「福島応援ツアー”福島の今と未来”」に参加して①

                                                                                              理事 中村篤子(奈良自治労連)

 

2014年7月20日(日)~21日(月・祝)、自治労連女性部主催「福島応援ツアー“福島の今と未来”」に参加してきました。以前から、実際の福島を自分の目で見て、体感したいと思っていました。
 ツアーには、自治労連女性部がレンタルで空間放射能線量計を用意していました。空気中の場合は、地表1mの処で測定します。測定したい場所には、測定の棒を近づけます。 

「親子で、福島に住むことを選択しました」

20日9時、「ふくしま復興共同センター子どもチーム(通称:子どもチーム)」の一員で、中学2年生の息子さんをお持ちのお母さんから、お話を伺いました。「福島に住み続けたい人も、避難した人・したい人・させられている人も、安心・安全の中で子育てしたい、生活したい」とチームを作って活動されているそうです。「子どもたちは甲状腺がんの検査を受けているが、発症に時間がかかるガンで、大人になっても検査を継続してくれるか心配」「母親同士で、放射能の話はできなくなってしまっている」「保育園では除染が終わった園庭では遊んでいるが、お散歩には行けない日が続いている。保育園の遠足で線量の低い地域の野山で遊んできたが、子どもたちの体力が落ちているというより、体力がついていない」「保育園の給食は、陰膳方式[1食多く作って”、全てをミキサーにかけ放射能検査を行う]で、毎日食前に放射能検査をしてから子どもたちに提供している」など、深刻な現状を語られました。甲状腺検査は、震災当時概ね18歳以下が対象で、20歳までは2年ごとに、20歳以降は5年ごとの検査が行われます。検査費は18歳以下は無料です。自己負担がかかれば大人になった時、低賃金で受験できないのではないかと、心配を募らせておられました。広島からのツアー参加者には被爆2世の方もおられ、内部被爆の恐ろしさ、入市被爆の実態、被爆手帳での差別など、福島の現状を自分たちの歴史と重ね合わせて、話されました。ヒロシマ・ナガサキ・ビキニに続いて、フクシマです。“先進国”の日本で、4度目の被爆であるにもかかわらず、歴史から教訓を引き出せていない国に対し、怒りを禁じえないと同時に、私たちに何ができるか、考えていかねばと思いました。「住んでいることを尊重してほしい。住み続ける、難する、どの選択をした人も、悲しい思いをしないでいられるように、それぞれの選択を応援してほしい」と語っておられたのが印象に残りました。「自分だったらどの選択をするだろうか」「“全体の奉仕者”はいかに仕事をすれば良いのか」、しばらく頭から離れませんでした。

 車窓に広がる「草原」~原発事故がなければ「田」なのに~飯館村

10時バスに乗り、南相馬市に向かいました。「相馬新地・原発事故の全面賠償をさせる会」事務局長の村松さんが乗ってこられ、説明を受けながら、車窓から見学です。途中、全村避難の飯館村を通過しました。現在は居住制限区域で夜は泊まれませんが、昼間だけ戻れるそうです。ここは、津波も地震も影響がなかったのです!放射能の影響で、広い耕地には何も植えられず、「草原」が広がっていました。原発事故がなければ、水が張られ稲穂が育っている様子を清々しく眺められたはずの処です。ツアー同乗者で他県の農業試験場職員の方は、「この景色を見ていると、泣きそうになる」とつぶやいておられました。どの家も庭もそのままで、少しずつ廃屋化していっています。時折、帰宅して家に風を通したり、掃除をしたりしている姿が見受けられました。建設中の家が、放置されていました。

 南相馬市では、原発からの距離で東京電力から月々賠償金が出されていますが、鹿島区・原町区・小高区で、ゼロ・一部・満額(月10万円だったかな?)と金額が違い、そのことが「団結」に影を落としているとのことです。古今東西「分断は権力者の常套手段」ですが、釈然としないものを感じました。

 飯館村にある老人ホームの入居者は、夜間も泊まり、避難されていないそうです。職員は泊まる訳にはいかず、昼間だけのお世話ですが、それでも「同じ死ぬのならここで。避難生活はしたくない。」と生活を続けておられます。ところが、この老人ホームでは、いわゆる“原発事故関連死”が今のところ無いのだそうです。「複雑な思いです。」とお話されました。

 

