構座

「小泉構造改革は、子供たちの育ちを・・保育所を・・どのようにしようとしているのか」
講座報告

講師の四方氏より約1時間話があり、その後質疑、意見交換しました。kodomo.jpg

平成に入って、子育てをしながら就労する女性は急増し、就労状況の多様化の中で、特別保育も含めた保育需要は、増え続け、特に都市部では待機児童の増加とベビーホテルの急増が見られる。こうした状況を踏まえ、子育て支援の強化とそれを支える保育制度の整備・充実が緊急の課題であると、まず述べられました。

そして、政府の各種機関での論議内容についての説明がありました。最近は、『構造改革』『規制緩和』の流れが強まり、現行の保育の質を保証しているいろいろな「最低基準」の撤廃、効率性のみの追求、直接補助方式による株式会社の全面参入などが視野に入ってきています。

現在は、保育所の定数は4月時点で25%オーバーまで受け入れていいことになっており、4月以降にはチエックされないので、事実上は無制限だそうです。保育士もパートが増え、全国の公立保育所の平均で職員の43.5%、奈良市では、50%を超えているそうです。

「パート労働者が殆どのファミリーレストランでは、労働がマニュアル化され、新米の店員でも30分で1人前の仕事が出来るらしいが、保育所でも仕事をマニュアル化し、コストダウンを図るべきとまで言われている。」とも述べられました。

「幼保一元化」をすすめるため、幼稚園教諭と保育士免許を一緒にする、保育所調理室の措置義務の廃止なども言われているそうです。幼稚園児、保育所園児それぞれに幼児の成育環境を保障するという点での『幼保一元化論議』ではなく、余裕の出てきた幼稚園の施設と人員を安易に保育所に活用しようとするもののようです。この「幼保一元化』は保育所を福祉的機能を持った施設から、ただ単に親にとって便利な施設へと変質させていく結果を導きます。

「保育の現場では、個性や家庭環境の異なった一人一人の子どもに合わせて保育をしている。食事でも、アトピーなどの体質やその日の健康状態などに合わせた工夫も必要だ。午睡でも、早朝出勤の母親は夜早く寝かせたいので、短時間の午睡を希望するなど、家庭環境への配慮が必要なときもある。」とも述べられました。そして、これらの保育実践の積み重ねが保育士の専門性を高め、子どもたちの健やかな育ちを保障することを強調されました。

討論の中で、次の意見があった。
『構造改革』は、このように重要な「保育の質」を下げて、効率性や便利性を追求するものなのに、父兄にも一般国民にも大変だという認識が低い。もっと「保育の質」の論議をすべきではないか。
今までの保育所運動でも、保育料や長時間保育など利用条件等の論議が殆どで「保育の質」の論議が少なかった。
保育実践の具体例をどんどん出しながら、「保育の質」の論議を広めていくことが大切だ。

なお、講師の四方氏より、後日、今回の講演内容のまとめとも言うべき文書「小泉構造改革は、子供たちの育ちを・・保育所を・・どのようにしようとしているのか」

が送られてきました。会員の意見・発言ページに載せています。

講座案内
 共働きの家庭の子どもたちは保育所で…そうでない家庭の子どもたちは幼稚園で…この制度を小泉構造改革は変えようとしています。
一昨年12月、政府の総合規制改革推進会議は保育所と幼稚園をいっしょにする「幼保一元化」を答申しました。厚生労働省も、文部科学省も抵抗するなか、突如、幼保総合施設構想が浮上し閣議決定されます。
なぜ、いまさら幼保一元化なのでしょうか。
 また、2004年度政府予算案で公立保育所運営費の国庫負担金が税源移譲による一般財源に変更されようとしています。
そこからどのような問題が生じていくのでしょうか?

 構造改革が保育所の分野でどうあらわれているのか− 保育所を運営する体験を通じてお話します。

    日 時:3月26日 午後6時15分より

   場 所:奈良県教育会館 2階第3会議室

   講 師:四方 豪 (社会福祉法人あけぼの会理事長)


  (参加費無料)  ご参加お待ちしています


  
トップページへ   サイト・マップへ    研究所の行事ページへ