第53回自治体学校に

       参加して(感想)

 

受付等の手伝いをしながらですが、初めて講義等を聞くことができました。1,000人ものたくさんの人が忙しいなか時間、お金を割いて参加し、熱心に聞き、議論している姿を見て、このような人たちが社会を進歩させているのだなと改めて思いました。

 

震災復興は資本の論理とのたたかい

1日目、石川康宏(神戸女学院大学教授)先生の記念講演「憲法どおりの日本(社会)をつくる 人間の復興か資本の論理か」は怒濤のような勢いであっという間の2時間でした。

震災、原発事故からの復興は、被災者に寄り添い、生活、仕事の復興、人間の復興が優先されるべきであり、今「人間らしい生活の再建」が課題になっているが、そこに関わる問題を資本主義社会の構造から見てみようと話を進められた。

まず、政府財界が原発の安全対策をとってこなかったのは、原発推進で生み出される巨大な利益に事実を見る目が曇ったと(=資本の論理)。

次に、震災後は、@原発推進政策の継続(儲かる仕事はやめられない)。震災前からの要求をこの際一挙に全面実施しようとA事故で停止している刈羽原発の再稼働。復興理念は資本の利益の追求でB道州制による国際競争力のある経済圏をつくる、C復興財源は国民負担の拡大で、D規制緩和で新たなもうけ口をつくる、E創造的復興で巨大開発をおこなう。

ここには被災者の苦しみに寄り添う姿勢はない。金儲けという資本の論理だけ。兵庫県では復興は闘いだ、その相手は資本の論理だと強い実感を持って語られていると。

次に、菅民主党政権は財界の政策丸飲みの新成長戦略、日本をゆがめた構造改革路線そのものを進めている。そのなかで、新しい日本をどうつくっていくかと話を進められた。

 

そこに生きて暮らす人たちの人間の尊厳の復興を

なによりも人間の尊厳の復興が大切。それには憲法13条幸福追求権が依りどころだ。復興のための財源をどうするか。国民負担増は復興支援の力を奪うので、大企業の内部留保の活用 復興国債の発行がベスト。そして将来発生する復興国債の償還には財政再建が必要だが、それには景気回復と経済成長による税収増が必要。そのためには内需をしっかり育てる。それも内需の最大勢力である個人消費の拡大には、正規雇用の拡大、賃上げの推進、社会保障の拡充等が必要だ。そういう経済づくりが、憲法どおりの社会づくりになると強調された。(憲法25条、26条、28条)

自分のための時間を確保して独習せよ

復興は資本の論理とのたたかいだ。そのたたかいに勝つには市民の力が必要で、それにはしっかり学ぶことが不可欠だ。それも流れてくる情報を追いかけるといった社会の表面をなぞるだけでなく、社会科学の基礎を学ぶことが大切。過去の遺産ではもうたたかえない、今学習することが大切。その学習の本道は独習で、3ヶ月で一つのテーマについて集中的に学ぶようにする、学びを生活の習慣にする、大切なのは自由時間のスケジューリングだと強調して記念講演を終えられた。

被災者に寄り添う 資本の論理とのたたかいということは、気づかなかった本質でした。「昔の名前で出ています」ではダメだ、常日頃勉強しなければと痛感させられました。

なお、先生の新本には「はげしく学び、はげしく遊べ」とサインしてもらいました。

 

これぞワンストップサービス 野洲市多重債務者包括的支援プロジェクト

2日目は第1分科会「ワンストップシンポ 住民の暮らしを支える自治体行政」に参加しました。数名の方の発言がありましたが、滋賀県野洲市の多重債務者に対する包括的支援ネットワークの取り組みが印象的でした。

生活上のいろんな問題が絡み合ってお手上げ状態になっている時、問題を解くカギは「解きやすいところから着手する」、つまり借金の整理から着手して順々に生活再建につなげるのが一番いい。借金は必ず解決できるもの。行政窓口には税金、家賃、水道料金等の徴収窓口があるが、その徴収窓口で生活困窮者のSOS信号をキャッチして、生活相談室と連携を取り合って包括的に支援をしていくというプロジェクト。滞納を個別に整理すればよいのではなく(それでは絶対整理できない)、どう生活再建できるか本人を含めてみんなで支援する、それで初めて滞納も整理できるという。22年度において、多重債務相談件数119件、過払い金回収額3800万円、税金等納付額340万円もの成果があったということです。

特に素晴らしいと思ったことは、この支援ネットワークを下から作り上げたこと、全職員を対象とした研修、対策連絡会を定期的に行っていることです。単なる組織づくりでない、顔の見えるつながりで継続的な支援態勢をとっていること、これこそ生きた行政と思いました。一度、野洲市のHPをごらんになって下さい。

3日目は「充実した地方自治の担い手を育てる」と題して中嶋信(徳島大学教授)先生の特別講演がありました。

この講演は一番集中して聴けたものの、よく理解できなかった。ただ、「教えるとは希望を語ること/学ぶとは誠実を胸にきざむこと」「むずかしいことをやさしく、やさしいことをふかく、ふかいことをおもしろく、おもしろいことをまじめに、まじめなことをゆかいに、ゆかいなことをいっそうゆかいに」という言葉が印象に残っています。

 

学校の資料集にはたくさんの分科会報告が載っています。なんといっても生きた教材ばかりです。学校が終わればポイではなく、何か課題が起こ
ばこの資料集を見ればとても参考になると思います。

来年は静岡県浜松市での開催です。時間、お金を割いてもそれ以上に得られるものがある学校だと思いました。                                                                 

J(事務局員)

 

トップページへ  サイトマップへ   研究所の行事ページへ