報告

自立(自律)のむらづくりを考える   長野県阿智村 訪問

 

11月18日〜19日、9名で阿智村を訪問し、交流、見学をしてきました。岡庭阿智村長には昨年奈良自治大学で「自治と協働の地域づくりー小さい村の実践報告」を聞かせて頂きましたが、一度現地を見たい、昼神温泉に入りたいとのことで今回の見学会となりました。

18日朝8時、小井理事長以下総勢9名が車2台に分乗して奈良を出発し、阿智村に向かいました。中央道園原icで下り、昼神温泉を通り過ぎて13時少し前に阿智村役場に到着。役場には「元気な集落 豊かな自然 遙かな歴史 一人ひとりが輝く村をめざして・・・」の横断幕が掲げてありました。役場に入ると職員がみなあいさつしてくれます。気持ちがいいです。

早速、岡庭村長、林協働活動推進課長にお話を聞くことにしました。

住民一人ひとりの人生の質を高められる、持続可能な村づくりをめざして

林課長は、阿智村は人口7,000人弱の村で、この5年間で500人もの人口が減った。中山間地域に共通する人口の減少、生産力の減少(工場の転出、農業生産力の衰退)、集落の限界化、こんなところはしょうがないという意識の蔓延からいかに地域を持続可能な社会にするか、危機感を常に持って、地域に根ざした産業おこしと住民の力を生かす取り組みをしていると以下を紹介。

人口の維持のため、IUターン促進のための定住支援センター設置、若者支援の婚活事業

生産力の向上のため、有機農業を進め、販売戦略を練る いかに売るか

集落の維持のため、空家の貸家への登録、定住希望者へのつなぎ

「ここに住んで良い、住むに価値のある地域」へ自信をもった地域にするため、地域資源の再発見と全村博物館構想

政策に参加できる仕組み 自治組織の育成 地区計画の策定

地域のことは住民が自ら考えれば、責任もった考えを出してくれる。

地域の要望は自治会がまとめる。(議員は個別に口利きしない。)

村は9月上旬から次年度の予算要望について自治会内のとりまとめを依頼し、村と自治会とで2月までやり取りが続く。予算が決定すれば、なんと142pにも及ぶ「村の予算概要(事業等計画書)」が全戸配布され、議会が各自治会に予算説明会を開催する。

村つくり委員会 

5人以上集まれば政策研究、学習会費を出す制度で、過去にいくつもの事業が立ち上がった。知的障害者授産施設建設運動、図書館建設運動、農村レストラン建設運動等のグループが作られて、研究論議を重ね、施設が建設された。そして自ら運営に関わっている。これが住民主体の目玉で、確実に地域社会を変えていく力になっている。

住民自治、補完性の原理 〜村長の思い

地方自治については憲法制定60年を経ても意見が分かれている。国と地方が協働して憲法をどう実現するかが大切だ。民主党の言う新しい公共とは、公共を民間、NPOに渡すもので公共を減少させている。阿智村のめざす地方自治は、住民を主体とした村づくり、住民が主体的に村を担っていくことで国の主権者となっていく方向だ。いかに政治の主体、主権者として成長するのか、そこに重点を置きたい。住民の自主的な活動が公共の足りなかったものをふくらませ、公共の領域を拡げていく。住民が必要と要求する、その時不要だと反対する住民と議論を重ね、住民の総意として必要と決まったものを村は提案する。そうすれば、住民は議論だけでなく、運営にも関わってくる。

問題点としては、要求をあげる人、自主組織を作れる人には満足度が高いが、声をあげられない人にはメリットが少ない。そこをどう地域で声を上げられるかが課題となっている。

議会は地域の代表ではない。村全体を見て政策提案できるよう頼んでいる。地域の問題は自治会で協議するよう依頼している。

職員には新聞、本をよく読んで勉強するよう、意識改革を図っている。

地域資源をどう活かせるか。工業、観光は難しい。農林業を基盤産業として頑張るしかない。遊休農地を利用して菊芋、ニンニク等を作っている。・・・・

 

2時間にわたるお二人の話を聞いて、労働運動、公民館活動(社会教育)、自治研活動、いろいろな活動を経ての今の到達点だと感じるとともに、持続可能な地域づくりのため必死で苦闘する姿を見ました。

なお、会議室には名誉村民として山本慈紹さんの額が掛けてあります。この方は中国残留日本人孤児の帰国に生涯を捧げた方です。阿智村はいろんな方を輩出しているのだなと思いました。

阿智村巡り 見どころがいっぱい

林課長の先導で全村博物館構想の先駆けとして2008年につくられた阿智村東山道・園原ビジターセンター「ははき木館」を訪問しました。コーヒーを飲みながら展望の楽しめる場所にあります。神坂峠は東国への入口で東山道の最大の難所です。古来より多くの人々が往来し、やっとたどり着いた里が園原でした。そのため、園原は源氏物語等多くの文献に地名が取り上げられてきました。地域のお宝である遙かな歴史を発掘して、センターには多くの文献、発掘された陶磁器等が展示されていました。

ロープウェイに乗って「ヘブンスそのはら」へも行きました。夕暮れで寒かったですが、目を閉じればカラマツの黄葉と南アルプスの稜線が目に浮かぶようで、天気のよい時にゆっくりとハイキングに来たいところです。

宿泊は阿智村保養センター「鶴巻荘」、お座敷風呂?なんと畳敷きの温泉です。湯を流していいのやらと一瞬戸惑います。夕食には林課長に来て頂いて賑やかに交流会をしました。

