「どうするインフラ補修対策」を聴いて

                                                                           副理事長     川本雅樹 

 201212月に起こった中央自動車道・笹子トンネルの天井崩落事故は、様々な問題を提起した。直接の原因は、トンネル内の天井板と隔壁(送気ダクトと排気ダクトを分ける)を吊っていた吊り金具がコンクリート内部に充分定着されずに、後付けの接着系アンカーによって固定されていたという工法の誤りにある。と同時に共用開始後の点検も、事故につながった破断箇所は天井板から約5mも高いところにあるので、目視でしか行えなかったことも大惨事につながった要因であるとのことだ。

 私たちは、この事故からなにを学ばねばならないか。

すなわち「災害に強いインフラ」を考える時に忘れてはならないこと、それは建設当初からより安全で強度のあるものを造るとともに適切な維持・管理が不可欠ということである。道路を例にとって述べると、@日常的な清掃・除草、A施設(道路橋、トンネル、舗装、歩道、側溝、ガードレール、照明など)の充分な点検、B施設(同上)の適切な補修が行われていることである。ところが、2010年に発表された「国土交通白書」によれば、所管する8分野(道路、港湾、空港、公共賃貸住宅、下水道、都市公園、治水、海岸)の直轄・補助・地方単独事業で、維持管理費は2011年以降50年間で総額190兆円を要し、投資可能額から約30兆円不足するという。想像以上に莫大な費用を要するのだが、このことは、ややもすれば不足額に応じた省略が行われかねない状況を物語っている。

  現に、直轄国道の管理水準は、以前は巡回が原則1日に1回だったものが2010年からは2日に1回に、路面清掃が臨機応変に年間0〜138回だったものが、同じく3大都市圏で年間12回、人口集中地域内で6回、その他は1回になった。除草、剪定、除雪についても同様の見直しで維持管理費を削減してきている。河川についても、巡視による河川の現況や変化をいち早く知ることが重要で、堤防除草は管理の基本であるが、同様の縮減が行われている。このことは国だけではない。地方自治体にも共通することである。

 また、人員についても大幅な削減が行われている。国の出先機関の一つである近畿地方整備局の職員構成をみると、1990年には30歳以下の職員が585名だったものが、2012年には173名と29.5%になっている。それは、国家公務員の定員削減計画によって新規採用者が激減していることによるのだが、はたしてこのようなことで国民の期待する安全安心の真っ当な土木行政が遂行できるのか、甚だ疑問だ。同様に、全国の自治体で働く土木部門の職員も1996年の約193千人から15年間後の2011年には約142千人へと約74%になっている。また、市町村における橋梁保全業務に携わる土木技術者が全くいない(0人)が市区で13.6%、町で46%、村で70%になっている。これでは、まともな道路橋の維持管理ができるはずがないと思うのだが、いかがだろうか。

 こういう状況のもとで、もっぱら民間活力の導入が叫ばれて久しい。具体的には、民間委託として、かなり以前から測量や調査、設計などの業務があったが、上記のような圧倒的な人員減のなかで発注業務もまた民間に委ねようとしている。それは事業促進PPPといわれるもので、現に東日本大震災復興道路事業で実施されているという。それは民間技術者チームが施工前の調整業務を発注者と一体になって行うというものだ。具体的には、事業進捗管理や業務工程管理、地元への説明、関係機関との協議・調整、用地取得調整などを行うとのことだ。そうなれば、公の主体性はなくなり、もはやまちづくりという仕事は、やがて一民間企業の思うがままの営利目的の対象と化してしまうことは明らかである。そして、民・民契約による買いたたきの自由が横行し、一企業の独占的な支配が広がり、地域の土木業者にとっても系列傘下に入るか、つぶれるかを迫られることになる。当然、地域経済の健全な発展も望むべくもないことになる。

 このように、今日の土木行政は大きな転換点を迎えている。安倍内閣は、相変わらず大企業中心の公共工事の増加によって経済を活性化させるようなことを言っているが、もはやどんどんコンクリート構造物を造っていく時代ではない。リニア新幹線などはその最たるものと言わねばならない。今日、高度成長期に建設され50年を越えた多くの土木施設の適切な維持管理こそが求められているのであり、そのための必要な経費も予算計上しなければならない時代である。そして、地味で目立たないが、堅実な維持管理業務こそが国民・県民の望んでいる安全安心の災害に強い国土づくりに資することになるのだ、と。

  蚊口哲也さんのご講演を聴いて、以上のようなことを学びました。 厚くお礼申し上げます。

トップページへ     サイト・マップへ        今月のエッセイ