奈良県の地域医療学習会

           「奈良県地域医療構想と地域包括ケア」

 

2月23日、奈良春日野国際フォーラムにて奈良県社保協、奈良県保険医協会、奈良自治体問題研究所主催の学習会「奈良県地域医療構想と地域包括ケア」が行われ、80名の参加がありました。

「奈良県の医療の現状とこれから」

林 修一郎 氏(奈良県医療政策部長)

第1部では奈良県医療政策部の林修一郎部長が「奈良県の医療の現状とこれから」のテーマで奈良県地域医療構想の概要を講演。医療の高度化、限られた医療資源、人口減少と高齢化の状況が進行するなか、奈良県の医療提供体制を大きく見直していく必要性について解説しました。県内の医療機関の特徴として中小病院が多く、医師が散在し、その多くが軽度急性期医療を担っていると考えられ、それが今後、患者の減やマンパワー不足の中で厳しい状況におかれていく中、病床機能の転換、連携の強化、在宅医療の推進の必要があることを強調しました。


「地域包括ケアシステム構築に向けた奈良市医師会の取り組み」

               谷掛 駿介 氏(奈良市医師会会長)

第2部では奈良市医師会の谷掛俊介会長が「地域包括ケアシステム構築に向けた奈良市医師会の取り組み」というテーマで講演し、奈良市での具体的な取り組みについて報告しました。会場からは「在宅医療を担う医師を短期間に養成していくことは可能なのか」「病床が減少することで地域医療が守られるのか」など様々な質問や意見が出され活発な意見交換の場となりました。

奈良県社保協は「奈良県地域医療構想」についてさらに県民の議論参加を進めるため、第2弾の企画を検討していきます。                (菊池)


トップページへ
  サイト・マップへ     研究所の行事ページへ