第2回奈良自治大学開催

第1課程(11月11日開催)

報告

simojop.jpg

「第2回自治大学」の第1課程は、長野県下條村の伊藤喜平村長を講師に迎え、11月11日(土)に橿原市で開かれました。県内各地より約50名の参加がありました。
下條村は、長野県の南部に位置し、人口4200人、林野率70%の村です。昭和の大合併の時も合併せず、明治22年以来117年単独村として存続してきています。「合併しなくてよかった」が伊藤村長の実感だそうです。
平成の大合併では、1郡1市の構想で下伊那郡の17町村で10ヶ月間かけて研究したが、「合併は駄目だ」という結論でそれぞれ頑張ろうということになったそうです。
自治体の規模に関して「1万人以下は"悪"という決めつけは、ローカルを知らない、現場を知らない机上の議論だ」と述べられ、村長の見解として、山間部などでは、トップと住民の体温が分かる5000人以下の規模であることが適切と語られた。
自立(律)が可能な村づくりをしてきた取り組みの内容としては、ひとつは職員の意識改革でした。民間企業への研修なども経験し、決められた範囲のことを無難にこなすのでなく、結果を出すため緊張感を持って働くように変わってきたようです。それによって職員数を最大時の59人から35人に減員することが出来たが、職員は元気に働き、村民の信頼も得ているそうです。
二つ目は住民自身に地域の生活環境整備の役割を果たしてもらう「資材支給事業」の取り組みです。道路や水路の整備工事を住民にやってもらい、村が必要な資材を支給する事業です。最初は、村民の抵抗が強かったが、何年も要求して出来なかったことが、自前の機器と労力を提供すればすぐにも実現するので、いまでは毎週土曜日はどこかで工事をやっている状況のようです。村財政から見れば、通常の1/5の経費で工事が出来るという利点があります。また、「みんなが力をあわせて汗をかけば次の日からよくなる。」ということで、村民の意識改革にもなりました。
三つ目は下水道事業を平成2年からの15年間でほぼ完成させてきたが、国や県の推進している公共下水や農集排方式でなく合併処理浄化槽方式で行ってきたことです。下條村の実情にあった方式を選び、そして財政的には毎年約5億円の節減になるそうです。
そのほかにも村を活性化させる企業の誘致や、若者定住村営住宅の建設などにも取り組み、その結果、毎年人口は増加し、生涯出生率1.97人で県下1位、しかも、健全財政を誇っています。
最後に村長は、自立(律)の「村づくり」の推進について「絶えず数字に基づき、行政をチェックしながら」「目的意識を持って、歯を食いしばって頑張る」と力強く述べられました。
その後熱心な質疑が1時間近く続きました。奈良でいち早く自立(律)の選択をした山添村の村長も参加しておられ、下條村はすばらしい取り組みをしておられる、山添でも負けずに頑張りたいとの趣旨の発言をされていました。

第2課程(11月25日開催)

報告
kamo2.jpg


11月25日に奈良市内で「第2回奈良自治大学」の第2課程を、自治体問題研究所前理事長の加茂利男氏を講師に迎え、開催しました。
講師は、平成の大合併を「住民の中に地方自治の志を強める働き」をしたが「自治体の4割減」も大きいと総括し、本論に入りました。
まず、地方分権と市町村合併が平行して進められた背景と経過について述べ、また、現在、経済のグローバル化や情報通信の発達が生活圏、経済圏、行政圏をあいまいにし、世界的にも地方自治制度の転換期になっていることも述べました。
日本や英国、韓国などは大きな行政圏を追及し、フランス、スイス、イタリアなどは地方自治の基本を住民との距離の近さに求めています。
今、日本の政府の目指しているのは「道州制」と「人口1万人以上の基礎自治体」です。平均人口1200万人という馬鹿でかい「道州制」では、これまで府県が細かくカバーしてきた行政サービスはとうてい行えないし、そもそも単一国家制の日本の統治機構と矛盾します。
「1万人以上の基礎自治体」は、国土の3/4以上が山間地である日本の山村地域では広すぎて効率化にもならないし、小さな山村の自治体をつぶしていけば、自然環境が破壊されるだけでなく、それぞれの地域文化が集まって形成されている日本文化も廃れます。
もうひとつの地方制度改革論としての「市町村連合」などの自立・連合型自治についても説明がありました。
質疑では、小さな自治体の存続のための苦労がにじみ出た内容の質問が相次ぎ、講師からは具体例もまじえて詳しく説明がありました。
そして、経済や人口が下り坂になるこれからの社会では、住民が自分の「まち」を守るには、自ら汗をかき、コストを負担する覚悟が必要なことを指摘し、また、最近の全国町村会の頑張りを引き合いに出しながら、「自治を守る意志」を結集して力とし、望ましい制度の構築のため、頑張ることの大切さも述べられた。

トップページ   サイト・マップへ    行事トップ