頑張る稲渕

  NPO法人「明日香の未来を創る会」設立1

                      常務理事 杉山清彦

昨年の1123日から1225日にかけて、古代アートと現代アートのコラボレーションを具現するイベントとして「飛鳥プロジェクト2011」が開催され、明日香村の石舞台や万葉文化館、高松塚などでいろんな作品が展示された。このイベントに稲渕も村民参加型事業として参加し、ジャンボ案山子の隣の田に長さ10m余りの「棚田の龍神」を展示している。この「龍神」は、今年の干支でもあるので、イベント終了後も当分は残されている。

 作品の製作に携わったのは、「稲渕の棚田オーナー制度」に関わる村びとやオーナーたちで、私も製作の最終段階での龍の胴体に巻く荒縄づくりに参加した。稲渕の入り口で飛鳥川にかかる「雄綱」は直径10cm、長さ100m程の荒縄で川の両岸に渡してあるが、それと同じものを200mは必要とする。かなり大変な作業で、20人ほどで丸1日かかった。これが昨年の私の棚田での最後の行事参加であった。この1年、NPO法人が設立されてからも丸1年であるが、棚田の取り組みも一段と充実し、稲渕は頑張っているなと感じた。

  私が棚田に参加して14年、米作りは未だに素人の域を出ないが、思い出だけはいっぱい詰まっている。それらを懐かしみながら、私の知る限りでの「棚田の歩み」にも触れて皆さんに紹介したい。

   米作りをすべて体験・多い村びととの交流

棚田制度の発足は平成8年。明日香の棚田も農業後継者が育たず、荒れ地が見られるようになり始めていた。そこへ役場より棚田制度の提案があり、大字の役員が連夜にわたる会議を重ねた結果、集落全体の取り組みとして実行委員会が結成された(稲渕棚田ルネッサンス実行委員会)

当初は33区画(1区画100u)の募集で270人もの応募があり、採用には「棚田参加の決意」なる論文試験もあったそうだ。私の参加は3期目で、もう試験もなくなっていたので採用されることが出来た。最初の田植えは1日中大雨、稲刈りの前には台風で殆んどの稲が倒れ、起こして回るなど「米作りは大変だなあ」というのが1年目の印象。

 稲渕の棚田制度は、それぞれのオーナー(田の借主のこと)が、自分の区画で全ての米作りの作業を行い、自分で作った米は自分で収穫する。毎年収量を競い一喜一憂する。平均で5060kgと言うところか。作業は日を決めて全オーナーが一斉に行い、インストラクター(稲渕の農業経験者)が指導したり、機械作業を受け持つ。

 5月の荒田起こしと苗床づくり、6月の畔塗と田植え(2日間)7月と9月の草引き、10月の稲刈り、11月の脱穀と、米作りだけで年間7日集まる。そのほか蓮華祭り、案山子たて、収穫祭など全員参加の行事が5日、自由参加で盆踊りや綱掛神事などオーナーと村びとが交流する機会は結構多い。水の管理など日常的な仕事はインストラクターが行ってくれているが、米作りの全体を体験できること、たえず村びとと交流していることがここの「棚田」の特徴かなと思う。

オーナーの半数以上が他府県か

 一区画は100u、たいして広くないが、田植えも稲刈りも手作業なので素人には結構きつい仕事である。最初のうちは孫とその親たちを助っ人に頼んだが、それも23年で来なくなった。年寄り二人でいつまで続くかなと思っていた頃、豊中市に住むいとこ夫婦が手伝いに来て、明日香が気に入り、その後毎年来てくれる。都会暮らしのものには、明日香も米作りも両方魅力のようだ。

平成16年の棚田オーナーの名簿を見ると県内35家族、大阪32家族その他府県9家族である。しかも県内のうち15家族は奈良市または生駒市である。みんなかなり遠くから、年間10日以上も家族で明日香に通っているのだ。そういえば、稲渕の長老が「明日香は何もなくてつまらないところと思っていたが、オーナーと触れ合い、話し合う中で明日香の良さに気付いた。」と言っていたのを思い出す。オーナーが遠くからせっせと明日香に通うことは、棚田の保全に役立つだけでなく、稲渕の人たちを元気にもしているのだ。

厳しくて、緩やかな組織の決まり

 この組織の決まりは厳しい。作業の日は9時に全体で集合、その後地域ごとに分かれた班で作業手順の説明があり、各自作業にかかる。自分のところの作業が終われば、遅れているところや共同田を手伝い、班の全体の作業が終わって解散となる。でも、いつも解散のときには半分ほどになっている。作業の日には親類や友人など助っ人を呼んでいるオーナーが多い。特に目玉ともいえる作業の田植えや稲刈りにはいつもの倍以上の人が集まっている。助っ人を呼べば、来てくれた人の都合に合わせて付き合うため、最後まで残れない事情もあるようだ。だが良くしたもので、そのようなオーナーは人数が多いため作業も早く、昼食休み前には、自分の田の作業を済ませ、よその田の手助けも十分している。だから、「お先に」と帰ってもみんな気持ちよく「お疲れさん」と返している。オーナー同士の阿吽の呼吸の助け合いである。「厳しくて、緩やかな決まり」もここの特徴だ。

     悩みはインストラクターの高齢化と後継者難

 稲渕の戸数は50戸程度であるが、30余名がインストラクターとして参加している。奥さんたちも大字婦人部の活動で棚田行事を応援しているので、まさに集落挙げての取り組みとなっているが、悩みの種はインストラクターの高齢化と後継者難である。私の知っている限りでも10人ほどが引退している。そのあと、本職を定年退職した若手?も補充されているが、半数程度である。その解決策の一つとして去年から10人ほど「棚田ヘルパー」が委嘱された。私もその一人であるが、70歳の私が最高齢なのでインストラクターよりは平均年齢で10歳は若そうだ。私は、インストラクターを補助できるような技術はないのだが、幸い自宅は橿原市と近いので、彼らがいつもオーナーより1時間前に集合して行っている準備作業には皆出席で、なんとか役割を果たしている。

オーナーについては新しい人も増えており、また、当初から継続している者もいて適当な構成のように思える。参考までに10周年記念誌(17)で見てみると、田のオーナーは、15期生28610期生45の合計70家族。また、畑オーナー(田と両方契約している13家族を除く)は、15期生18610期生3957家族である。

    元気むら「むらづくり」の力強い歩み

NPO法人設立後は事務局体制も確立し、環境教育や都市農村交流などの分野で事業の幅を広げている。さらに、伝統文化継承の事業として、補助を受け、「綱掛神事」や雨乞い踊りである「南無天踊り」のDVD作りにも取り組んでいる。法人の「ホームページ」は、写真や動画も豊富で楽しいものとなっている。法人名で簡単に検索できるのでぜひ見ていただきたい。

このように稲渕は悩みを抱えながらも、多くの村外住民と不断の交流を行い、協力し合いながら、活動の幅を広げ「自然環境保護」や元気むら「むらづくり」の歩みを力強く進めているように思う。

トップページへ     サイト・マップへ        今月のエッセイ