未だ“311”のまま~浪江町~

察官のバリケードをくぐって、帰還困難区域へバスは進みます。通行証がなければ入れません。車窓からの景色は一転して、津波と地震の傷跡がそのままに、野ざらしになっています。家も橋も電信柱も、津波で持ってこられ車も船も・・・。2011311日から時が止まっているかのような錯覚を覚えました。ただ、雑草だけが季節の移り変わりを教えていました。実際は、少しずつ瓦礫を集めたりとしているそうですが、金属(車や船体)には放射能が付着しているので触れられないため、そのままだと言うことです

遠くに福島第一原発の煙突が見える橋の上で、途中から合流した農民連(農民運動全国連合会)役員でNPO法人「野馬土」の三浦さんからお話を聞きました。この地域の空間線量は低いにもかかわらず、原発からの距離が20km圏内で「何かあったら逃げ切れない」地域であるため、ほとんど手を付けられないし、農業も漁業もできないということです。

  

原発に最も近い浪江町立請戸小学校

地震と津波で無残な姿になった体育館は、卒業式を控えたままでした。在校生は直ちに避難して全員が無事であったそうですが、被災後全員が集まることは一度もできていないそうです。全生徒数80人ほどだが、原発交付金等潤沢な交付税が国から交付され、とても立派な学校であった様子が分かります。校舎の時計は、津波が到達した時刻を指示したままでした。

  この辺りまでが立ち入りできる限界です。バリケードから先は警戒区域で、防護服が必要だそうです。

 

新聞店舗・線路・バスも手付かずのまま

浪江町駅近くの新聞店舗には、2011312日付の新聞が店内に山積みのまま放置されていました。駅前の駐輪場には、高校生や通勤客の帰りを待つ自転車が整然と並んだままでした。 JR常磐線は、竜田~原ノ町、相馬~浜吉田駅間の運転を見合わせ、相馬~亘理駅間でバス代行輸送を行っています。電車が走れない線路がそのまま。不思議な気持ちにさせます。バス会社の観光バスが、放置されていました。鉄は放射能を吸着しやすいので、まったく触れられないのだそうです。駅前のロータリーにも、コミュニティーバスらしき小型バスが、放置されていました。

 安倍首相と復興大臣らが2013年10月、南相馬市に来て、原発事故の旧警戒区域で事業を再開し、雇用維持に取り組むタニコー(株)福島小高工場の見学をしたそうです。しかし、せっかく居住制限区域の小高区まで来たのに工場だけの見学で、街々は全く視察しなかったそうです。そのすぐ先の、帰還困難区域の有様も当然、見ずに帰ったそうです。

 

空間線量計~「高い数値は信用してはいけない」?!

トイレ休憩に寄った浪江町役場は、一部業務を行っていました。ここも潤沢な交付金で立派な庁舎です。市内の避難区域にも、駅や住宅地、役場などのあちこちに、空間線量計が設置してあります。説明を聞いて驚いたのは、「低い数値は信用してよいが、4とか5とか高い数値は信用できない」ということでした。「高い数値の場合は、自分で測定しないといけない」と。こんなところまで操作されているのかと、恐ろしくなりました。

「福島応援ツアー”福島の今と未来”」に参加して②

「希望の牧場」殺処分される牛の放牧

 次に訪れたのは浪江町「希望の牧場・ふくしまです。ここの空間線量は、今までの15倍以上。舗装されている道の端の牧草地の水溜りに線量計を向けると、ピー!!と音を立て、針は振りきっていました。原発事故後、政府は放射能汚染された家畜の殺処分を指示します。しかし、事故原発から14㎞の浪江牧場(現・希望の牧場)では、被爆した牛でも被爆実態の研究・調査の検体として価値があるとして、330頭を終生飼育する「希望の牧場プロジェクト」と立ち上げました。牧場主の吉沢さんは、訪れる人たちに力を込めて訴えておられました。「国の言う通りにはしない。牛は殺処分しない。汚染された地域でも閉じた循環を作ることで、約20年と言われる牛の寿命を全うさせることはできる。震災と原発事故の惨禍を生き延びてきた牛を無意味に死なせるのではなく、活かす道を考えます。原子力政策を推し進めてきた国と、それに乗じて安全対策を怠り、住民たちに大損害を与えた東電、空を大地を汚す放射能からも、声なき『命』を守るため闘い続けます。」