翌19日は朝から本降りの雨です。名物の朝市もリンゴ狩りにも行けず、熊谷元一写真童画館を見学しました。戦前戦後、熊谷元一が会地村小学校の教員をしていた時、子供の姿を写真、童画で描いたものです。農村の実に生き生きした子供の姿が描かれています。みんなで遊び、家の手伝いもする。今の日本社会から失われた姿です。それにしても子供が多かった。

再び阿智村東山道・園原ビジターセンター「ははき木館」を訪問してじっくり見学し、近くにある数年前建立されたばかりの信濃比叡廣拯院でお札を頂いて阿智村を後にし、豪雨の中を奈良に走りました。                            

()  

住民が主体の村政

                                    前 圭一

 地方自治の本質とは何か。阿智村役場を訪問し、『村の予算概要(事業等計画書)』を見せられた時、これだと思った。各事業毎に、目的・期待される効果・課題・改善点の蘭があり、その下に計画事業の内容・計画事業費の内訳・財源内容の表がある。

村長の説明では、この計画書を作る過程で、住民に主体的に考えてもらう、住民に絵を描いてもらい、それを議会にかけ予算化をはかる、自治組織は村と対等平等という位置づけで、各自治会に村会議員が説明にいくという。広報も年4回発行されるが、職員が自治会に赴いて説明会を行う。村の事は村民自身が決めていく、住民自治の教科書のような村政が行われている。このような村政は、自治体の規模が小さいから出来るというものではないだろう。村政が住民主体で行われるべきだという理念がはっきりしていて初めて実現するのだと思う。

人口減少をはじめ職員の意識改革が必ずしも進まないなど、困難な課題はいろいろあり、けっしてばら色の「輝く自治体」が実現しているわけではないようだが、住民こそ主人公の理念から外れないかぎり、村発展の希望の道が閉ざされることはないと思った。神坂峠の見学を含めていろんな事が学べ充実した見学会だった。

晩秋の阿智村を訪ねて

                奥谷和夫

 阿智村は、私にとって何か深い縁がある自治体のように思う。村を訪ねるのは4度目。逆に、阿智村役場の職員や自治会の人たちが山添村を訪問された際に2度案内をする機会があった。しかし、それがこの村を理解することとあまり結びついていなかったことを実感する訪問であった。

議会が行なわれている日にもかかわらず、岡庭一雄村長と林茂伸協働推進課長みずから、長時間にわたって私たちに村の施策を説明していただくとともに、次々と出る質問に率直に答えていただいた。

自治体を「民主主義の学校」ととらえ、村長や課長がその学校の教師となり、決して自らの考えを押し付けるのでなく、住民に考えさせ、行動させ、そのことを通じて成長させる。そして「住民が主人公」となる手助けをするという、その粘り強いとりくみである。憲法の教育の理念、地方自治の理念を地方自治体の運営という形で体現している。

予算の概要書は、いくつかの自治体の予算書のように、とりあえず作りましたというようなものでなく、「住民が主人公」として、村政に参加できる保障となるよう詳細に、しかも解りやすく作られている。作るまで何回も会合を重ね、決まってから住民に徹底するために村会議員をかりだし、その成長も促す。決算時に再度住民に説明をする。そういう理想だが時間もかかり、困難なプロセスを、村長や役場自らが率先してとりくんでいる。その姿に敬服した。

長いロープウェイを上りながら見渡した雑木やカラマツ林の紅葉、遠くに見える南アルプスの山々の景色、熊谷元一写真童画館の写真や絵画、園原ビジターズセンターの展示物や周辺の景色。それとあわせて村の職員、信濃比叡の若い僧侶の丁寧な応対なども、阿智村の訪問をより印象付けるものとなった。

林課長との夕食懇親会は、視察のお客を接待するという義務的なものでなく、自治体に関係する仲間として、同志としての心のこもったもてなしであった。

独裁の大阪都?と住民主体の阿智村

小井 修一

大阪府知事選挙と大阪市長選挙のダブル選挙は「大阪維新の会」の圧勝に終った。「背景には国政への無力感と、規制政策への崩壊がある。地方自治体の首長は権限が強く、パフォーマンスを見て『何かしてくれる』と期待したのだろう・・・」とある。(ある新聞報道) 

要するに独裁政治を主張する橋下氏に大阪都構想の実施・運営を全て(橋下氏曰ク)まかせたのである。

さて一方、訪問した長野県阿智村の岡庭村長は、具体的な要求・要望が村民から出たとき、たとえば障害者用施設を村に作って欲しいと要求が出たとき、まず @ 要求・要望を持っている関係者を中心に、学習会や他の施設の見学会など、勉強してもらう、A そして、施設そのものについての建設計画、費用、運営なども研究・学習する、B これらの費用は全て村が支出する。C こうして、実施計画、運営計画も作ってもらう。これを村がOKして、議会にかける。以上のやり方、手法がとられている。

結果は、運営にも要求の関係者が積極的に参加しているという。

人口7千人の小さい村だから出来ることで、人口260万強の大阪市で出来ることではない、という議論ではなく、「上からの押し付けか、住民本位のやり方か」の選択の視点である。

更に、予算書(村の予算概要)は全戸配布、そして、地区での説明会には議員が説明に出掛けるというシステムにしている。議員の派遣先は自分の縄張り以外の地区にも行くのが当然という。

これも、人口7千人対260万人強ではなく、予算書の作成単価人口の大小に関係が無く1世帯あたり1冊の単価は同一であり、お金や手間暇の問題よりも、考え方、やり方の問題である。

この訪問で地方自治のあり方・やり方の真髄を見た気がする。

トップページ   サイト・マップへ    行事トップ