日本大震災被災地を訪問して

小林 秀穂(防災士)

 

 5月12日(日)〜14日(火)、ある団体に参加して、福島県、宮城県、岩手県を訪問した。午前7時40分、大阪伊丹空港発の飛行機であった。福島空港着は8時45分。五色沼、猪苗代湖、大内宿、飯盛山等を散策して、東山温泉着。二日目は宿を8時に出発。石巻市に向かった。いよいよ被災地視察・研修である。石巻市観光協会(ロマン海遊21)において、待機していただいた石巻市役所の方に、災害義援金をお渡しした。その後観光協会のボランティアガイドさんにバスに乗車していただいて、石巻市の海岸部分を視察した。経路は、ロマン海遊21→大街道地区→石巻工業港経由→雲雀野町【ガレキ積載場所】→日和大橋→石巻漁港→日和大橋→南浜町→門脇小学校【下車説明】→献花場所(門脇5丁目)→ロマン海遊21である。

前もって、「石巻市の復興状況について:石巻市.平成25年5月」を準備し、学習していました。それによると、石巻市は平成17年に、1市6町が合併して、当時の市民は約162,800人だったものが、震災により、12,125人の減少になった。震度は6強。津波の高さは、鮎川で8.6m。浸水面積は、73km2 (市内の13.2%(平野部の約30%)、中心市街地は全域が浸水)。死者は3,155人、行方不明者は444人。最大避難所数は、259箇所(平成231011日で全て閉鎖)、最大避難者数は50,758人。建物全壊は19,953棟、半壊13,118棟、一部損壊23,615棟、合計56,686棟。石巻市の被災住家数は、被災前全住家数の76.6%を占める。応急仮設住宅の状況は、整備戸数:134箇所 7,153戸 空き戸数 158戸。入居人数 15,950人。民間賃貸住宅(仮設住宅扱い) 5,066件、入居人数 13,317人。津波冠水により被害を受けた農地は、石巻市内の水田面積(8,850ha)の20%にあたる1,771ha。除塩による作付予定区域面積は、平成23年度で854ha(進捗率:48.2%)、24年度で1,099ha62.1%)、25年度で1,274ha71.9%)の予定。学校関係では、14もの小中学校が水没・流失や津波により被害を受けていて、他の学校校庭内の仮設校舎や間借りで授業をされている。復興公営住宅についても、用地が確保されたり、設計に着手が進んでいる。

災害に強い街づくり計画として、高台の無い市街地の復興イメージとして、二重の防御(堤または道路)で津波を防御し、住居そして学校や病院を守る、としている。

ガイドを務めていただいたのは、民生・児童委員さんでした。てきぱきとまことに手順よく説明していただきました。

先ず、石巻市役所。デパートが撤退後、震災の1年前に市役所が移転した。1階が商業スペース、2階以上が市役所業務を行っていた。震災時、建物が高いため、避難所となった。浸水した水は4日目になって引き始めたという。

各町々の風景は、震災当時TVで見た画面と違うと言えば、ガレキが撤去されただけでした。そこは、1,000世帯ほどの住宅地であったが、あたり一面草原で、元の住居の基礎部分のコンクリートだけが残っていました。中には所々住居が残っていましたが、人は住んでいないようでした。いたる所で仮設住宅を目にしました。海岸部分では、大きな施設が破壊されたまま残っていたり、撤去されて、仮設の小さなプレハブ施設がありました。210社の水産加工会社の内、半数以上が再建されているとのこと。みずほ幼稚園の話では、園児の内何人かは帰宅していたが、居残り組がいたので、園長などが園児を2階に上げた。9mの津波との情報をラジオからかすかに聞いた園長は、脚立を一番長く伸ばし屋根へ、園児の尻を押して屋根へ避難。夜中の2時、3時まで「こわいー」「さむいー」と叫び続け一晩を過ごしたそうな。あくる朝、海上保安庁のレスキューに救助された。園に残っていた園児11人と職員が助かった。既に帰宅していた園児7人が津波に巻き込まれ、地震後、保護者に引き取られた1人も犠牲になったそうな。