除染表土が詰まった黒いビニール袋の山・山・山

バスは、今夜宿泊の旅館へ向かいました。 街のあちこちには除染表土の黒い袋の山がありました。最終処分方法が見つからず、取りあえず固めて置いてあるそうです。作業単価が高く国の事業である“帰宅困難区域”は進み、単価が低く県の事業である“居住制限区域”は進んでいないそうです。肝心の住める処、耕作地の除染が進まない状況だと、施策・税金の使い方がおかしいと言っておられました。移動中、まとまった仮設住宅が見受けられました。大型ショッピングセンターの近くに建てるようになったそうですが、当初のものは周囲に買い物する場も診療所もない不便な処に建っているとのことでした。

「田んぼアート」~「景気づけに面白いことをやろう」

 浜通り農民連やNPO法人野馬土」の三浦さんたちが取り組んでおられる“田んぼアート”の横を通りました。「野馬土(のまど)」のHPに色づいていく様子を載せておられます。816日、「田んぼアート」の「豊年祭り光の芸術祭」がNHK、福島民報、新聞赤旗(8/18)ほかで紹介されました今後は、太陽光発電の福島実証モデル事業「5軒組モデルによる農家の未利用空間の活用実証」にも取り組み、「来年は、耕作されていない田んぼに太陽光パネルが並んでいますよ」と力強く語られ、未来を見つめて躍動的に活動されている姿に、私の方が励まされました。

津波から守った船が・・・

 宿泊する旅館の近く、相馬市松川浦の港には、津波から守ったのに使用できない漁船が集められていました。必死の思いで守り抜いたのに使えないって、何とも言えない気分でした。

「生業をかえせ、地域をかえせ!」福島原発訴訟

  夜には、「生業(なりわい)訴訟」原告団長の中島さんのお話を伺いました。「生業をかえせ、地域をかえせ!」福島原発訴訟は、2600名の原告で、「①現状回復-放射能も原発もない地域を、②全体救済-あらゆる被害者の被害を救済せよ、③脱原発」を目的とされています。

ドイツが廃炉を選択することになったのは、事故を起こした時の慰謝料が膨大になり、これでは国家予算がもたなくなるから廃炉しかないとの議論の結果、廃炉を選択したようなので、日本でも同様に慰謝料請求にすることにした」と説明されました

「原発事故は、史上最悪の公害」。公害被害者総行動、全国の公害被害者と連帯して運動に取り組んでおられるそうです。原告は、農家、漁師、商工業者、教職員、公務員、サラリーマン、主婦、学生など様々な人たちで、年齢も0歳から92歳までと、幅広い年代に及んでいます。地域別には、福島県内では全59市町村中50市町村に、隣接県の宮城・茨城、北海道、山梨、長野、静岡、愛知、石川、沖縄、さらには海外への避難者の方まで、広範にわたっているそうです。

福島県産のお米の全袋調査

 21日は、農事組合法人浜通り農産物供給センターとNPO法人「野馬土」へ向かいました。お米の全袋検査器フードセーフは、原発事故による放射能汚染を受けた福島県が、県産米の安全性を担保するために設置したものです。福島県で生産した全てのお米を検査することで、消費者に届くお米が、検査から漏れて食卓に届くことが無い様にと、全量検査を県全域で実施しています。検査を受けたお米の袋には、検査結果をQRコードにして貼り付けられていました。

産直売り場には、NaIシンチレーション検出器が置いてありました。一般食品(飲料水、牛乳、乳児食品以外の食品)の放射能検査用機器で、直売所入口の検査室に設置し、販売農産物も無料で測定しているそうです。

 空間線量測定だけでは安心して農業ができないので、GDP機能付きの土地の線量を図る機器を使い、農地を測定しているそうです。

 少しでも復興に役立てるようにと、産直直売所では、ツワー参加者がたくさんのお買い物をしていました。私は、三浦さんお勧めの「野馬土煎餅」と「日本酒・おやじの小言」など結構お土産を買いました。 

