方整備局に申請されたいと回答した。) 最後に、説明会参加者一同が直ちに工事中止を申し入れた。 

   署名実施と「平城宮跡を守る会」を結成

この国営公園整備の最大の問題点は、国営公園として整備する(公園基本整備図参照)平城宮跡の面積   

124haの約半分近くを舗装ないし、草も生えさせない計画と推察されることである。舗装によって雨水が地下への浸透ができない代償として、計画では西側に貯水池を整備するから、地下水は枯渇しないと説明された。(暫くたって、貯水池は別の調整池工事で誤説明と判明した)

ことの重要性から緊急に、寮美千子氏(作家、奈良市在住)と小井修一(高速道路から世界遺産・平城京を守る会事務局長)を工事中止、アピールなどの発起人として賛同者をあつめ、国交省、文化庁などに申し入れるとともに、103日に「平城宮跡を守る会」を結成し、工事の即刻中止を求める署名を展開した。                

60年前―井戸が自噴

今から60年前には、平城宮跡西側の井戸は地上に自噴していた。しかし今日、付近の開発によって地下水が地上より約1.5mも水位がさがっている。これらからも地下水位が下がることはあっても、上がることはない。このときに世界遺産コアゾーンから、地下水を枯渇させる愚かさをしてはならない。世界遺産平城宮跡124haの内、学術調査が終っている面積はまだ3割を超えているに過ぎない。

 事の重大性から緊急に以下のアピールを出し、舗装反対の署名を提案し、インターネットを中心とする「平城宮跡を守る会」を結成、代表に寮美千子・副代表に小井修一、事務局長に松永洋介氏を配し、ネット中心の舗装反対の署名を開始した。

 2回目の工事説明会は10月3日に公園事務所の副所長が参加して開催、しかし工事中止の回答が得られず、また新聞等からも「住民への説明不足」と指摘され、第3回目の説明会が11月10日に用意された。 これには事務所長と文化庁からも出席、緊急の工事説明会にもかかわらず150人が参加した。いずれも、舗装中止の要望とずさんな工事計画と内容に、そして、文化庁の「木簡が無くなつても世界遺産平城宮跡の登録は抹消されない」発言が飛び出し、参加者の怒りが増すばかりで時間切れになり、国交省は工事強行を宣言、再説明会の要望にもこたえず、誠意の無い対応に終始した。

4、今度は新たな調整池工事でツバメのねぐらを破壊

奈良から全国、世界へ、緑地や環境を守れ、世界遺産を守れ、舗装化反対と呼びかけた「世界遺産平城宮跡を守る署名」は、1223日、開始から3ヶ月で30,000筆に到達、20132月末で3万4千筆を超えた。しかし、国土交通省(以下、国交省)は第一次朝堂院前広場のコンクリート舗装前の1.5万立米の盛土工事を強行、2月末にほぼ完了した。

ところが2月に入り、突然、国交省が大極殿西側の道路沿いの樹木26本をバッサリ伐採した。調整池を作るための水路拡幅のためと言う。この工事も、事前の説明など何の前触れもなく行われた。

3月5日午後1時から「平城宮跡を守る会」の申し入れで、国営平城宮跡歴史公園(世界文化遺産「古都奈良の文化財:平城宮跡」)を管理する国交省近畿地方整備局、国営飛鳥歴史公園事務所平城分室による「調整池」整備についての現地説明会が開かれた

 この工事は新聞発表もなく、突然の工事によって大極殿西側の樹木が26本も伐採されたが、さらに2か所の湿地帯に生えている葦類を刈り取り、重機により堤防を作る「調整池工事」であると説明された。

 「調整池」を作る理由は、「大極殿前広場約4万㎡(4㌶)、そして第一次朝堂院広場4万5千㎡を舗装すること等によって、50年確率の雨量による秋篠川へ注ぐ水量がオーバーし、一時的に川に流れる水量を遅らせる為に平城宮跡内に「調整池」が必要になった(県の教育委員会文化財課の説明による)というものである。

 「野鳥の会」も抗議、世界遺産センターへの事前報告も無し

当初、「奈良野鳥の会」は、朝堂院広場の舗装はツバメの営巣地に影響がなく、反対しないという態度だったが、舗装の為にツバメのねぐらがある場所に調整池が作られ、樹木が伐採されて、抗議行動に立上がった。近畿でも2番目に多い2万羽のツバメのねぐらという。

 世界遺産条約・同ガイドライン(指針)172項で、世界遺産の中(コアゾーン)でのこのような開発行為(現状変更)は厳に禁じられており、事前の「協議」が求められている。

 しかし、国交省は2008年(平成20年)に決定した「国営平城宮跡歴史公園」の基本計画はユネスコの世界遺産センターと協議済として、具体化の工事は国交省の裁量で行い、世界遺産委員会への報告もしないという不当な態度をとっている。基本計画ではそれぞれの整備を行うと謳っているが、具体的に草の生えないセメント舗装工事をすることや、調整池を作るために高さ1.5mの堤防工事をすることなどは表記していない。このような横暴な世界遺産壊しの公園整備工事を許すわけにはいかない。

