恵那山周遊の旅

恵那山をぐるっと一周した観光旅行をしました。どこも、今あるものをもっと美しく見てもらおうと、努力されていました。観光マップ(名所、イベント、飲食、土産店も記載)を用意し、トイレも整備されて回りやすかったです。

 

愛知県犬山市    

木曽川護岸に建つ国宝・犬山城は白帝城と呼ばれる美しい城です。この城から南に延びる「本町通り」を中心にして城下町の街並みが保存されています。以前、本町通りを拡幅する計画がありましたが、拡幅よりも今のままで城下町を保存し活用することを決め、まちづくりに官民協働で取り組んでいるとのことです。

木曽川越しに見る国宝・犬山城は一見の価値があります。

 

岐阜県中津川市馬籠

 籠宿は、中山道の宿場町、急な尾根の両側に旅籠、飯屋が軒を連ねています。宿場の一番高台からは、すそ野を大きく広げた恵那山が見事です。

 

長野県南木曽町妻籠

妻籠宿は、中山道の宿場町、重要伝統的建造物群保存地区に指定されています。

宿場町の美しさはご存知だと思いますが、それに加えて、各家の玄関に花一輪が飾ってあり、美しさに一層華を添えていました。また、ポスターの共同掲示板!?がありました。

 

長野県阿智村

阿智村は、「元気な集落 豊かな自然 はるかな歴史 一人ひとりが輝く村をめざして」自治と協働の地域づくりに苦闘されており、「小さくても輝く自治体フォーラム」の中心的役割を果たされている自治体です。地域に住む自信、誇りを持とうと地域資源の発掘、再発見を行い、古代東山道の歴史を紹介した「ははき木館」、また、子供の生き生きした素朴な写真を展示している「熊谷元一写真童画館」がありますが、新たに長岳寺の近くに「満蒙開拓平和記念館」が開館していました。

長岳寺は中国残留孤児の肉親捜しに奔走した山本慈昭が住職をしていたお寺です。この記念館は、国で最も多くの開拓団を送出した長野県南部に設置され、「満蒙開拓」の歴史・資料の記録・保存・展示・研究を行い、後世に正しく歴史を伝えるための拠点とし、戦争、そして多くの満蒙開拓移民を送り出した「負の歴史」から、アジア・世界に向けた「平和・共生・友好の未来」創造への発信拠点としています。ぜひ一度訪問してほしいところです。

 

岐阜県恵那市岩村

恵那山周遊の目的はこの岩村の訪問でした。岩村は、日本三大山城の一つ美濃岩村城(跡)の城下町であり、城に続く岩村本通りが重要伝統的建造物群保存地区に指定されています。美濃岩村城は、武田、織田の戦場となった歴史があり、壮大な石垣で有名です。天守は明治に取り壊されました。天守の無は観光にも大きな影響を及ぼしています。明治の取り壊し、戦争による焼失は大損失でした。

岩村本通りには商家の町並みが保存され、多くの商家内を見学することができます。また、各家の玄関には、幕末の儒学者・佐藤一斎の書の一片が掲げられています。「怠惰の冬日はなんぞその長きや 勉強の夏日はなんぞその短きや 長短は我に在りて日に在らず」というのもありました。名酒「女城主」、松浦軒本店のカステーラが美味です。

城下町の北の富田地区には「農村景観日本一」といわれる美しい田園風景が広がっていました。 

 

岐阜県恵那市明智

 旧明智町が大正時代の町並みを残そうと町全体を「日本大正村」として町おこしをしています。元役場の洋館や大正時代の路地、レトロモダンな風景が広がっていました。

日本大正村の村長は、高峰三枝子、司葉子、竹下景子と引き継がれているようです。

 

 以上、観光客としての視点ですが、地域の維持、町おこしに頑張っておられる姿をかいま見ました。

(事務局員 城)

トップページへ     サイト・マップへ        今月のエッセイ