ガイドさんによると、民生委員さんのうち7名の方が死亡されたとのこと。また25名の方が、受け持ちの地域が無くなったとのこと。集団移転である。日本有数の製紙会社も津波の被害にあったとか、缶詰工場からたくさんの缶詰が流出したとか聞かされました。ガレキ集積場所には、選別が済んだと思われるガレキが山と積まれていました。大型焼却炉を5基(1基の処理能力は1日300t)。629万トンのガレキが出るそうです。また車の残骸が山と積まれた場所も数箇所目にしました。何箇所か仮設住宅も目にしました。マンガのミュージアム{石ノ森漫画館}が見えました。石巻市は地盤が7080cmほど沈下したため建物建設のためには、相当な盛り土が必要とのこと。石巻市南浜町は住宅がびっしりと建っていたところだったが、今はすべて基礎しか残っていなかった。津波が押し寄せてから、車のガソリンやプロパンガスが爆発。3箇所から火の手が上がり、3日3晩燃え続けたそうな。門脇小学校(元。現在は近くの門脇中学校内で間借り学習)の前の道路では、下車して説明を受けました。大川小学校の惨劇が思い出されました。近くの(門脇5丁目付近か)の献花場所に移動し、全員が献花しました。視察を終えロマン海遊21に戻った。それぞれがたくさんの買い物をしました。

女川町で昼食の後、松島を遊覧船で回りました。瑞巌寺、五大堂の参拝後、松島海岸で宿泊しました。

三日目は、宿を8時に出発、毛越寺、中尊寺参拝の後昼食。厳美渓を散策した後、仙台空港周辺を視察しました。閖上地域の惨状は辛かったです。たった1mほどの高さの違いで、全く津波の影響がない地域も目にしました。いたる所で、田んぼの除塩工事が行われていました。表面の土10cmを取り除き、別の土を入れるようです。各所で護岸工事が行われていました。仙台空港発1735の飛行機で大阪伊丹空港経由で帰宅しました。帰宅時間は午後830分。長い長い旅でした。

帰りのバス車中で、災害について話し合った。阪神淡路大震災が発生する直前の30年以内の発生確率は、0〜8%。東日本大震災では、1020%だった。ところが東南海地震の発生確率は、7080%。南海地震は60%を超えた。しかも南海トラフ地震の予想震源域が奈良県内にまで及んでいる。県北西部及び南部の予想震度は、6弱から6強とされた。しかも県北西部は液状化が予想されている。奈良県内の死者は約1,750人とされた。住民の生命と財産を守るための自治体の備えは万全か。過去の経験から、自助:共助:公助は7:2:1とされている。実際阪神淡路大震災当時、世帯、ご近所及び通りすがりの人たちによって救助された人の割合は95%とも言われている。奈良県には津波による被害はないとしても、各世帯による備え、自治会における自主防災会設立及び各種訓練の実施等々がその地域の運命を決める。悲しいかな、団体構成員の住所地の中で自主防災会を結成し、各種訓練を実施しているのは、私の自治会のみである。また、大和郡山市の指定避難所の数すらご存じない状況であった。

私を代表(チーム防災)として、大和郡山市まちづくりアイデアサポート事業支援金交付申請を行っている。事業内容として、@既存の自主防災会組織に働きかけて、連絡協議会の立ち上げと、レベルアップを図る。A自主防災会未構築の自治会に自主防災会立ち上げの啓もう活動。B市主催の「避難訓練」にできるだけ多くの自治会で参加できるよう活動。C学校教育現場において、「防災教育、避難訓練」等にアドバイザーとして委員派遣(そのために、日本防災士会主催「防災教育指導者研修会(会場:東京)」に小林が参加することが決定)。

D防災士資格取得の啓もう活動。E行政との共同参画により、各避難所に合致した「避難所運営マニュアル」の作成に協力。F「災害時要援護者」個別計画対策に貢献。等々としている。是非許可されて、災害発生時の市民の生命と財産を守るための市民活動を行いたいと考えている。この活動は平成25年度で終わるものではない。引き続き活動することが望まれると思われる。小林は平成24年度県内各地で21回の講演を行った。今年度も6月から予定が入っている。

(奈良自治体問題研究所 災害問題研究会代表)

トップページへ     サイト・マップへ        今月のエッセイ