道 路 雑 感

   無駄な捨て金470億円

 平城遷都1300年祭に合わせて、国道369号(大宮通り)と国道308号と県が管理する国道の2車線を4車線化、そして4車線を8車線化するという大工事が一部を除いてほぼ5月に入って併用開始された。

 道路工事は3区間にわたり行われたが、その概要はおおむね県のホームページで見ると次の通りとなる。

事業名

場所

工事延長

事業費

費用便益比 B/C

一般国道308

大宮道路

宝来町〜

三条大宮5丁目

L=1.9q

302億円

(前 回 1.5

見直し1.2

 〃   〃

三条道路

三条大路5丁目〜

  〃 2丁目

L=1.0q

84億円

(前 回  2.7

見直し1.5

都市計画 大森高畑線外1線

三条大路〜

三条大宮町

L=1.0q

84億円

(前 回  − )

見直し 1.4

JR関西線・桜井線 立体交差

法蓮町〜

大安寺・西木辻町

L=3.5q

447億円

(前 回 1.5

 見直し ー

<費用便益比= B(便益費)÷ C(コスト=事業費)

  

県の交通量は20年後に約20%も減少

車線拡大は無駄だった?

 国土交通省は、過大な「将来交通量推計」を行っていたが、道路建設に反対する住民団体の声に押されH20年11月に再計算した。結果、20年後のH42年の「推計」は13%減少と下方修正した。これを受けて、奈良県も再計算をした結果をH21年8月に「20年後のH42年には約2割も県の平均交通量が減少する」と発表した。また、交通量推計による2割の減少によって、費用便益費も大宮道路で1.51.2に、三条道路では2.71.5に、大森高畑線は1.4とほとんど1.0に近い数字になった。

 費用便益費1.0は道路をつくる費用と、道路工事をした結果、新たに生み出される費用(便益)が同じ額ということで、1.0以上であれば道路建設にゴーサインを出す基準としているものである。

 しかし1.01.5くらいは、常識として日本の費用便益計算が諸外国に比べ、便益の数字が多く現れるようにごまかしていると専門家の指摘もあり、この数字で工事に着工することは控えることが必要とも言われているものである。

まさに大宮・三条など3線の修正値は1.21.5しかない。当初からこの数字であれば、大いに工事をするか否かの議論のあったことと思われる。

 まして、20年後がこの数字であるから、3040年後にはもっと少子高齢化で交通量が減少することは目に見えている。確実にB/Cは1.0をきることは明らかである。

つまり、2車線を倍にした4車線化は将来不必要であることを、この費用便益計算から明らかにしたと言わねばならない。計470億円の投資は今便益が多いように見えても将来はコストを上回る便益を生まないのものであることを明記すべきである。

 

「宝来」の渋滞ボトルネックを木津・横田線まで東進

これでは大気汚染で文化財を壊すようなもの

 

 大宮道路の8車線化は、第二阪奈道路の完成以来、春秋の観光シーズンの土・日曜日は交通を阻害  するボトルネックとして宝来の合流点がクローズアップされ、その解決策として車線の拡大を計画されたものと思われる。

 しかし、この渋滞の現象は、まず第1に、週7日間のうち、土・日の2日間だけの現象であり、あと5日間はたいした問題ではないものであった。週2日間、しかも1年中ではなく、年間5ヶ月ほどの観光期間である。日数にすれば年365日の間、大渋滞はわずか40日間である。

年間40日間の渋滞を解消する(但し、宝来からJR線まで)ために4車線を8車線化とするのに約470億円もの巨額の投資をしたことになる。費用便益計算をごまかしていたことが明らかであろう。これが問題の第1である。

 第2に、この工事で宝来のボトルネックを木津・横田線まで東進したことにより、車の排気ガスによる大気汚染源を、文化財が集中する東部に引き入れ、現在の道路でも文化財の大気汚染による被害がひどくなっているのに工事の完成で、県庁東側、JR駅前、完成時の大森町交差点がボトルネックとなって文化財の被害が増進することになる。

 第3は文化財が集中している東部の市街地に駐車場が少ないことが明白なのに、車線の拡大を計画し、実行していることである。駐車場の無い東部に大量の車を引き入れるための車線拡幅計画はどう見ても理解できない。道路がよくなったからと車で来る観光客に駐車場が無いことをどう説明するのか。

 第4の問題は、車線拡幅前の時点でも、土・日の観光シーズンでは朝の10時前には既設(市内東部の)の駐車場が満員になり、子供やお年寄りを乗せた車は待ちきれず、そのまま帰ってしまうことがほとんどであった。それも12時間も駐車場探しに疲れての結果である。「もう2度と奈良には来ない」「便所は無い」「食物も無い」「お金を使う所も無い」「せめて駐車場ぐらい作れや」などなど の無念の声が出ている。―― これでは、奈良大好きのリピーターは生まれない。

 

トップページへ     サイト・マップへ        今月のエッセイ