「小さな村の挑戦」−村びとがつながる地域創生

                森本 吉秀(奈良県農民連会長、明日香村村議)

12月13日の日曜日早朝に私の携帯が鳴った。「牛みたいな、どえらいイノシシが罠に掛かってるので、近づかない様にみんなに伝えて下さい。」電話の主は、約10年前に新規就農者として奥明日香に移住してきた江良崇君(40歳)であった。彼は農業を営む傍ら農家民宿なども営み、しかも今は月の内半分ぐらいを猟友会の中心メンバーとして活動してくれている。私が運営している農業法人のブルーベリー園がイノシシ被害で連日イノシシに荒らされ、罠をかけてくれと頼んでおいたところに巨大なイノシシがかかった。猟友会総出で現場に駆け付け、江良君が慎重に銃を向け一発で仕留めた。山から10メートルほど転がったイノシシを50メートル先の道路まで引きずりだすのに1時間近くかかった。「こんなイノシシは滅多にとれへん」と、皆が口にするほど巨大な約120キロのイノシシで、見れば、右前脚の骨まで罠がくい込み、もう少しで罠を切って三本足になって逃げる寸前であった。

やれやれと思ったら、昼はある集落の長老から「墓がイノシシに荒らされて難儀している。何とかしてほしい。」と、相談を受ける。今や明日香村の各集落は鳥獣被害で、農産物だけでなく、墓や人まで被害に会う深刻な状態が広がっている。

明日香村だけでなく、農山村の多くの集落がこうした鳥獣被害が深刻になり、小手先の対策では効果が出ない深刻な様相となっている。こうした状況を作り出したのも人間の営みの結果であるが、当面猪や鹿などの個体を減らすことに集中的に取り組むとともに、彼らの陣地となっている荒廃農地を再生する取りみを長期的にしなければならない。農業が盛んだった明日香村も農業の担い手は高齢化し、親の農業を継いだ若い専業農家はこの30年間でわずか3人だけ。一方で、村外から村に移り住んで農業を始めたい若い新規就農者が増え、村に大きな活力を与えてくれている。私は、村の農業委員会長を務めていた10年前から新規就農者支援に力を入れ、農民連新規就農支援室も作って、若い新規就農者を支援してきた。今、各市町村では、地方創生の名のもとに総合戦略などの計画づくりが進められている。人口減少対策や六次産業化などの言葉が躍るが、本当に地に足をついた新規就農者への支援や子育て支援策などが行われなければ絵に描いた餅である。

明日香村でも、数年前まで毎年100人前後の人口減少だったのが、今年は半年で13人減となり、もう少しがんばれば人口増に転換できる。旧小学校跡地に子育て世代を対象にした定期借地権付き住宅開発が動き出し、空き家改修に100万円(飲食などの営業用は最高200万円まで)の補助制度を作るなど様々な移住・定住対策を進めている。この12月議会でも私が提案した子育て支援を充実させる決議が村議会で可決され、学校給食費の補助などの施策を議会の総意として行政に求めた。来年3月の新年度予算案にどういう内容が盛り込まれるかはまだ決定していないが、学校給食の補助などは確実な情勢である。

今、農山村ではどこでも人口減少や高齢化が深刻であるが、都会にはない農山村の資源・美しい自然・安全な食文化などを含む農村社会の豊かさ・住みよさを多くの人が感じ始めている。食や住・エネルギ−の自給をめざすライフスタイルの新規就農者も増えている。

都会ではなかなか作ることが難しくなった人と人の繋がりや絆を基礎にしたみんなで生きていく持続可能な農村が次の世代を担う人たちにとって魅力ある地域としての自覚が広がっている。

先日も、奈良県で初めて認証をうけた「森のようちえん」の人たちが明日香村で「森のようちえん」を作りたいと農民連の事務所にやってきた。価値観や子育ての多様さがこの村にも着実に拡がり始めている。若い農家で運営する明日香ビオマルシェの取り組みや子育て世代がつながる「森のようちえん」などの動きは大きな刺激を与えている。

「村びとみんながつながり、みんなで生きる」そんな村づくりが確かな歩みを続けている。

今年ももう少し、最後まで楽しく元気に!1230日朝からみんなで餅つこう!みんな来たれ!新しい年も「小さな村の挑戦」に期待したい。

 

トップページへ     サイト・マップへ        今月のエッセイ