ついに完成

奈良県の防災対策の現状と備えを考える  冊子(A4サイズ 95P)
 
30年以内に起こる確率が高いとされる南海トラフ巨大地震で、奈良県南部で震度6強の地震が予測されている。
これに誘発された内陸型地震が起これば、奈良県北部できわめて深刻な事態が起こる。
このとき必要な対策は何か

 
当研究所の災害問題研究会の研究成果や資料等および2013年6月15日に開催した防災シンポジウムでの講師の発言内容等を集めた冊子が完成しました。
 1冊500円
(会員は2割引。送料を当研究所が負担します。)
内容は以下のとおりです。

              目   次

はじめに……………………………………………………………………………  1

1章 奈良県における地震被害と防災対策

    奈良県で心配な被害地震とその対策の現状…………………………  2

       河田 恵昭(関西大学教授・日本災害情報学会会長)

    奈良県の防災対策について…………………………………………… 17

       中澤 修(奈良県防災統括室長)

    迫りくる大災害!備えは万全か?…………………………………… 25

       小林 秀穂(奈良自治体問題研究所災害問題研究会代表)

2章 震災対策の現状と課題に関する調査………………………………… 41

     奈良県内全39市町村防災アンケート調査の回答とコメント

資料編

    液状化危険度分布図‥………………………………………………… 78

    奈良県地域防災計画の見直し………………………………………… 79

    奈良県地震防災対策アクションプログラムの概要………………… 80

    緊急輸送ルート計画と応援部隊の派遣……………………………… 81

    20世紀以降の主な被害地震(日本)…………………………………  82

    20世紀以降の主な被害地震・災害(世界)………………‥………  85

    南海トラフ巨大地震に関する新聞報道……………………………… 87

編集後記…………………………………………………………………………… 95

トップページへ   サイト・マップへ     研究の成果トップへ