「仮設住宅は、家じゃないよ」

 相馬市大野台の仮設住宅・サポートセンターで、の元住人の方からお話を伺いました。仮設住宅は元のコミュニティーをなるべく維持するために、元の村落ごとに入居しているとか、入れる広さも世帯人数に応じ、抽選で決めているなど、運営に工夫を凝らしておられます。3人の方から「仮設は仮設。本当の家じゃない。隣の家の屁だって聞こえる。」「結露がすごくて、タンスの裏はカビがビッシリ。」「原発がいけないのかどうかは分からんが、事故起こして、止めることにしようと思っても止められないモノはイカンのじゃないか。福島だけでなく、来られている皆さんの処の話です。」「福島の船は他の県の港が使えない」など、たくさんの話を聞きました。一人の漁師の方は妻を亡くしておられ、「あの日、めずらしく喧嘩をせんかったのがイカンかった。喧嘩をしとけばよがった。」と話されたのには、聞いている参加者は目頭を押さえていました。楽しいことも企画しようと、歌手も呼んで「東日本大震災物故者慰霊流灯会」を行うんだと、ポスターを披露して下さいました。 津波で甚大な被害を受けながら復興し、営業再開した「たこ八」で昼食をいただき、福島駅で解散となりました。

 行って来て良かったと実感します。新聞やテレビでの報道では実感がわかず、さりとて想像力も豊かでないと、余りの惨状に別世界のように感じてしまう時もありました。(被災地の皆さん、ごめんなさい。)実際に見て、当該の方の話を聞き、空気を肌で感じて、体の芯からのモノが沸きあがってきました。何よりもどの方々も、未来に向かって歩んでおられる。その姿に、こちらが励まされた思いを強くしました。福島は遠くて、誰もが行ける状況ではありません。個人的なものであっても、少しでも多くの人たちに伝えたく思いました。

再稼働より事故収束・復興を!719ふくしま集会/アピール  (抜粋)

「福島原発事故から34ヶ月が経過しました。福島原発では汚染水問題の解決をはじめ、今なお事故収束の見通しがまったく立たない深刻な状況下にあります。いまだに13万人近い県民が避難を余儀なくされています。増え続ける原発事故関連死は1735人となり、地震・津波の直接死(1603人)を大きく上回りました。農林水産業や観光などの復興も大きな困難をかかえたままです。多くの県民が、日常生活で放射能を意識しながら生活しており、精神的な負担や不安は続いています。原発事故は終わるどころか、被害は拡大しています。

 原発再稼働や輸出にむけた環境づくりのために、事故収束も賠償も除染も『終わったことにしよう』という国の姿勢が復興そのものを遅らせる根源になっています。安倍政権は、『一日も早い事故収束と抜本的な汚染水対策』『徹底した除染と完全賠償』『福島原発の全基廃炉』という『オール福島』のねがいに正面からこたえるべきです。

 『原発即時ゼロ、子ども・いのち・くらし守る』署名も33万人を越えました。福島県町村会と福島県町村議長会が『県内全基廃炉』を決議し、その決断を政府に要望するなど、『オール福島』のたたかいは前進しています。また福井地方裁判所は、福井県大飯原発の再稼働差し止めを認めた判決で、福島県の実態にふまえ、いったん原発事故が起これば憲法上の権利である『人格権』が侵害され、豊かな国土とそこに国民が根をおろし生活する『国富』が大きく失われると断じました。この判決を力に、全国のたたかいもさらに前進しています。」 

 

「野馬土」原発20km圏内ツアー 「野馬土」HPから「福島第一原発20km圏内の現状を実際に見ていただきながら、震災後から現在までの原発および津波による被災地の状況についてご説明します。」昨年2,000人以上を案内し、全国での原発再稼働阻止の運動を支え広げるために、事実から裏付ける活動をされています。三浦さんのお話は、とても分かりやすく、元気にしていただきました。

ツアーを計画してくだったのは旅行社「たびせん・つなぐ」 

“被災地の今と希望でであえるフクシマの旅3日間~福島市から原発20キロ圏内(南相馬市小高区&浪江町)まで~団体・組合・お仲間での独自の旅を計画しませんか”「地震・津波と原発事故による三重の被害に苦しみながらも懸命の努力をすすめている福島浜通りの私たちは、全国のみなさんに福島に直接足を運んでいただき、福島の現状を直接見聞きしていただくことを心より望んでいます。」

   受入・案内:相馬市9条の会、相馬新地・原発事故の全面賠償をさせる会、福島県浜通り農民連&NPO法人野馬土

   協賛団体:ふくしま復興共同センター、福島県農民連、福島県立高等学校教職員組合、

同相双支部、農民運動全国連合会、全日本教職員組合

トップページへ     サイト・マップへ        今月のエッセイ