5、45日、国交省へ署名3万5,626 筆を提出

署名は海外10カ国以上からも届き、45日、公園整備を担当している国交省近畿地方整備局に35626筆の署名を6人で提出した。

応対した整備局の小島公園調整官は、「舗装するな」との要求に対し、「文化庁と協議し、現状変更の手続きをした。地下水もモニタリングで低下していない」と公園整備工事強行を回答した。

地下水位がもし、低下すればどのような対策で水位を上げるのかその方法は無い。その研究もせず、現在の地下水位のモニタリングは何の役にも立たないことを知るべきである。

6、今必要か、巨額2,000億円の国営公園整備計画

 本年1月に入り、国交省は国営公園の整備計画の第1次供用として平成28(2,016)年までの事業計画を発表し、2月中をパブリック・コメント期間とし事業に対する意見の募集を開始した。そして全体供用は平成522040)年としながら、当局の資料から見ると平成28年~77年の50年間に約2000億円の投資を見積もっている。この中には近鉄の移設費も含まれており、その用地費は約800億円、移設費は約400億円、宮跡内の公園設備費は大極殿院の回廊も含め約800億円と推察される。

 東北地震災害の復興や福島原発の後始末、そして経済不況の現況からして、このような巨額の文化財を破壊する?、開発投資が今必要なのか大いに疑問である。

7、国交省の(世界遺産の)公園事業――体制・経験・資格もなし

 工事現場を含む計4回の工事説明会に参加したが、国交省が国営平城宮跡歴史公園の基本方針で述べている肝心の ① 特別史跡・世界遺産である歴史・文化資産としての適切な保存・活用」が全く無視されていることである。 その外、国交省が世界遺産コアゾーンで工事を行う問題点は

     工事監督の体制――工事の監督者は土木技術者であり、文化遺産や世界遺産と無関係の技術者が多い、

  また、施工する建設業者も同様で、まさに道路や河川、宅地づくりの手法しか知らない面々である。

     工事の経験――工事の監督、施工業者とも、世界遺産のコアゾーンでの工事の経験は皆無。

     工事の資格――工事の経験や体制の無い「国交省」に世界遺産のコアゾーンでの工事の資格が無いこ

とは工事説明や工事のやり方を見て明白である。少なくとも、監督職員の1年間の研修を行うか、文化庁の専門の職員を工事監督にするために研修を行い、「国交省」に派遣するなどの処置をすべきである。   

施工業者も文化遺産を守る知識を持った専門業者を対象とし、道路づくりと同じ手法で、世界遺産コアゾーンでの工事をしてはならないことを認識すべきである。

8、これからの運動

昨年、舗装中止の要請行動の中で国交省は133月までの舗装工事を断念した。しかし盛土工事はほぼ2月末で完成し、舗装工事は新年度予算で6月に発注予定と発表していたが、今年46日、朝日新聞(奈良版)が次のように報道した。

「○ 工事は当初12年度末までにセメントを4%混ぜた土で東西210m、南北260mの区域を舗装する予定だった。しかしセメントを混ぜた土を使うことに反対の声が大きい。他の種類での舗装も  検討したい。土に混ぜる素材を樹脂にするなど別の舗装の方法も検討する。

○ 舗装の透水性を確かめる実験も行う。

○ 昨年11月、入札参加予定の21社から参考見積もりをとつたところ想定価格が高すぎたことが判明し、入札のやり直し事業が13年度に持ち越しとなった。

13年度の発注は、正倉院展が終わって観光客が少なくなる11月半ば以降になる見込み。」

草を生えさせない目的の舗装は、土を硬く固めるしか方法がなく、固めれば透水性が無くなる。木簡等地下埋蔵文化財は地下水で守られている。しかし、家屋や舗装道路の増設など開発の結果、過去60年間で地下水位は約1.5mも低下し、木簡や地下埋蔵文化財が危機に瀕している。

従って草を生えさせないためにセメントで固める舗装は、① 透水性をなくして木簡など地下埋蔵文化財を危機に陥れる。② 4.5万㎡に350トンものセメントの灰汁で生物が死に絶える。③ 舗装は地球温暖化を促進する、自然を壊すな、緑を奪うなと私たちはアピールし、それに答えた3カ月で3万筆、計3万6000筆の署名が無視できないことをこの記事は表している。

 世界遺産コアゾーンで、わがもの顔にふるまう国交省の国営公園整備のやり方は、あまりにも文化財・世界遺産をないがしろにした計画であり、住民の支持が得られないことを明らかにした。

私たちは、「文化遺産は子や孫からの預かりもの」をスローガンに「楽しくなければ集まらない」「まじめでなければ続かない」をモット―にさらなる運動を続けていく。               以上

高速道路から世界遺産・平城京を守る会 事務局長  小井 修一

                           (平城宮跡を守る会 副代表)(当所理事長)

 

トップページへ     サイト・マップへ        今月のエッセイ